【種別】
人名

【初出】
「常盤台のレベル5」としては一巻で言及あり。
名字だけが超電磁砲第四十話、名前と正式登場は同第四十一話。
新約シリーズで度々名前が出ていたが、本人初登場は新約六巻。

【CV】
浅倉 杏美


【解説】

常盤台中学における最大派閥を率いる少女。中学2年生。
学園都市第5位の超能力者(レベル5)であり、精神系最強の能力『心理掌握(メンタルアウト)』を持つ。

【人物】

星の入った瞳、背に伸びるほどの長い金髪、長身痩躯、そのうえ巨乳と中学生離れした美貌の持ち主。
蜘蛛の巣を連想させる模様のレース入りのハイソックスと手袋を着用。
常に星のマークが入ったバッグを下げており、中には能力使用時に手にするリモコンが複数入っている。

彼女を知る者が想い抱くイメージは正に「女王サマ」であり、派閥の一員からは実際に「女王」と呼ばれている。
SNSのアカウント名も「蜂の女王」。
立ち振る舞いも含め、美琴に「アンタ本当に中学生?」と質問させるほど大人びたものを感じさせる。

そんな彼女だが、中学1年の頃は年齢相応の、というかそれ以下の低身で貧乳な体つきだった。
イラストレーターのはいむら氏の設定ラフによると、中学1年の時の身長はインデックスと同じ148㎝、
現在は上条と同じ身長の168cmとの事。
つまり約1年で驚異的な成長を遂げたのである。

【性格】

可憐な容姿とは裏腹に、性格は陰湿、且つ倫理観や常識に欠けている部分が多々ある。
自称「『心理掌握』は人格高潔な私だからこそ制御できる力」とのことだが、
自分の能力で人の心を操る事に対して強い忌避感情は持たない。
例えば、御坂美琴が転校生の婚后光子らと友人になった際は、
派閥に発展する可能性を見据えた牽制として周囲にいた無関係な常盤台生達を無差別に洗脳。
この時はすぐさま解除したが、直前に起きた御坂とのいざこざの記憶を消去した。
また外装代脳の一件では、計画を遂行するための手駒として無関係な一般人を洗脳して利用し、
更には白井黒子初春飾利佐天涙子から一時的に美琴に関する思い出を消去した。

美琴が上条の記憶喪失を知った際にも
彼女の能力が「記憶を戻せる可能性」の一つとして候補に挙げられたにも関わらず、
「治療と称して精神に細工されるかも」と危惧し候補から外された。
(この時点での美琴は知り得ないことだが、実のところ食蜂は上条を慕っており危害を加える事はありえない。
また、上条の記憶喪失は心理掌握をもってしても治療は不可能である)

幼少時には外装代脳(エクステリア)計画に関与しており、
メンタルガードで真意を隠しつつ自身を利用しようとする研究者たちと触れ合って育ってきた。
そういった経験からか他人との協力や信頼といったものに非常に懐疑的であり、
その思惑や行動規範を自身の能力で覗き、場合によっては操作できない限り他人と手を組む気はないと発言している。

とはいえ、新約11巻では上条当麻との思い出のため、いがみ合う雲川芹亜に協力を仰いだり、
蜜蟻を『救う』ために毅然と挑んだり、ドリーの妹と再会して想いを伝えた時には涙を浮かべていたりと、
根は普通の少女となんら変わりはなく、ヒーローの性質も暗示されている。
また、操った人間は最後まで面倒を見るという事を自身に規定している。

中学1年生頃、ドリーや『外装代脳』の件などに一区切り付いた頃には、
「自分の能力で自分の記憶消去を行う」という一種の自殺行為を考えた事もあった。
上条当麻と出会ったのもその頃である。

また、上条との思い出は彼女の中でも1,2を争う程大切なもので、
記憶と現場の景色に齟齬を感じて何者かが自身に記憶の細工を施したと知った時には今までにない程に激昂し、怒りを感じていた。

美琴が気に入らない理由に関しても、上条との双方の関係性が似通っている点が原因ではないかと自己分析していた。
(年上の男子と常盤台のお嬢様・自慢の能力が全く通用しない等)
だが食蜂が美琴を気に入らない一番の理由は「自分が一番大切にしていたのに失ったものを、美琴が手にしている」ことへの嫉妬であると思われる。

ちなみにいがみ合う彼女達だが、実際は傍目から見たらトムとジェリーのような「実は仲が良いんじゃないの?」と思わせる関係性(本人達は死んでも否定するだろうが)。
もっとも美琴は何度か歩み寄ろうとしているため、最大の原因は食蜂が上記の理由でチャンスを潰してしまっていることにあるだろう。
なお、互いの能力を組み合わせて使用した場合の相性はすこぶるよく、特に証拠隠滅(電子機器のハッキングと人的な目撃証言の改変)にかけては最高の結果を発揮する。

美琴への態度とは対照的に、彼女の妹分である白井黒子には好意的なようで、新約18巻では「稀少力のカタマリ」「御坂さんに預けておくには惜しい人材」と高く評している。
大覇星祭編では、上記の通り美琴の思い出を消されつつも事件の深部に迫った黒子と遭遇し、情報を提供し協力している(事件後に黒子は記憶を消去されており覚えていないが)。

本人が信頼を重視しないのと対照的に、派閥メンバーからの信頼はかなり厚い。
新約11巻で食蜂が「100%完全な私欲の為だけにメンバーらを操る」と宣言した際も、誰ひとりとして嫌悪感一つ見せなかった。
派閥メンバーそれぞれは食蜂のように特出した力を持つ生徒というわけではないが、
そもそも『常盤台中学のお嬢様』という時点で強大な能力者である事を忘れてはいけない。
ましてそれが食蜂への信頼と心理掌握のバックアップからなる完全な連携を発揮すれば、
下手な暗部組織では相手にもならない一大戦力となる。

【能力・スキル】

強力無比な能力「心理掌握」が目立ちがちだが、
最大派閥を率いていることからも分かる通り、能力抜きでも高い人身掌握術を持つ。
人の心の動きを熟知しており、さらに能力によって精神耐性も完備。
心の分野で彼女を出し抜ける人物はほぼ存在しない。

なお、純粋な身体能力は極めて低く、加えてかなりの運動音痴。
具体的にはちょっとしたダッシュで息切れし、水深1m未満のプールで溺れかけてしまうほど。

【作中での行動】

9月19日には大覇星祭の選手宣誓を行う。
運営委員会からの依頼に当初は乗り気ではなかったが、後述する妹達関連の調査協力者との兼ね合いで依頼を受諾。
曰く、「貴女が表で注目された方が私も動きやすい」。
当日は共に宣誓を行った削板軍覇が破天荒な演出を見せたため、
「喰われた…」と落ち込んでいた。
競技では、他選手や審判の精神を操作して楽に勝利する予定だったが、
「無関係の物を競技場に持ち込めない」という理由で、リモコンの入ったカバンを運営委員の吹寄に没収され、手詰まりに陥った。

大覇星祭の裏では、妹達の行方を追う謎の組織と敵対し暗躍。
絶対能力進化計画の頓挫後、妹達はその情報が裏社会に拡散しただけでなく、行方や処遇が不明となっていた。
そこで食蜂は実験に参加していた知的傭兵を協力者に雇い妹達を捜索していたが、
その過程で木原幻生の意で動く他の組織も妹達の身柄を探っていると判明、敵対関係となっていた。
その狙いはミサカネットワークにウィルスを感染させ干渉することだと判断した食蜂は、
馬場芳郎がナノマシンで無力化していたミサカ10032号を保護し『心理掌握』で多重プロテクトを掛けた。
しかし幻生は『外装代脳』を乗っ取り『心理掌握』を使うことでプロテクトを解除、
さらには御坂美琴を利用した「もう一つの絶対能力進化計画」を開始してしまう。

その後、幻生と『外装代脳』のリミッター解除コードを巡って交戦。
施設内の食蜂専用の迎撃装置などで応戦するが、多才能力を操る幻生には歯が立たず、解除コードを奪われてしまう。
しかし、実は食蜂は自分自身に能力を使っており、リミッター解除コードと『外装代脳』の自壊コードの認識を入れ替えていた。
結果、幻生はリミッター解除コードのつもりで自壊コードを入力させられることとなり敗北。『外装代脳』も破壊された。
事態収束後、白井黒子に撃破された警策看取に接触。
かつて死亡してしまったドリーの記憶を引き継いだ妹の存在を告げ、
警策と共に研究所へ赴き、感動の再会を果たした。

一端覧祭では何故かとある高校の正門前にいて、体験入学にこっそり来た御坂美琴と遭遇し、近くにいた人達を操って美琴をからかっていた。
その後、友達に勝手に推されて仕方なくミスコン大会に出場したらしく、雲川とともに壇上に立っていたが、
元々面識があったのかお互いに少々毒づき合っていた。
新約11巻から推察するに少なくとも1年以上前から顔見知りらしく、雲川の事は当時から「あの年増」などと呼んでいた。

新約7巻では黒髪のおかっぱの少女を洗脳越しに、学舎の園で明王の壇を探しながら、美琴や女学生から逃げていた上条に接触して彼に協力した。
なぜ協力してくれるのか疑問に思った上条だが、以前から上条の事を知っていたような台詞を言っており、
前にどこかで会ったかという質問に対して、「大覇星祭での余興力を言っているのなら、とんだ勘違い」と返答した。

新約11巻にて何度も示唆されてきた上条との一年前の出会いが描かれる。
かつて食蜂を守るためにデッドロックと戦った上条は重傷を負い、その際に行った食蜂の能力による応急処置で脳の構造が変化し、「食蜂操祈」という人物を正確に認識できなくなってしまっていた。
食蜂はそれを知りながらも、上条が自分を思い出してくれる奇跡の日を静かに待ち続けている。
他の多くの女性キャラ同様、上条をヒーロー視し、恋心も向けるが、自分の方から上条にキスするような積極的な描写は食蜂がシリーズ初である。

アニメ超電磁砲2期では、1話目からまさかの出演を果たした。
アニメ超電磁砲では第1期での婚后光子関係のエピソードが原作と大幅に異なるためか、初登場場面での台詞が違うものに差し替えられている。
また時期自体も妹達編より以前となっている。
登場シーンはごく僅かではあるが、改革未明事件で布束らの処置が寛大なものであったのには、美琴がプライドを捨てて彼女に頭を下げた背景があることが示唆されている。

【口調】

「富豪力」「胸囲力」「演技力」など、「~力」という表現を多用する。また、語尾が小文字になることが多く、文面では最後に☆が付く事もある。

例)「一応そういうコトになってるケドぉ
   私の改竄力でどうとでもなっちゃうものねぇ」

【備考】

『とある科学の超電磁砲』にて、月詠小萌に「食蜂ちゃん」と言及されるシーンがあるが、
『超電磁砲』担当編集のO野K太郎氏曰く、小萌は食蜂のことをよく知っているらしい。( 出典 )