〈動く骸骨〉

名称:〈動く骸骨〉《スケルトン》
レベル:11~63
ランク:ノーマル
出現場所:ダンジョンや墓地

◆解説
 死してなお活動を停止しない『アンデッド』と呼ばれるモンスターの中でも最も有名な一種。ぽっかりと空いた暗い眼窩には生者への憎しみに燃える青白い炎が宿っている。墓地やダンジョンに残された白骨死体に何らかの魔力が宿り動き出したものである。
 食物を必要としていないからか、より強力なアンデッドモンスターの配下として大量に出現することも多い。骨だけしか残っていないその身体は軽く、動きは素早い。その分耐久度は低く脆いのだが、〈動く骸骨〉《スケルトン》は生前使っていた武器や防具を未だに装備していることもあり、攻撃力や防御力が底上げされていることもしばしば。
 レベルにもよるが、単体で見ればさほど脅威となるような強さは持たず、多くの〈冒険者〉の攻撃はある程度無効化されてしまう。にとって大した敵ではない。しかし、隊列を組んで押し寄せる〈動く骸骨〉の群れともなれば、単なる力押しで打ち破るのは難しく、戦闘の長期化で思いもよらぬ損害を受ける事もある。
 身体の構造上、隙間が多く、細い打点で貫く攻撃はすり抜けてしまう可能性が高い。そのため、弓矢による〈冒険者〉の攻撃はある程度無効化されてしまう。
〈召喚術師〉が契約可能。

 カタカタと音をたてて動き回る骸骨のアンデッドモンスター。ぽっかりと空いた暗い眼窩には生者への憎しみに燃える青白い炎が宿っている。食物を必要としないからか、より強力なアンデッドモンスターの配下として大量に出現することも多い。錆びついた剣や鎧を身に着けており、意外に巧みな剣さばきで襲い掛かってくる。
 レベルにもよるが、単体で見ればさほど脅威となるような強さは持たず、多くの冒険者にとって大した敵ではない。しかし、隊列を組んで押し寄せる〈動く骸骨〉の群れともなれば、単なる力押しで打ち破るのは難しく、戦闘の長期化で思いもよらぬ損害を受ける事もある。

※セルデシア・ガゼット VOL.1 P.26


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。