ティムール朝トゥルケスタン帝国

ニュース

諸事情により、休止中…。

 主要な更新は来年以降となります。ご了承下さい。

我が国と扶桑帝国の間で、相互援助協定を締結!

 2019年4月1日(統一歴:136年)、我が国と大扶桑帝国との間で有事の際の相互援助協定である、「ティムール朝トゥルケスタン帝国と大扶桑王国との間の相互援助・有事武器貸与協定(帖扶相互援助協定)」通称:箱根協定が締結された。互いの港湾の使用や有事の際の武器貸与などを定めたもので、集団的自衛の更なる推進が将来的に見込まれる予定だ。締結地となった扶桑帝国、箱根で互いの外交官が固い握手を刻み、にこやかに報道陣に向かって微笑んだ。我が国の外交官は記者団に対し、「東方の素晴らしき温泉街から繋がる絆は、この湯水湧き出る大地よりも、そして循環せしめる母なる水脈よりも確固たる、そして雄大なものとなるであろう。」と語った。


ティムール朝トゥルケスタン帝国(ティムールちょうトゥルケスタンていこく、英語:Timurid-Turkestan Empire、TTE、ウズベク語:Temuriylar Turkistān Imperiya)、またはティムール朝(Temuriylar)、帖国(ていこく)は、中央アジアに位置する帝政国家。首都はサマルカンド。


ティムール朝トゥルケスタン帝国
ウズベク語:Temuriylar Turkistān Imperiya
(仮・国旗) (国章)
国の標語 “Turkic va Buyuk Amir Timur”
国歌 ウズベク語:?
「偉大なるティムールの大地よ」
公用語 ウズベク語、パシュトー語、カザフ語
首都 サマルカンド
最大の都市 カラチ
カーブル
皇帝
?年-現在 ミーラーン・ティムール2世
面積
総計 5,450,125km2
水面積率 極僅か
人口
総計(2019年:統一歴136年) 3億1166万人
(実総計) (2億777万人)
人口密度 41.1人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2019年:統一歴136年) ?サッラーフ
GDP(MER)
合計(2014年:統一歴76年) ?ドル
一人あたり ?ドル
GDP(PPP)
合計(2015年:統一歴88年) ?ドル
一人あたり ?ドル
建国
帝国成立 1370年
通貨 ティムール=サッラーフ(şarrāf)
時間帯 UTC +5(DST:なし)
ISO 3166-1 TT/TTE
ccTLD .tt
国際電話番号 998

各種表記
ウズベク語 Temuriylar Turkistān Imperiya
ペルシア語 امپراطوری ترکستان تیموریان
中国語(簡体字) 帖木儿王朝突厥斯坦帝国
中国語(繁体字) 帖木兒王朝突厥斯坦帝國
ロシア語 Тимур Туркестан империя
英語 Timurid Turkestan Empire
日本語読み てぃむーるちょうとぅるけすたんていこく





概要

 前史では、チャガタイ・ハン国統治下の中央アジアのマー・ワラー・アンナフル(現在のウスベキスタン中央部)で覇権を握ったバルラス部族の首領、王朝の始祖ティムールが内乱を平定し、その後1370年にチンギス・ハーンの三男、オゴタイの子孫ソユルガトミシュを西チャガタイ・ハン国のハーンとして擁立し、並びに自らはチンギス・ハーンの子孫の娘サライ・ムルク・ハーヌムを娶り、「ハン家の婿婿(アミール・キュレゲン)」と名乗ったことでチャガタイ諸部族の統帥権を確保した。これを以て、ティムール朝トゥルケスタン帝国は事実上の建国が成立した。

 計測方法にもよるが、同国は陸地面積・総面積に於いて世界屈指の広大な領土を有する。
 同国の地形は、乾燥したステップや砂漠が大半を占め、北部には肥沃なチェルノーゼム(黒土)帯、南部にはインダス川を有するヒンドゥスターン平野(パンジャーブ平野)、そして西部のコペトダグ山脈や東部の天山山脈・アルタイ山脈に抱えられたパミール高原がある。特にインダス川流域では、古代にはハラッパーやモエンジョ・ダロ等の都市遺跡で知られるインダス文明を興してきた。
 また、西部にはカスピ海、東部にはバルバシ湖、中部にはアラル海など多数の淡水湖・塩湖を有しており、漁業や観光業が営まれている。


軍事

国名

歴史

政治

地方行政区分

地理

経済

交通

国民

文化

関連リンク