Requiem et Kyrie レクイエムとキリエ

主よ、無窮の安息(やすみ)を彼等に賜わり、
永久の光を彼等に輝かしめ給え。
主はシオンに於て、讃美すべきかな、
人はエルザレムに於て其誓(そのちかい)を遂げむ、
主よ、我祈祷(わがいのり)を聴き容れ給え、
凡(すべて)の人は主に到るべし。

主よ、無窮の安息(やすみ)を死者に賜わり、
永久の光を彼等に輝かしめ給え。
主よ、無窮の安息(やすみ)を彼等に賜わり、
永久の光を彼等に輝かしめ給え。

主憐み給え
基督(キリスト)憐み給え
主憐み給え
Requiem æternam dona eis, Domine,
et lux perpetua luceat eis.
Te decet hymnus, Deus, in Sion,
et tibi reddetur votum in Jerusalem.
Exaudi orationem meam,
ad te omnis caro veniet.

Requiem æternam dona defunctis, Domine,
et lux perpetua luceat eis.
Requiem æternam dona eis, Domine,
et lux perpetua luceat eis.

Kyrie eleison.
Christe eleison.
Kyrie eleison.

Dies iræ 怒りの日

怒りの日なる彼の日は、
世界を灰に帰すべし、
ダヴィドとシビルとの告げし如く。

人々の震慴驚怖(おそれおののき)は幾何ぞや、
何事をも厳しく糺し給はむとて、
判官(さばきぬし)の来り給う時。

奇なる箛笛(ラッパ)の響、
各地の墓に鳴り渡るや、
人々皆主の寳坐(みくら)の下に集められん。

死と生とは驚愕(おどろ)かん、
人類(ひとびと)のかく蘇りて、
判官(さばきぬし)に答えんとするとき。

かき記るされたる書物持ち出されん、
其中(そのうち)に凡て
世の審かるべき事あり。

判官(さばきぬし)の坐し給うや、
隠匿(かく)れたるもの悉く顕(あらわ)れ、
一(いつ)として報(むくい)なきものなからむ。

死と生とは驚愕(おどろ)かん、
人類(ひとびと)のかく蘇りて、
判官(さばきぬし)に答えんとするとき。
Dies iræ, dies illa
solvet sæclum in favilla:
teste David cum Sibylla

Quantus tremor est futurus,
quando judex est venturus,
cuncta stricte discussurus.

Tuba mirum spargens sonum
per sepulchra regionum,
coget omnes ante thronum.

Mors stupebit et natura,
cum resurget creatura,
judicanti responsura

Liber scriptus proferetur,
in quo totum continetur,
unde mundus judicetur.

Judex ergo cum sedebit,
quidquid latet, apparebit:
Nil inultum remanebit.

Mors stupebit et natura,
cum resurget creatura,
judicanti responsura

Quid sum miser そのとき憐れなるわれ

嗚呼、爾時(そのとき)我は如何なる不幸と謂わむ、
誰をたよりて保護者と頼まむ、
義人すら尚心安らかざれば。

記憶(おぼ)え給え、慈悲深きイエズスよ、
世に降誕(くだ)り給えるは我が為めなるを、
かの日に於ても我を亡し給わざれ、

御前(みまえ)に俯伏(ひれふ)し灰の如く碎(くだ)かれたる心をもて 偏(ひとえ)に希(こいねが)い奉る、
嗚呼我終遠(わがおわり)を計い給え。
Quid sum miser tunc dicturus?
Quem patronum rogaturus?
Cum vix justus sit securus.

Recordare Jesu pie,
quod sum causa tuæ viæ:
ne me perdas illa die.

Oro supplex et acclinis,
cor contritum quasi cinis:
gere curam mei finis.

Rex tremendæ 恐るべき御稜威の王

かしこき稜威(みいづ)の大王、
救わるるものを御恵(めぐみ)によりて、救い給うが故に、
御慈悲をもて我を救い給え。

記憶(おぼ)え給え、慈悲深きイエズスよ、
世に降誕(くだ)り給えるは我が為めなるを、
かの日に於ても我を亡し給わざれ、

呪咀(のろ)わるる者を退け、
はげしき火刑に処(さだ)め給わんとき、
我を招き給え。

深淵(ふかきふち)の底より救い給え、
我を獅子の口より救い給え、
闇に陥(おちい)らず、
願わくば我を地獄に滅せず、

救わるるものを御恵(めぐみ)によりて、救い給うが故に、
御慈悲をもて我を救い給え。
かしこき稜威(みいづ)の大王、
御慈悲をもて我を救い給え。
Rex tremendæ majestatis,
qui salvandos salvas gratis,
salva me, fons pietatis.

Recordare Jesu pie,
quod sum causa tuæ viæ:
ne me perdas illa die.

Confutatis maledictis, (Jesu)
flammis acribus addictis,
voca me …

et de profundo lacu;
libera me de ore leonis,
ne cadant in obscurum.
ne absorbeat me Tartarus,

qui salvandos salvas gratis,
salva me, fons pietatis.
Rex tremendæ majestatis,
salva me, fons pietatis.

Quærens me われを探し求め

主は我を索(もと)めんとて疲労(つか)れて坐し給い、
十字架の苦(くるしみ)を受て贖い給えば、
かかる労苦を無益(むだ)ならざらしめ給え、

報(むくい)を与え給う最(いと)も正しき判官(さばきぬし)、
赦宥(ゆるし)を賜われかし、
審判(さばき)の日に先(さきだ)ちて。

我は罪人(つみびと)にて嘆き
我過失(わがあやまち)を赤面して、祈り奉る
嗚呼天主我を赦免(ゆる)し給え。

我祈祷(わがいのり)は聴きいれらるるに足らざれども、
主は慈悲深くましませば、
我を熄(き)えざる火に焼けざらしめ給え。

主はマダレナの罪を赦し、
又盗賊の願(ねがい)をも聴容れ給いしにより、
我にも希望(のぞみ)を抱かしめ給えり。

主よ我を主の左側なる山羊よりはなれしめ、
右側なる羊の群に加い給え。
Quærens me, sedisti lassus
Redemisti crucem passus
Tantus labor non sit cassus.

Juste judex ultionis,
donum fac remissionis,
ante diem rationis.

Ingemisco, tamquam reus:
culpa rubet vultus meus:
supplicanti parce Deus.

Preces meæ non sunt dignæ:
Sed tu bonus fac benigne,
Ne perenni cremer igne.

Qui Mariam absolvisti,
et latronem exaudisti,
mihi quoque spem dedisti,

Inter oves locum præsta,
et ab hædis me sequestra,
statuens in parte dextra.

Lacrimosa 涙の日

悲嘆の日なるかな
人土より蘇りて。
犯せし罪を審(さばか)るべければ、

慈悲深き主イエズスよ、
彼等に無窮の安楽を与え給え。

悲嘆の日なるかな
人土より蘇りて。
犯せし罪を審(さばか)るべければ、
Lacrimosa dies illa,
qua resurget ex favilla
judicandus homo reus:

Pie Jesu, Domine,
dona eis requiem æternam.

Lacrimosa dies illa,
qua resurget ex favilla
judicandus homo reus:

Offertorium 奉献唱

主イエズス、キリスト、光栄(さかえ)の王、
凡(すべ)て死したる信者の霊魂を
陰府(よみ)の刑罰及び深淵(ふかきふち)の底より、
此等を救い給え、

旗手たる聖ミカエルに導かれて、
尊き光を見せしめ給え、
主の嘗(かつ)てアブラハムと其裔(そのえい)に約し給えばなり、

主イエズス、キリスト、アメン
Domine Jesu Christe, Rex gloriæ,
libera animas omnium fidelium defunctorum
de pœnis inferni, et de profundo lacu;
libera eas,

Et sanctus Michæl signifer
repræsentet eas in lucem sanctam,
quam olim Abrahæ et semini ejus promisisti.


Domine Jesu Christe, Amen.

Hostias 賛美の生贄

吾等犠牲(いけにえ)と讃美の祈祷(いのり)を
捧げ奉る、
願わくば今日紀念するところの霊魂の為に
これを受け納め給いて、
Hostias et preces Tibi,
laudis offerimus.
suscipe pro animabus illis,
quarum hodie memoriam facimus.

Sanctus 聖なるかな

聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、
万軍の神、
主の栄光(さかえ)は、天地に充満(みちみ)てり、

天の最上に於て尊まれ給え、
Sanctus, Sanctus, Sanctus
Deus Sabaoth
Pleni sunt cæli et terra gloria tua

Hosanna, in excelsis.

Agnus Dei 神羊誦

世の罪を除き給う神羊(かみのこひつじ)、
彼等に永久に安息(やすみ)を与え給え。

主はシオンに於て、讃美すべきかな、
人はエルザレムに於て其誓(そのちかい)を遂げむ、
主よ、我祈祷(わがいのり)を聴き容れ給え、
凡(すべて)の人は主に到るべし。

主よ、無窮の安息(やすみ)を死者に賜わり、
永久の光を彼等に輝かしめ給え。
主よ、無窮の安息(やすみ)を彼等に賜わり、
永久の光を彼等に輝かしめ給え。

主よ、主の聖徒と共に限りなく住わしめ給え、
御慈悲にてましませば。
アメン。
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi:
dona eis requiem sempiternam.

Te decet hymnus, Deus, in Sion,
et tibi reddetur votum in Jerusalem.
Exaudi orationem meam,
ad te omnis caro veniet.

Requiem æternam dona defunctis, Domine,
et lux perpetua luceat eis.
Requiem æternam dona eis, Domine,
et lux perpetua luceat eis.

Cum Sanctis tuis in æternum, Domine,
quia pius es.
Amen.