「伊藤園」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

伊藤園」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 &u(){}**伊藤園
 [[固有記号の公式発表>http://www.itoen.co.jp/customer/faq/list001/]]
 A5:静岡県富士市
 A8:静岡県富士市
 A9:静岡県富士市
 A11:沖縄県名護市
 A13:群馬県邑楽郡
 A16:広島県安芸高田市
 A18:山形県寒河江市
 A19:山梨県北杜市
 A21:宮崎県児湯郡
 A23:和歌山県紀の川市
 A30:長野県松本市
 A33:千葉県富里市
 A34:岐阜県岐阜市
 A40:山形県西置賜郡
 A44:北海道沙流郡
 A46:兵庫県姫路市
 A47:大分県杵築市
 A51:長野県長野市
 A55:千葉県袖ヶ浦市
 A59:茨城県常陸太田市
 A61:山口県の関連会社(山口市)
 A62:静岡県焼津市
 A63:和歌山県日高郡 (お~いお茶350ミリリットル缶)
 A65:山形県酒田市
 A66:福島県酪農業協同組合 郡山工場(※)
 A67:千葉県香取郡
 A68:山形県東村山郡
 A70:福島県伊達市
 A71:福岡県朝倉市
 A72:京都府八幡市
 A73:静岡県焼津市
 A74:島根県浜田市
 A75:長野県安曇野市 
 
 D13:群馬県邑楽郡
 D46:兵庫県神崎郡
+E46:千葉県香取市
 
 K5:静岡県静岡市
 K6:千葉県長生郡
 K17:北海道恵庭市
 K19:熊本県熊本市
 K23:和歌山県海南市
 K26:群馬県沼田市
 K27:福岡県糸島市 
 K30:長野県安曇野市
 K46:徳島県勝浦郡
 K48:栃木県下野市
 K50:群馬県渋川市(地下水)
 K53:岐阜県各務原市 
 K59:神奈川県厚木市
 K61:山口県山口市
 K68:山形県天童市
 
 P5:静岡県静岡市
 P13:群馬県前橋市
 P26:福島県南相馬市
 P46:兵庫県神崎郡
 P48:佐賀県鹿島市
 P51:長野県長野市
 P61:山口県防府市
 
 TI:静岡県
 XI:静岡県袋井市
 
 茶葉製品
 
 B2:静岡県牧之原市
 F6:愛知県江南市
 F10:愛知県丹波郡
 FK:福岡県うきは市
 HI:静岡県牧之原市
 H2:兵庫県神戸市
 H5:福島県福島市
 KH:高知県高知市
 W7:福岡県みやま市
 T8:静岡県
 
 「一日分の野菜」 保存期間 紙、PET共に 9ヶ月 
 「天然ミネラル麦茶」(煮出/水出)の製造日は賞味期限の1年前
 「お~いお茶」 大PET 12ヶ月 小PET 9ヶ月
 「ワンポットほうじ茶(水出し/お湯出し)ティーバッグ」の製造日は賞味期限の9ヵ月前
 「充実野菜」の製造日は賞味期限の9か月前
 「Naturalジャスミンティー」主に製造は群馬県邑楽郡の工場
 (「お~いお茶」は全国広範囲で製造している)
 
 ※これまでの調査から、工場周辺の放射線量に異常はなく、製品からも放射性物質は検出されておりません。
 (検査項目、ヨウ素131、セシウム134・137 各項目の検出限界は20Bq とのこと)
 
 伊藤園 ペットボトル麦茶
 A13=群馬にて製造  
 地下水を使用  当社の機械で20ベクレルを規準に検査
 
 7/5よりおーいお茶ペットボトルの茶葉を問い合わせ
 今現在は、旧茶葉と九州産の新茶をブレンドして製造。今後は今年採取の静岡茶なども使用予定とのこと
 なお静岡産新茶の使用時期は未定と回答
 ----
 「充実野菜」の使用している野菜について(2011/06/16代理登録依頼掲示板より)
 
 現在使用している野菜は、去年収穫のものを冷凍などして使用しているようです。水については放射線測定器で安全を確認の上使用しているということでした。うっかり水の基準値を聞き忘れましたが、それは国の基準値でだと思います。 
 
 使われている野菜の産地 
 (一部早くてメモできなかったので、わかるとこだけ書いておきます) 
 
 輸入品の部分は省きます。 
 
 人参−  宮崎 鹿児島 熊本 
 レタス  長野 
 ケ−ル  長野 
 ピ−マン 宮崎 
 セロリ  長野 愛知 静岡 
 アスパラ 長野 秋田 
 かぼちゃ 宮崎 
 パセリ  長野 茨城 
 ホウレンソウ 長野 茨城 
 キャベツ 長野 茨城 
 クレソン 長野 
 あしたば 鹿児島 
 白菜   長野
 ----
 「香り薫るむぎ茶」(茶葉)
 賞味期限から12ヶ月前が製造日で、大麦の産地はカナダ産と国産のものを使用とのことです。
 国産の大麦は産地を特定せず、市場から購入しているため、分からないようです(2011/05/17)
 ----
 「香り薫るむぎ茶」(茶葉)
 現在流通・生産している製品は、昨年(2010年)収穫されたものを使用しており、
 2012年3月頃までは昨年収穫分での生産になるそうです。
 それ以降の大麦の産地については、現在検討中とのことです。(2011/12/05)
 ----
 確認お問い合わせの際は、随時情報のアップデートをお願い致します。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。