メタウイルス

「メタウイルス『○○』。インストール」

【名前】 メタウイルス
【読み方】 めたういるす
【登場作品】 特命戦隊ゴーバスターズ
【初登場話】 Mission1「特命戦隊、集結せよ!」
【分類】 アイテム
【名前の由来】 金属(英:metal)+ウイルス

【詳細】

メサイアの特性を利用した特殊なコンピューターウイルス。

メタウイルスカードから無機物に送り込まれ、感染した対象はメタロイドに変化する。

幹部によってそれぞれ製造方法が異なり、以下の方法でメタロイドを生み出す。
  • エンターはノートパソコンのコードを無機物に接続し、カードを読み取らせ、ウイルスをインストールする。
  • エスケイプはパッドタイプのデバイスのコードを無機物に接続し、データとして入っているカードを選択して、ウイルスをインストールする。

様々な動作(「齧る」、「掘る」、「吸い込む」など)が元になっている為、アルファベット表記で「U」で終わる終止形の動詞が多い(「齧る」のメタウイルスはアルファベット表記に日本式のローマ字表記が用いられている)。

「無機物に自我を持つ生命を与える」というメサイアの力の一部を利用した物である為、進化によって実体を持つ分身体を生み出せるようになったメサイアはこの力を「自身が無機物を取り込んで成長する」形に転換し、最終的に地球全土の物体との融合によって最凶最大の肉体を得ようと目論む。

上述の通りに「無機物にしか影響がない」とされているが、蝋燭などの有機物製のメタロイドも存在する為、正確には無生物にしか影響がない模様。
しかし、メサイアカードで新たなメサイアとなったエンターは生物のクワガタムシと無機物のフェンスを融合データで合成し、新たなメタロイドを作るに至った。

エスケイプも度重なるバックアップでデータの崩壊が始まり、それと同時にエンターの特性が逆流したのか、「無機物や有機物を問わずにデータに変換して取り込み、巨大な姿に変貌する」という特性を得ている。

メタロイドの製造の他、別の怪人を巨大化させる異例な物も存在する(「引きずり込む」)。

※劇中に使用されたメタウイルスについては以下の通りになっている(誕生させるシーンが省かれている場合もある)。
【メタウイルス】 【インストール先】 【メタロイド】
「囓る」KAZIRU パワーショベル ショベルロイド
「燃やす」MOYASU ガスボンベ バーナーロイド
「刺す」SASU 注射器、その他の医療器具(と白衣) ニードロイド
「切る」KIRU ピザカッター カッターロイド
「走る」HASHIRU 自転車のタイヤ タイヤロイド
「溶かす」TOKASU 消火器 スプレーロイド
「集める」ATSUMERU エネトロン電車 デンシャロイド
「掘る」HORU 電動ドリル ドリルロイド
「撃つ」UTSU 玩具のピストル ダンガンロイド
「吹き飛ばす」FUKITOBASU 扇風機 ファンロイド
「写す」UTSUSU プロジェクター コピーロイド
「吼える」HOERU チューバ チューバロイド
「吼える Ver.2」HOERU VER.2 チューバ チューバロイド2
「吸い込む」SUIKOMU 掃除機 ソウジキロイド
「探す」SAGASU パラボラアンテナ パラボラロイド
「抉る」EGURU フォーク フォークロイド
「掘る Ver.2」HORU VER.2 電動ドリル ドリルロイド2
「バラす」BARASU スパナ、その他の工具類 スパナロイド
「見せる」MISERU 映写機 フィルムロイド
「鍛える」KITAERU ダンベル ダンベルロイド
「閉じる」TOJIRU 自動車のキー キーロイド
「くっつく」KUTTSUKU 磁石 ジシャクロイド
「絡め取る」KARAMETORU 綿あめ製造機 ワタアメロイド
「怖がらせる」KOWAGARASERU 蝋燭 ロウソクロイド
「錆びる」SABIRU 工場のパイプ スチームロイド
「消す」KESU 消しゴム ケシゴムロイド
「隠す」KAKUSU 虫かご ムシカゴロイド
「塗る」NURU カラースプレー スプレーロイド2
「撃つ Ver.2」UTSU VER.2 玩具のピストル ダンガンロイド2
「探す Ver.2」SAGASU VER.2 パラボラアンテナ パラボラロイド2
「集める Ver.2」ATSUMERU VER.2 エネトロン電車 デンシャロイド2
「つく」TSUKU オモチロイド