スティングレイブ(すてぃんぐれいぶ)

+目次

概要

スティングレイブとは、地面から岩石の槍を隆起させて攻撃する術のこと(デスティニー2)。
あるいは、ファングエッジとバイティングエッジを組み合わせた技のこと(マイソロ2、3)。
同名だが、デスティニー2の術とマイソロ系の技では内容が全く異なる。
初出はデスティニー2のリアラ、ジューダス。

登場作品

デスティニー2

習得者:リアラ
-
分類 下級昇華晶術 属性
HIT数 3 消費TP 22-エンチャントレベル×2
威力 270 詠唱時間 -
習得条件 アクティブレベル
水:火:地:風=8:8:8:8
発動条件 ストーンザッパーにエンチャント「追加晶術」をつけて、
SPが(93-エンチャントレベル×3)以上のとき術発動中に○ボタン

習得者:ジューダス
-
分類 下級昇華晶術 属性
HIT数 3 消費TP 22-エンチャントレベル×2
威力 270 詠唱時間 -
習得条件 アクティブレベル
地:風:闇:光=7:6:6:6
発動条件 ストーンザッパーにエンチャント「追加晶術」をつけて、
SPが(93-エンチャントレベル×3)以上のとき術発動中に○ボタン
ストーンザッパーの追加晶術。
小石の当たった敵の足元に、いくつもの岩石の槍を隆起させて攻撃する。
岩石は術者から敵の向きに斜めに発生し、当たると多少浮かしつつ敵をノックバックする。

槍が斜めに出るのでそこそこの範囲があり、敵を少しずつ押し返せる効果もあって、
追加晶術自体の性能はそれほど悪くない。
他に特に相性の良いアクションエンチャントがあるわけでもないので、
とりあえずセットしておいて損はないエンチャントといっていい。
順番に出現する槍には一応敵の足元を追いつつ出てくる性質があるのだが、
それほど派手に相手を移動させる術ではないので、あまり実感することはないだろう。

スティングレイブの一番の弱点は、術そのものより派生元のストーンザッパーにある。
追加部分は当然、派生元が当たらなければそもそも出すこと自体が不可能であるわけで、
ストーンザッパー自体あまり安定してヒットしない晶術であることは、
同時にそのままスティングレイブにとっても大きな痛手になるといえる。
とはいえ、こればっかりは追加晶術の使い方の観点でどうにかなることではないのだが……。

TOWレディアントマイソロジー2

習得者:海賊
ファングエッジとバイティングエッジを組合わせた奥義
分類 奥義 属性 -
HIT数 6 消費TP 21
威力 480(80×6) 詠唱時間 -
習得条件 Lv34
ファングエッジをマスター
バイティングエッジをマスター
短剣を差し向けて突撃し、距離を詰めたところにバイティングエッジの連撃を浴びせる奥義。
…なのだが、実態は盗賊の斬刃連牙突の畢竟「海賊版」である。

斬刃連牙突と同じく始めに間合いを一気に詰めるので、
どんな連携をしても後半のバイティングエッジ部分をヒットさせやすいのが強み。
消費や威力が手頃で適度に拘束力もあり、海賊の一番無難な奥義と言ってもいいかもしれない。
扱いやすい技だが、バイティングエッジ部分が長引いて敵に囲まれやすい点と、
アクアバレットで浮かしてから繋ぐと敵の下を見事にすり抜けていく点には気をつけたい。
後者は若干ディレイを入れて奥義を入力することで解消される。

ちなみに術技の概要でも分かると思うが、D2の同名術とは全く技の内容に関連性がない。
開発チームが異なるので、おそらくたまたま名称がかぶってしまったものと思われる。
なお、マイソロ2、3では誰もD2仕様の術版スティングレイブを習得しないので、
今のところ両者が同一作品で同居したことはない。

TOWレディアントマイソロジー3

習得者:海賊
 
分類 奥義 属性 -
HIT数 6 消費TP 21(Master後は18)
威力 553(173+76×5) 詠唱時間
習得条件 Lv18


関連リンク

派生技

関連技

ネタページ