美食の神々

名前 美食の神々
読み仮名 びしょくのかみがみ


概要

かつて最果ての地に住んでいた美食の神たち。
エネルギー体のような姿をしており、直径10光年ある銀河を囲って食事するほど巨大だった。

137億年前に起きたグルメビッグバンで飛び散った無数の食材から、ある神の家族が持ち出して護った食材こそ「星のフルコース」であり、
食の好みが変わってもこのフルコースがまたみんなを引き合わせてくれるようにとそれぞれの宇宙で護り続けた。
家族の色は父親が、母親が、長男が、次男が、三男がで、まるでアカシア一家のようである。

ちなみに神々のグルメエネルギーが細分化したものこそ食運の正体である。

関連項目