あかつき新都

震災により崩壊した旧暁市旧市街の廃墟に隣接した地域に、異例なまでの急ピッチで建造された新興都市。
その目的は、震災による時空間断層によって隔離された旧市街地区の研究と対策。
日本に対する復興支援として各国から資金が寄せられ、それを管理する法人として「あかつき財団」が設立される。
都市の自治体もまた財団が兼務する。
市の中心部には復興の象徴である、財団本部が存在する高層ビル「あかつきジグラット」がある。
外部から侵入不能の旧市街廃墟の現状を解決すべく、
各分野より招聘した多彩な人材による分析と研究が日夜そこでは行われているという。



名前:
コメント: