ブゥル

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

かつて、ラディアリディアニーグと激しい戦いを行ったことで有名となったニィズ砦は、アゾル国滅亡後ゲーリー国の所領となり、そのゲーリー国滅亡後はロー・レアルス国のものとなっていた。
ロー・レアルス国はカルディスの威光の元、優れた人材が集まっていたが、早急な領土の拡大に人材が追いつかず、苦肉の策として、この頃のニィズ砦は完全に後方の安全地帯となっていたこともあり、比較的小器の将が派遣され、ブゥルは総指揮官としてこの砦に駐屯していた。

しかし、カルディス戦死後、レイディックの東征(692)が始まり、ラディア隊の攻略目標となったのがニィズ砦であった。
ブゥルはレイディックの東征にひたすら狼狽、とりあえず迎撃部隊を出すがあえなく敗れて降伏する。
かつてラディアが指揮をとったときは、難攻不落を誇ったこの砦も、指揮者の采配次第でこうも変わるのかと噂された。
ブゥルはそのままニィズを治め、その後はこれといった功績も失態も残していない。
ニィズ砦は、その後ロー・レアルス国、ベルザフィリス国と所有権が移っていくが、ブゥルに関しての記述は残されていない。

関連項目


最終更新:2011年10月18日 23:13