バロゥド

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

リューグ国の猛将。バルディゴス討伐連合軍(684)では、集結地点への行軍中に襲いかかったルディック国奇襲部隊を撃退している。
連合解散後の戦乱の時代となると、ロー・レアルス国に攻撃を仕掛け、局地戦とはいえ、ロー・レアルス国のゾイドゥバの2将を打ち破った事もある。

エルキバーナの戦い(694)では第2陣を務めるが、先陣のアルファーが初戦で敗れたため、続く決戦ではバロゥドが先陣となる。
兵の士気の低さからベルザウスと共に撤退を進言するが、兵数での優位に頼りきった国主ライグは聞き入れない。
結果として、敵の奇襲と国主ライグの指揮力のなさ、兵の士気低迷といった悪条件が重なり敗北、バロゥドは追撃隊から本陣を守るため、殿軍となって敵を食いとめ戦死する。

関連項目


最終更新:2011年10月18日 03:44