六京旅客鉄道5000系電車

六京旅客鉄道5000系電車とは,六京旅客鉄道の通勤型車両。

六京旅客鉄道5000系電車
基本情報
運用者 六京旅客鉄道
製造所 船橋重工業豊崎工場
製造年 1974年〜1991年
製造両数 444両
運用開始 1975年5月22日
主要諸元
軌間 1,067mm
電気方式 直流1500V(架空電車線方式)
最高運転速度 110km/h
設計最高速度 110km/h
起動加速度 3.3km/h/s
減速度 4.2km/h/s(常用)
5.0km/h/s(非常)
車両定員 本文参照
全長 20,000mm
自重 (0番台)
Mc1車,Mc2車:37.2t
M1車:35.7t
M2車:36.2t
T車:30.0t
(50番台)
Mc1車,Mc2車:34.2t
M1車:33.3t
M2車:33.6t
T車:26.8t
T6d車:26.4t
全幅 2,800mm
全高 4,050mm
床面高さ 1,130mm
台車 軸ばね式ダイレクトマウント空気ばね台車
電動車:FHI-MB73
付随車:FHI-TB73
主電動機 (0番台)直流直巻電動機
FEI-M73
(50番台)直流直巻電動機
FEI-M80
主電動機出力 150kw
駆動方式 TD継手式中実軸平行カルダン方式
歯車比 99:16(6.19)
制御装置 電機子チョッパ制御
制動装置 回生併用電気指令式空気ブレーキ
保安装置 本文参照

概要


急行用として登場した3000系(既全廃)と対を成す各駅停車用車両として,1974年から91年にかけて計444両が製造された。

番台別解説


0番台/20番台


最初に登場した。0番台は6+2連(登場当時はラッシュ時に8連,日中は6連での運用を想定していた),20番台は4連(こちらは単独の他,2本繋げた8連での運用も想定していた)で生産された。1990年代以降は事実上の8連固定編成として運用された。2006年以降8000系の導入により,2009年をもって運用を終了。

50番台

1982年からはこちらの生産に切り替わった。車体が軽量ステンレス車体となり,また車内設備にも若干の改良が加えられている。6+4連で生産されていたが,途中で6連のみの生産に切り替わった。10連は朝ラッシュ時の急行運用に就き,混雑解消に大いに役立った。

70番台

1986〜87年製。8両固定編成として製造された。

80番台

1989〜91年製。最大の特徴は10連のうち7,8号車が6扉車となっていることである。なお登場当時(2003年まで)は旗平車管区の検修設備が10連に対応していなかったため,6号車は運転台付きのMc車となっている。

40番台

70番台と50番台の編成組み換えでできた番台。10両固定編成で,主に急行用に使用される。

編成表(登場時)


0番台


←新六王寺 新京橋→
号車 1 2 3 4 5 6 + 7 8
形式 5100 5200 5300 5400 5500 5600 + 5700 5800
車種 Mc1 M2 T T M1 Mc2 Mc1 Mc2
車番 5101 5201 5301 5401 5501 5601 5701 5801
5113 5213 5313 5413 5513 5613 5713 5813

20番台


←新六王寺 新京橋→
号車 1 2 3 4
形式 5120 5220 5320 5420
車種 Mc1 M2 M1 Mc2
車番 5121 5221 5321 5421
5143 5243 5343 5443

50番台(6+4連)


←新六王寺 新京橋→
号車 1 2 3 4 5 6 + 7 8 9 10
形式 5150 5250 5350 5450 5550 5650 + 5750 5850 5950 5050
車種 Mc1 M2 T T M1 Mc2 Mc1 M2 M1 Mc2
車番 5151 5251 5351 5451 5551 5651 5751 5851 5951 5051
5158 5258 5358 5458 5558 5658 5758 5858 5958 5058

50番台(6連単独)


←新六王寺 新京橋→
号車 1 2 3 4 5 6
形式 5150 5250 5350 5450 5550 5650
車種 Mc1 M2 T T M1 Mc2
車番 5159 5259 5359 5459 5559 5659
5166 5266 5366 5466 5566 5666

70番台


←新六王寺 新京橋→
号車 1 2 3 4 5 6 7 8
形式 5170 5270 5370 5470 5570 5670 5770 5870
車種 Mc1 M2 T T M1 M2 M1 Mc2
車番 5171 5271 5371 5471 5571 5671 5771 5871
5178 5278 5378 5478 5578 5678 5778 5878

80番台


←新六王寺 新京橋→
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
形式 5180 5280 5380 5480 5580 5680 5780 5880 5980 5080
車種 Mc1 M2 T T M1 Mc2 T6d T6d M1 Mc2
車番 5181 5281 5381 5481 5581 5681 5781 5881 5981 5081
5186 5286 5386 5486 5586 5686 5786 5886 5986 5086

編成組み換え


5159~66Fの10連化


2003~04年施工。2003年に旗平車管区が10連対応工事を完了した。また6連各駅停車の減少に伴い,10連固定編成を作成するために6連8本を使用して10連4本が組成された。

←新六王寺 新京橋→
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
形式 5150 5250 5350 5450 5550 5250 5350 5450 5550 5650
車種 Mc1 M2 T T M1 M2 T T M1 Mc2
車番 5159 5259 5359 5459 5563 5263 5363 5463 5559 5659
5162 5262 5362 5462 5566 5266 5366 5466 5562 5662

なお,余剰となったMc1-Mc2(5163~66-5663~66)は単独2連として6連または8連に併結する増結用編成となった。

20番台の8連化


1998~99年施工。20番台のうち,6本を8連固定編成化するために改造が行われた。施工対象は5138~43F。下り寄りMMユニットを電装解除し(また先頭車を中間車化改造),既存4連の上り寄りに併結して8連となった。

←新六王寺 新京橋→
旧号車 1 2 3 4
旧形式 5120 5220 5320 5420
旧車種 Mc1 M2 M1 Mc2
旧車番 5138 5238 5338 5438
5143 5243 5343 5443
新号車 5 6 7 8
新形式 5520 5620 5720 5820
新車種 T2 T M1 Mc2
新車番 5521 5621 5721 5821
5526 5626 5726 5826

なお,車番こそ5521~26となっているが,併結相手に特に制限は無かった。

40番台


2006~07年施工。8連は8000系で置き換えるため,70番台の10連化が実施された。中間車は50番台の5151~5158Fから流用されている。

←新六王寺 新京橋→
旧号車 1 2 3 4 5 6 3 4 7 8
旧形式 5170 5270 5370 5470 5570 5670 5350 5450 5770 5870
車種 Mc1 M2 T T M1 M2 T T M1 Mc2
旧車番 5171 5271 5371 5471 5571 5671 5351 5451 5771 5871
5178 5278 5378 5478 5578 5678 5358 5458 5778 5878
新号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
新形式 5140 5240 5340 5440 5540 5640 5740 5840 5940 5040
車種 Mc1 M2 T T M1 M2 T T M1 Mc2
新車番 5141 5241 5341 5441 5541 5641 5741 5841 5941 5041
5148 5248 5348 5448 5548 5648 5748 5848 5948 5048

これにより中間T車2両を抜き取られ4連化した5151~58F及び併結相手の5751~58F(ただし後述の5757Fは除く)は今手川車管区に転属し,宮野線用となった。

その他事故廃車代替など


六京線追突事故で5183FのcM5183,M5283,T5383が損傷,修理不可能と判断され廃車された。その代替に5757Fを併結した。(この際にM5957とMc5057は電装解除。)

←新六王寺 新京橋→
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
形式 5180 5280 5380 5480 5580 5680 5780 5880 5980 5080
車種 Mc1 M2 T T M1 Mc2 T6d T6d M1 Mc2
車番 5183 5283 5383 5483 5583 5683 5783 5883 5983 5083
旧号車 1 2 3 4
旧形式 5750 5850 5950 5050
旧車種 Mc1 M2 M1 Mc2
旧車番 5757 5857 5957 5057
新号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
新形式 5750 5850 5960 5060 5580 5680 5780 5880 5980 5080
新車種 Mc1 M2 T Tc2 M1 Mc2 T6d T6d M1 Mc2
新車番 5757 5857 5967 5067 5583 5683 5783 5883 5983 5083

2020年,旗平車管区内での事故でT5746が損傷したため,代替としてT5483を2代めT5746に改番の上組み込んだ。

赤字は廃車,青字は休車。

編成表(現在)


旗平車管区(HH)


編成番号 ←新六王寺 新京橋→
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
形式 5140 5240 5340 5440 5540 5640 5740 5840 5940 5040
車種 Mc1 M2 T T M1 M2 T T M1 Mc2
車番 HH41 5141 5241 5341 5441 5541 5641 5741 5841 5941 5041
HH42 5142 5242 5342 5442 5542 5642 5742 5842 5942 5042
HH43 5143 5243 5343 5443 5543 5643 5743 5843 5943 5043
HH44 5144 5244 5344 5444 5544 5644 5744 5844 5944 5044
HH45 5145 5245 5345 5445 5545 5645 5745 5845 5945 5045
HH46 5146 5246 5346 5446 5546 5646 5746 5846 5946 5046
HH47 5147 5247 5347 5447 5547 5647 5747 5847 5947 5047
HH48 5148 5248 5348 5448 5548 5648 5748 5848 5948 5048
※5146Fのサハ5746はもとサハ5483

編成番号 ←新六王寺 新京橋→
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
形式 5180 5280 5380 5480 5580 5680 5780 5880 5980 5080
車種 Mc1 M2 T T M1 Mc2 T6d T6d M1 Mc2
最終更新:2020年11月10日 11:11