新都メトロ21000系電車

21000系電車は,新都メトロの通勤型車両。2020年に全ての車両が252000系及び361000系に改番された。本項目では最初から252000系,361000系として新製された車両についても扱う。

新都メトロ21000系電車
上段:前面(改番後の252101F,もと21101F)
下段:前面(252118F)
基本情報
運用者 新都メトロ
製造所 船橋重工業豊崎工場
製造年 2015年~
製造両数 現在240両/予定288両
運用開始 2015年11月12日
主要諸元
軌間 1,067mm
電気方式 直流1500V(架空電車線方式)
最高運転速度 100km/h
設計最高速度 120km/h
起動加速度 3.3km/h/s
減速度 4.2km/h/s(常用)
5.0km/h/s(非常)
車両定員 本文参照
全長 先頭車:20,200mm
中間車:20,000mm
自重 Tc1車,Tc2車:23.4t
M1車:29.8t
M2車:30.2t
T車:21.0t
全幅 2,820mm
全高 4,050mm
床面高さ 1,125mm
台車 ボルスタレス方式空気ばね台車「TiWing」
電動車:FHI-MB115
付随車:FHI-TB115
主電動機 かご形三相誘導電動機
FEI-IM113
主電動機出力 190kw
駆動方式 TD継手式中実軸平行カルダン方式
歯車比 99:16(6.19)
制御装置 フルSiC-FET素子VVVFインバータ制御
制動装置 回生併用電気指令式電磁直通ブレーキ
(全電気式)
保安装置 本文参照

概要


北榊線5000系を8両化するにあたって,不足する8本を補うために導入された。また2017~20年には増発(快速運転開始)用として12本が追加導入されているほか,常柏線用に50番台が4両20本導入されている。車体工法はNexsus 2.0,台車にも船橋重工製チタン合金製台車「TiWing」を採用。それによりステンレス合金製車両としてはかなり軽量化されている(アルミ製の車両より軽量なステンレス車両は珍しい)。

外観


前面帯は路線色ではなく,新都メトロのコーポレートカラーである青色を採用。側面の塗装パターンは窓上に青+路線色。2020年以降の導入車両(251117~20F及び361125F以降)では前面のデザインが変更されている。

内装


内装は淡青系で統一されているが,常柏線向け車両は吊革を緑色としている。なお一部車両(50番台の2・3号車)は扉間の座席が6人掛けとなっている。

走行機器


炭化ケイ素を材料に用いたMOS-FET素子を採用し,走行に必要な電力を削減している。1C1Mの個別制御であり,各電動車に4基ずつ搭載。主電動機は定格出力190kwの誘導電動機(北榊・東城線の車両は全てこれに統一されている)を搭載する。

今後の予定


2021年に予定されている常柏線の延伸開業に備えて,4連12本が追加導入される予定であり,一部はすでに新製されているが入籍を行っていない。
最終更新:2021年04月21日 16:46