[デュアルメモリ]

【デュアルメモリ】

ポップンミュージック うさぎと猫と少年の夢で登場した楽曲。
担当キャラクターは東雲夏陽(と東雲心菜)。
メディアミックス企画「ひなビタ♪」を出典とする、ここなつの担当声優が歌う曲で、「超進化」と称した稼働途中からの追加配信曲
ジャケットデザインはCUTEGが行っている。

デュアルメモリ / ここなつ
BPM:162
新難易度
EASY NORMAL HYPER EXTRA
7 26 38 45
ハイライト
EASY NORMAL HYPER EXTRA
4 4 4 4
 稼動途中から追加配信された、「ひなビタ♪」のここなつ関連3曲の内の1曲。関西圏を中心に活動する、テクノサウンドを主体にアジア系、ディスコを中心としたダンスミュージックを作りあげ話題を呼ぶ二人組のユニット「シェンフーシュバイツ」が作詞作曲をプロデュース。バージョンがIVになってから1ヵ月後にSOUND VOLTEXに配信されたのが初出で、ダブステ系の音を交えたやや遅めのドラムステップ特徴的。中華系のサウンドや歌詞から「ロンロンへ ライライライ!」を髣髴させる。
 メロディに沿ったLP配置が見られやすい。「<」押しやスライドの16分配置が目立つが、それ以外は比較的易しい配置が続き、特にサビからは大幅にゲージを稼げる。終盤のLP地帯は押し間違えないようにすれば大丈夫か。EXは「<」配置が二重になったり、特にAメロ後半が同時押し混じりの乱打になっているのが問題。ゲージがジリ貧になってもハイパーと同じくサビからカバーできるが、左右に振ってくるので一筋縄ではいかない。階段複合もあり、総合力が問われるだろう。

ハイライト発生箇所

番号 5Buttons / EASY NORMAL HYPER EXTRA
1
2
3
4

他のBEMANIシリーズへの収録

SOUND VOLTEX

  • IVで2017/01/26に登場。
    第4譜面のMAXIMUMまで存在しているが、全ての譜面をインプットすることなくプレイ可能。
  • EXH譜面は開幕から16分トリルや8分直角が頻発し、アナログデバイス操作を放置しながら鍵盤処理など、新難易度方式となったLv13ではとても難易度相応とは思えないほどの難しさ。
    特にIVのスキルアナライザーの天極では、第2回のAコースがここなつ曲のみで構成されている中、このEXH譜面が2曲目に位置しているという非情さ。
    かつて前作で[千年ノ理]EXHが含まれたコースを彷彿させる難関コースと化している。
    • 結果的にVIVID WAVEでLv13→14となった。
  • 韓国で稼働している筐体では、韓国のゲーム倫理機構による基準の見直しの影響で、2017/12/27よりこの曲のジャケットが出なくなっている。
    • 主に規制対象になったジャケットは、水着およびそれに準ずる衣装が描かれている、百合表現などの描写が見られるものである。

  • 富士見書房での小説・コミック連載も兼ねている作品・声優を起用しているということもあってか、コナミオリジナル曲ではキー音が入っていない楽曲である。
  • 「超進化」で追加配信された、これを含んだ解禁を要しない「ここなつ」(ひなビタ♪)関連曲としては、選曲画面でジャケット表示されているのは初の事例となる。
    しかし、2人1組での担当曲であるはずにも関わらず、ライバルキャラクターが条件を満たしたときに変化しないため、かつての[水月鏡花のコノテーション]と同じような不具合が起こっている(これは該当する他のここなつの2曲も同様)。

収録作品

AC版
ポップンミュージック うさぎと猫と少年の夢からの全作品

  • 2017/09/28より追加配信により登場。

CS版

ロング版収録

バイナリスター(CD)

関連リンク

ひなビタ♪
ここなつ
東雲夏陽
東雲心菜


楽曲一覧/ポップンミュージック うさぎと猫と少年の夢