300型 > フォルスラコス級航空母艦

CVN-300型/フォルスラコス級航空母艦



備考
分類 航空母艦(CV)
前級 270型/真鶴型航空母艦  
次級 8000型/ティタニス級大型航空母艦  


備考
全長 360m
全幅 115m
満載排水量 143000t
機関 PE N4200B ネザー機関 ×2(130000HP)(二番艦以降は×4)
EMU G3930DA ガスタービン ×4(120000HP)(一番艦のみ) CONAG方式(一番艦のみ)
合計出力 250000HP(二番艦以降 260000HP)
最大速力 29ノット
乗員数 1800名前後

解説

 クラフタリアの第三世代大型空母。艦名の「フォルスラコス」とは、かつて南米大陸に生息していた恐鳥類に由来し、同型艦の艦名も近縁種から取られている。
全長360ブロック/搭載機数80-100と210型270型の中間的な規模となっており、艦載機にはCMF-65EやCE-10、2番艦以降では1番艦建造時点で開発中だったCDF-70など最
新鋭のものが採用されている。

 船体の基本設計は210型を踏襲しているものの、搭載された機器類は全面的に刷新されている。特異な外観が目を引く長距離捜索用レーダーは、弾道ミサイルの追跡も可能な最新型。
機関構成は概ねバステト級のものを踏襲しており、13万トンの巨体を最大30ノット弱で航行させることが可能。やや非力ではあるが将来的な拡張が考慮され、流用によってコストや整備性に優れている。
本級は修正Ⅱ第5次海軍拡張計画の中で、玄武型軽空母の代替艦として調達された金糸雀型軽空母(後期型)4隻に続いて3隻が調達、その後第6次軍備拡張計画でも発展型2隻の建造が構想された。
 しかし予算不足により計画が遅延していくうちに、情勢変化でより強力な大型空母が求められたことから、発展型であるバッチ3の建造計画は中止された。




建造時/SE3014年 SE3037年時点
CBSAM-1 対空対水上両用コマブロ拡散砲 ×2
CBFCMG 3連装FC機銃 ×1
C4Iシステム RS-FCS ver10 mod1
ARWS-M5C コマブロC4Iシステム
レーダー DLR-200 超長距離捜索レーダー
AMR-5X journey対mobレーダー
艦載機 AAF-55C 戦闘攻撃機
CDF-70 戦闘攻撃機 ×24
CMF-65E 戦闘攻撃機
CMF-90C 戦闘機 ×24
  CMF-65E 戦闘攻撃機 ×36 ZFA-92B 戦闘攻撃機 ×24
CSH-5A 哨戒ヘリコプター ×4 CSH-7 哨戒ヘリコプター ×4
CMH-7 多用途ヘリコプター ×8
CE-10 早期警戒機 ×4

艦番号 艦名 分類 状況
CVN-301(36) フォルスラコス バッチ1(初期型) 現役
CVN-302(37) パタゴルニス バッチ2(中期型) 現役
CVN-303(38) フィロプテルス バッチ2(中期型) 現役
CVN-304(39) ブロントルニス バッチ3(後期型) 計画中止
CVN-305(40) ケレンケン バッチ3(後期型) 計画中止
     
合計 3隻運用中
最終更新:2020年12月05日 17:23