DOL研究所

八犬伝

最終更新:

dollabo

- view
管理者のみ編集可
プレイヤー名 joker
デッキ名   八犬伝

[デッキコード]
10627292p606w6U6W747d7D7M7N7R8k8n8L9Va2avbGcy

[ユニット] × 10
No003 アサシン × 1
No044 冥府の番犬ガルム × 3
No045 合成獣キマイラ × 2
No050 魔狼フェンリル × 3
No125 主神オーディン × 1

[マジック] × 30
No135 精神の秘箱 × 3
No143 未完のキューブ × 3
No144 封魔石の欠片 × 2
No147 生命の滅亡 × 1
No150 守備強制の原石 × 1
No158 ソーマの烙印 × 3
No161 生体転送 × 3
No162 魔道転送 × 1
No163 生命吸収 × 2
No173 援軍要請の蒼玉 × 1
No174 支援要請の紅玉 × 1
No182 降魔の蓮華門 × 1
No206 水柱の篭手 × 1
No208 八卦の篭手 × 2
No218 魔力の結晶 × 1
No242 魔物の武具 × 2
No260 闇の領域 × 2


解説 

八卦とオーディンデッキ

デッキ名の由来は南総里見八犬伝という小説から
八卦+オーディン → 八卦 and オデン → はっけえんどおでん → 「はっけんでん」
犬のような8体のユニットもデッキ名と掛けております

やりたい動きはかなり欲張りでオーディンと八卦を並べてマジックを思う存分使おうというもの
とはいいつつ理想が高すぎる自覚があるので実戦は中型ユニットを中心に戦うことになると思います
八卦もオーディンも結晶も出せれば強いけど出すのが大変なので余裕が生まれたら展開を考える感じです

考えたいのがユニットのCPと攻撃力がほぼ同じなので対応できる場面がかなり限られる事
八卦を採用してるにも関わらず緑泡を入れていない事 この二つです

攻撃力の方は魔物の武具を取り入れることでごまかせないかとあがいてます
二つ目の方は八卦を無理に展開しないことで問題を直視しないようにしてます

デッキテーマとコンセプトのおかげで結構きつい縛りがあるデッキだと思います
コンセプトを守りつつ多少変更を加えるならば結晶・水柱・滅亡あたりでしょう
なるべくコンセプトを壊さず、強さを求めるのは難しい事ですが、それが楽しさのひとつでもあります

このデッキに関してのコメントは以下のテキストボックスから
名前:
コメント:

最近更新されたページ