ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ

登場作品 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY
型式番号 MBF-P01-Re2
全高 17.99m
重量 73.2t
所属 オーブ軍
搭乗者 ロンド・ミナ・サハク
カイト・マディガン
武装 75mm対空自動バルカン砲塔システム イーゲルシュテルン×2
攻盾システム トリケロス改
50mmレーザーライフル
3連装超高速運動体貫徹弾 ランサーダート
マガノイクタチ
マガノシラホコ×2
ツムハノタチ
トツカノツルギ
オキツノカガミ
特殊装備 ミラージュコロイド
フェイズシフト装甲(右腕、マガノシラホコ先端部分)

【設定】

ヘリオポリスにて極秘裏に開発されていたアストレイシリーズの1機。
ロウ・ギュールとの決戦後、ソキウスに回収されたアストレイゴールドフレーム天をアメノミハシラで改良した機体。

ゴールドフレーム天の致命的な欠陥としてブリッツガンダム同様右腕がなくなれば戦闘力が大幅に低下してしまう点だった。
そこで機体各所への装備の追加や内部構造の強化を行った結果、大気圏内の単独飛行が可能となり、C.E.73年代の最新鋭機(ウィンダムムラサメ、バビ、ザクウォーリアグフイグナイテッド辺りか)にも対抗できるものとなった。
追加装備の大半は敵パイロットを殺さないように考えているため極めて癖が強いものが多い。

当初の脚部はゴールドフレーム天のままだったが、テスト運用時にライトクラフト・プロパルジョンで超加速状態のリジェネレイトを回避した際に全損したため、新たなハイヒール型のものに変更されている。

後にASTRAY 天空の皇女にてミナがサハク家の後継者と見定めた風花・アジャーへ譲渡した際に、全身の黒い装甲を白色にした天ハナへと改装され、更にラス・ウィンスレットに譲渡された際に150ガーベラ用のレアメタルを用いて全身に手を加えて天ハナ改=アマテラスへと改装された。
なお、ミナは自分用の機体として天ミナを基に右腕を左腕と同等の仕様(アストレイ系のもの)とした天ミナCを製造している。


【武装】

元々ガンダムアストレイゴールドフレーム天に装備されていた武装についてはそちらを参照。

ツムハノタチ

左前腕部に装備された鉤爪。格闘戦時の右腕のトリケロス改の取り回しの悪さを補う為に装備されたもの。
敵機体に引っ掛けてバランスを崩したり、自由を奪う事で、敵パイロットに大ダメージを与えることなく勝利する事を目的とした武装。
名称の由来は八岐大蛇の尾の中から出てきたとされる都牟刈大刀(天叢雲剣/草薙剣)から。

トツカノツルギ

左右腰部に装備されたレイピアのような細身の実体剣。ツムハノタチ同様にトリケロス改の取り回しの悪さを補う為のもの。
構造的に強度は強くなく斬り付ける攻撃には向かないため技量が必要だが、センサーや間接部などを狙う事で敵機体を戦闘不能に出来る。
名称の由来は須佐之男命が八岐大蛇を退治する為に用いた十束剣から。

オキツノカガミ

ビームシールドとビームサーベルの機能を併せ持った槍のような外見の複合兵装。ツムハノタチと選択式で装備する。
ビーム発振装置の基部はワイヤーで射出する事が可能で、アンカーとしての機能を持つ他、鞭のようにも使用できる。
ビームシールドはロウから流れてきたハイペリオンのアルミューレ・リュミエールの技術を応用したもの。
名称は十種神宝のひとつである沖津鏡から。


【原作での活躍】

ロンド・ミナ・サハクの居城であるアメノミハシラを守るためにミナとともに活躍している。
ジェネシスα照準合わせの事件の時はカイト・マディガンを気に入ったミナが搭乗を許したこともある。


【パイロット説明】

ロンド・ミナ・サハク

CV:勝生真沙子

ロンド・ギナ・サハクの双子の姉であり、身長190cmもある大女。
弟同様高い能力を持ち、作中で叢雲劾の喉元を片手で掴み持ち上げていたりする。
当初はギナと同じ思想を持っていたが、ギナの死から間もない内にロウと出会い、彼の考えている事から自身の考えを改め、世界の平和を考えるようになる。


カイト・マディガン

CV:大塚明夫

フリーのモビルスーツパイロット。
連合製・ザフト製を問わず「コレクション」と称した無数の機体を所有しており、任務の度に乗り換えている。
自分の実力に相当な自身を持ち、戦闘の際にもパイロットスーツを着る事がほとんどない。


【ゲーム内の活躍】

EXVS.FB

PS3のDLCで参戦。コストは2500。
基本的には天の上位互換で、カウンターや強力なアンカー追加が主な特徴。
更にマガノイクタチの弾数が増加したことで、チャンスさえあれば一気に耐久を回復出来るようになっている。
戦闘中のセリフとオキツノカガミを装備している点から『DESTINY ASTRAY』での天空の宣言後である。

EXVS.2

2019年9月5日からエクストラ機体として引き続き参戦している。


【勝利・敗北ポーズなど】

勝利ポーズ

通常時:オキツノカガミのビームの刃を展開して振るう
覚醒時:右足を上げた状態で空中に佇む

敗北ポーズ

片膝を付いている

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。