グフイグナイテッド

登場作品 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
形式番号 ZGMF-X2000(ハイネ機)
ZGMF-2000
全高 19.20m
重量 72.13t
所属 Z.A.F.T.
搭乗者 ハイネ・ヴェステンフルス
アスラン・ザラ
イザーク・ジュール
武装 MMI-558 テンペスト ビームソード
MA-M757 スレイヤーウィップ×2
M181SE ドラウプニル 4連装ビームガン×2
対ビームシールド

【設定】

ザフトがニューミレニアムシリーズとして開発した近接戦闘用量産型モビルスーツ。
名称のグフ(GOUF)は「Guardian Of Unity Forerunner」(統一の守護たる先駆者)の略称という名目
イグナイテッド(ignited)は英語で「火を付けられた」「着火された」などの意味を持つが、由来はDESTINY第1期OPから。
これはハイネ・ヴェステンフルス役が西川貴教氏に決定した折に監督が何に乗りたいかを氏に尋ねたところ、「グフがいい」という返答が返ってきた事から本機が生まれたためらしい。

ユニウス条約によってMS保有数が制限されたため、本来なら複数機が必要となる局地戦用機を単機で賄うべく、ウィザード(バックパック)の換装で対応したザクウォーリアザクファントム?からなるザク系に対し、こちらは四肢の換装によってザク系以上の対応性を持たせようとしていた。
主力機決定コンペでは整備現場の負担が大きくコストでも不利だとしてザクウォーリアに敗れたものの、標準仕様といえる状態でのザク系を上回る対MS白兵戦能力とディンに迫る大気圏内飛行を可能とさせる機動力という性能の高さを惜しんだザフト上層部の意向により、試作機としてFAITHなど一部のエースに配備された。
後に戦争の長期化によってMSの増産に迫られた事、そして主戦場が地上となっていた事から、試作機と同仕様のままナンバーからXが外されて量産機として生産され、赤服などのエースから優先的に配備された。
四肢の換装機構は採用されてないため目立たないが、その名残で手足の一定のブロック単位なら入れ替えによる修理が容易という利点もある。
初登場が地上でしかも売りの一つは高い飛行能力、そして陸戦用MSが元ネタという事もあって地上用かと思いきや普通に宇宙でも使える。

基本色は青だが、ザク系と同様にエース級にはパーソナルカラーが許可されており、ハイネ機がオレンジ、イザーク機が白となっている。FRAME ASTRAYSには自費で金色に塗装したルドルフ機が登場するが、後に修理に青色のパーツが用いられたためツギハギの様な姿となっている。

バリエーションとして四肢の換装による汎用性を誇示するための一例として右腕をレイダーの様な破砕球を扱うための出力向上型に、左腕を炸薬式万力であるインパクトバイス搭載型に変更されたグフクラッシャーが存在する。


【武装】

MMI-558 テンペストビームソード

「暴風雨」の名を持つ、ソードインパルスのMMI-710 エクスカリバーレーザー対艦刀と同系列の斬撃兵装だが、このタイプでは珍しく両刃。伸縮機構を備え、非使用時は縮んでシールドに収納される。

MA-M757 スレイヤーウィップ

両前腕部に収納されている格闘戦用の鞭。高周波パルスによる振動で赤熱化させる事で敵機や武装に叩きつけて破砕、あるいは絡みつけて拘束したり内部メカを誘爆させるなどの使い方がある。
ハイネ機だけ赤熱化する描写が無かったが、HDリマスター版では赤熱化していたため設定が変遷したものと思われる。
元々はグフ・カスタムの様なワイヤー型としてデザインされたらしいが、監督の意向で現在の様な形状になったとの事。

M181SE ドラウプニル4連装ビームガン

両前腕部に内蔵された4連装のビーム砲。短射程だが1発でMSを撃墜可能な上、交互に連射する事でマシンガンの様な弾幕を形成可能。
手にテンペストやスレイヤーウィップを保持していても使用が可能。
名前の由来は北欧神話の最高神オーディンが持つ金色の腕輪から。

対ビームシールド

左腕に装備する専用シールド。衝角を生かした打突が可能でテンペストの鞘を兼ねている。
ハイネ機ではガイアのヴァジュラビームサーベルを受け止めたが、一般機ではデスティニーのアロンダイトに真っ二つにされたのはともかく、ムラサメのビームにもあっさり貫かれたりしている。グレードでも下げたのだろうか?


【原作での活躍】

特務隊FAITH所属のハイネがミネルバに配属されると共に試作機扱いでハイネ機がミネルバに配備される。
ダーダネルス海峡の戦闘においてムラサメを撃墜したりウィンダムの腕を破壊したりステラのガイアとの戦闘を優位に進めたりとする中、アークエンジェルとキラのフリーダムの無差別介入により戦闘を中断してフリーダムとの戦闘に切り替えるが、ドラウプニルの連射を躱されて接近を許し、すれ違い様に右腕を切断される。
その後も介入行動を続けるフリーダムに気を取られ続け、同じくフリーダムに攻撃しようとグリフォン2ビームブレイドを展開したガイアの進路に入ってしまい、接近に気付かないまま背後から胴体を真っ二つにされ爆散、ハイネも戦死し、結果的にはグフで良い所はあまり見せられずに終わってしまった。

一般機は35話から対ロゴスの決戦に備えてジブラルタル基地に配備される形で登場。
アスランがジブラルタル基地から脱走する際に足として青色の一般機に搭乗するが、追撃に出たシンのデスティニーとちゃっかり搭乗したレイのレジェンドの連携によって撃墜された。
ヘブンズベースでのオペレーション・ラグナロクでは量産機として初陣だけあって奮戦するが、デストロイには蹂躙されてしまった。
エターナル襲撃時には主に赤服が搭乗してバルトフェルドのガイアとエターナル、途中参戦したキラのストライクルージュ相手には数の利もあって追い込むが、キラのストライクフリーダムにはザク含めて25機がかりでも全機が戦闘不能にされ、母艦のナスカ級も航行不能にされてしまった。
オーブでのオペレーション・フューリーではバビ共々主力として参加し、ムラサメとM1アストレイ相手には互角だったが、一時的に戦線に加わったストライクフリーダム、そして終盤に参戦したドムトルーパー3機には蹂躙され、結果としては攻めきれずに撤退した。

レクイエムの中継ステーションであるグノー、フォーレ周辺での地球連合軍との戦闘では相手が同性能以下+ナチュラルという事もあって蹂躙はされず終始優勢だった。
白のイザーク機もディアッカの黒いブレイズザクファントムと共にこの戦いから登場し、連携でザムザザーを撃破したりしている。

ステーション・ワン、レクイエム及びメサイア攻防戦では数の利があったはずだったが、ミーティアを装備したストライクフリーダム及び∞ジャスティスには圧倒的な火力によって防衛網を突破されて中継ステーションの破壊を許し、レクイエムとメサイアの破壊を阻止するためにアークエンジェルやエターナル等に雪崩れ込むもシラヌイアカツキ、ドムトルーパー、そしてオーブ軍や地球連合軍のMSの勢いを止めきれず、最終的にレクイエムは破壊されてメサイアは月面に沈められた。

ガンダムシリーズの量産機の常とはいえ、ウィンダム程ではないにしろやられ役が多い。これは物語の主観がザフトからオーブに移り始めたタイミングで登場したためだろう。


【パイロット説明】

ハイネ・ヴェステンフルス

CV.西川貴教

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦を戦い抜いたザフトのエースパイロットでその功績により「FAITH」に任命された。
ブレイク・ザ・ワールドが起こった後、ギルバート・デュランダルに任命されミネルバに着任した。
親しみやすいフランクな性格をしており、あっという間にミネルバに馴染む一方で戦士としての心構えもあり、オーブと戦うことに悩むアスランに諭す場面も見せた。
ただ、声を担当したのが西川貴教氏であるため、氏のスケジュールの都合もあってゲストキャラクターと言ってもいい扱いであり、着任した直後の戦いでフリーダムによって武装を破壊された後フリーダムに攻撃しようとしたガイアに背後から攻撃されて撃墜された。この際青空にハイネの笑顔が浮かぶという(HDリマスターでは削除)何とも言えないシーンを披露した。
あっけなく散った人物ではあったが視聴者の印象には残り、ファンからは出番の短さの割に人気が高い。
声がないため西川氏のスケジュールを気にしなくてもいい漫画版では扱いが違っており、THE EDGEではアニメよりも早く加入してアスランの相談役を務め、ボンボン版では初登場がコアスプレンダー状態のインパルスが撃墜されそうな場面で月をバックに登場し危機を救うといったド派手な登場、その後もシンとアスランの仲を取り持つなど存在感をアピール、最期も武装がない状態でガイアから攻撃されたシンを庇って死ぬという最期を遂げた。
また小説版においては、シン達との関係はアニメと変わらないが、開戦直後の戦いに専用カラーリングのザクで参戦していたことが明言されている。

もし彼が生きていた場合専用のデスティニーを受領し、特殊部隊の主力として配属されていたとか。

声を担当した西川貴教氏をモデルにしたキャラであり、誕生日は同じ9月19日、ハイネはかつて西川が所属していたバンドでの名前から、ヴェステンフルスはドイツ語で「西の川」から来ている。

西川氏のスケジュールの都合もあり、スパロボやGジェネでは殆ど愛機の専用グフだけの参戦となっていたり、即刻退場するなど不遇。この境遇は劇場版00で俳優の勝地涼氏が演じたデカルト・シャーマンにも同じことが言える(ただし彼はGジェネにはボイス付きで出たが、スパロボでは一貫して出オチ担当となっている)。
ただ、DSで発売されたスパロボ「K」及び「L」では声がない作品なので問題なく自軍加入する。特に「L」では序盤に加入し最後まで一切死亡しないので思う存分活躍できる。ただ3DSからボイスが付くようになったので今後出番があったらどうなるか…

【原作名言集】

  • 「お前、誰となら戦いたい?」
  • 「割り切れよ、でないと……死ぬぞ」
    • オーブ軍、アークエンジェルと戦う事になって迷いが見えたアスランに対して言ったセリフ。西川氏のアドリブだとか。皮肉なことにアスランが割り切りだしたのはザフトを裏切ってからだった。
  • 「ザクとは違うんだよ!ザクとは!」

  • 「便所掃除3回!ブリーフィングに遅刻した罰ならそんなもんでしょ」
    • ボンボン版で、溺れているステラを助けていたため緊急徴集に気づかず遅刻(着いた時には終わっていたが)してしまい、それを責めるアスランにシンが言い訳をしようとし一触即発なムードが漂った時の発言。これによりその場は収まった。
  • シン「ヴェステンフルス隊長!」
  • ハイネ「だーかーら、ハイネだって…」
  • シン「ハイネーーッ!!!」
    • ステラの攻撃からシンをかばい、機体が爆散する時の台詞。戦闘後にシンがハイネの最後の命令通りトイレ掃除を行っているのがなんとも切ない。


【ゲーム内での活躍】

連合VS.Z.A.F.T.シリーズ

アーケード版「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合VS.Z.A.F.T.II」において一般機がコスト420で、ハイネ機がコスト450で登場。
どちらも細かな差異があるもののスレイヤーウィップを駆使した高威力の格闘コンボが持ち味となっているが、反面射撃は貧相な格闘寄りの機体となっている。また、スレイヤーウィップはバリアやカウンター系の武装を無視するというシリーズでも珍しい独自の特性を持っている。

PS2ソフト「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合VS.Z.A.F.T.II PLUS」ではイザーク機がコスト450で登場している。こちらはサブのスレイヤーウィップが薙ぎ払いではなくガード判定付きの振り回しとなっている。

本作は西川氏による音声が収録されているため、プレイヤーとしても思う存分活躍させてあげることが出来る。
家庭版では同じ声のミゲルとの夢の競演が果たされており、専用台詞まで用意されている。

EXTREME VS.MB

後述のフォース参戦に伴いマキシブーストにも参戦。FORCEより武装欄が一つ多いのでアシストとしてセイバーガンダムも登場。
取り回しのいいビームマシンガンとサブで二種類の鞭、ピョン格含む中々の格闘、鞭で捕縛してから引き寄せか唐竹割りできる特格、アスラン呼び出しと格闘機として素直な性能を持つ。
武装自体はシンプルではあるが、射撃武装がメインしかなく、アスランは単体では役に立ちにくいのでなるべく格闘戦のできる前衛と組んで暴れたいところ。射撃戦だと苦戦を強いられるだろう。
今後の研究に期待がかかる。

余談だが、MB.では前作から西川氏の曲の内、「INVOKE」と「ignited」がなくなり、「Zips」しか収録されていないので、有料会員にならなければ西川氏の曲をバックに戦えない。

EXTREME VS. FORCE

ハイネ機がコスト2000で登場。
西川貴教氏によるボイスの新規収録が久しぶり(おそらくは「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合VS.Z.A.F.T.II」以来)に行われている。
氏がSEEDおよびDESTINY以外のガンダム作品と共演するのはこれが初となる(以前のゲームではハイネ自体は出ている事があってもボイスが付かなかった)。
尚、氏は本作の主題歌、『Inherit the Force ~インへリット・ザ・フォース~』も担当する。
しかし、今作は従来の2on2よりも複数の機体や戦艦、MAを同時に相手にすることの方が多いので、格闘機には逆風が吹いており、おまけに(発生が遅いが)火力の出るセイバーを失ったのが地味に痛い。
一方で、ユニコーンまでの宇宙世紀中心の本作としては珍しく専用ミッションがいくつかあるなど他のアナザー機体より優遇されている。
そして、本機を使うと本作の主題歌が流れる。


【勝利・敗北ポーズ】

勝利ポーズ

  • 通常時:シールドからテンペストを抜いて構える。
  • 覚醒時:スレイヤーウィップを振るった後に収納し、右腕を突き出す。

敗北ポーズ

  • 胴体が両断された状態から爆散する。原作でガイアに撃破されたシーンの再現。多くのプレイヤーが期待予想していたものだが、流石にガイアが通りすがったり笑顔が浮かんだりはしない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。