ガンダムアストレイゴールドフレーム天

登場作品 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
型式番号 MBF-P01-Re<AMATU>
全高 17.99m
重量 73.2t
所属 オーブ連合首長国
搭乗者 ロンド・ギナ・サハク
武装 75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」×2
攻盾システム「トリケロス改」
マガノイクタチ
マガノシラホコ×2
特殊装備 ミラージュコロイド
フェイズシフト装甲(右腕、マガノシラホコ先端部分)

【設定】

ヘリオポリスにて極秘裏に開発されていたアストレイシリーズの1機。
ゴールドのカラーリングはオーブ軍において、五大氏族など特別な人間が乗る機体を表す。
レッドフレームを取り返すべく宇宙でロウに襲いかかるが、一発逆転の光雷球で頭部を破壊されてしまう。
このため、モルゲンレーテ本社においてヘリオポリス脱出の際に使用したデュエルのバズーカの影響で破損し、切り離した右腕と破壊された頭部の修理を兼ねて極秘裏に回収したブリッツの右腕と新規開発された装備を用いて改修した機体がゴールドフレーム天(未完成型)であり、ギガフロートでの戦闘で得たデータから更に改修したのが本機である(ただし、本機も完成体というわけではない)。


【武装説明】

「トリケロス改」

回収されたブリッツの右腕に装着されていたトリケロスを改修した装備。
シールドにビームサーベル、50mmレーザーライフル、3連装超高速運動体貫徹弾「ランサーダート」を内蔵している。
ビームサーベルとレーザーライフルの発振機の統一(ただし詳細な資料は現在無し)、シールド先端の鋭角化による実体刃の追加が施されている。
弱点としては、やはり武装が詰め込まれすぎておりこの装備が破壊されると、天の攻撃武装がほぼ壊滅してしまう事。このため、天ミナでは本装備の他に追加武装が施されている。

この「実体盾に複数の武装を取り付ける」というブリッツから得たシステムはザフトでも高い評価を得ており、その後同軍の開発するゲイツプロヴィデンスドレッドノートといった機体に取り込まれる事になった。

マガノイクタチ

ゴールドフレーム天で装備された試作兵器。機体に取りついて先端のクローで機体のエネルギー(電力)を奪い取ることができる。設計段階では自機の周辺にコロイドを展開し、そのエリアに踏み込んだ敵機全てを対象にバッテリーを強制放電させるはずだったが、コロイドを空間に展開するのは機体表面に定着させるのと違いロストする量が多すぎて正常に作動しなかった為、現在の敵機に直接接触してエネルギーを吸収する仕様に変更された。のちに触れずとも、強制的に放電できるようになった。
ちなみにマガノイクタチは漢字で「禍ノ生太刀」と記述し、「敵に禍をなし、自らを生かす武器」という意味を持つ。

マガノシラホコ

マガノイクタチに付属する射出武器。射出時に先端がフェイズシフトし強固になる為、通常のシールドなどは簡単に貫くことができる。またワイヤーで本体と繋がれている為何度でも使用できる。ただし、射出される先端部はバーニアを持っていない為、射出後の軌道コントロールはできない。だが、ロンド姉弟は優れた使用技術によって射出後のマガノシラホコをある程度コントロールできる。

ミラージュコロイド

オーブ近海で極秘裏に回収したGAT-X207 ブリッツの右腕を解析することによりその能力を取り込むことに成功した。
移植に伴い右肩アーマーの上部には赤いラインが施され、右腕のマニピュレーターの指先は鋭角化されている。また全身の白い装甲はミラージュコロイドを定着・使用するため黒色の装甲となり、右腕のみPS装甲を展開させられるようになった。

白よりも目立つ金色の部分はそのままでもコロイドの定着に問題がなかったということだろうか?


【原作での活躍】

中立の立場で民間用の物資移動のために建造された、マスドライバー搭載ギガフロートの護衛を行なっていたロウ・ギュールに戦闘を仕掛け、ミラージュコロイドを利用した奇襲・撹乱戦で優位に立つが、ブルーフレームの救援もあり撤退。この時のデータからモルゲンレーテで再改修を受ける。
宇宙に上がったロウ達に再び戦闘を仕掛け、やはりここでも優位に進めガーベラ・ストレートも叩き折るが、救援に来た劾からタクティカルアームズを受け取ったロウに敗北、しかしトドメは刺されずに見逃される。
立ち去るロウを攻撃するが折れたガーベラの刃にビーム攻撃を阻まれ、劾によってコックピットをアーマーシュナイダーで抉られて沈黙。
機体はソキウスに回収され、オーブ所有の宇宙ステーション「アメノミハシラ」でさらなる強化改造を受ける事となる。


【パイロット説明】

ロンド・ギナ・サハク

CV:飛田展男

オーブの五代氏族の一つであるサハク家の長男。
姉のミナとは双子であり、2人とも養子だがコーディネーターとして高い調整を施されている。
元々中立を貫くウズミ・ナラ・アスハに良い感情を持っておらず、ミナと共謀しモルゲンレーテ社を通して連合のモビルスーツ(いわゆる初期GAT-Xシリーズ)の建造の請負いを裏で進める(SEED第1話でウズミの娘カガリがヘリオポリスにいたのもこの事実を確かめるためである)一方で設計データを盗用し、アストレイシリーズの建造も行っていた。
オーブ攻防戦でのウズミを筆頭とした氏族頭首達の死を期にサハク家を継ぎ、兼ねてから計画していた「支配者による統治世界の構築」を成功させるべく本格的に表舞台に出てくることとなる。
邪魔になるであろうカガリの暗殺や個人的に確執のあるロウ・ギュールを付け狙うもことごとく失敗、最期は見逃されたところを後ろから攻撃するが、ガーベラ・ストレートの刃に阻まれて失敗。錯乱していたところを叢雲劾によって殺害された。

VSASTRAYにてカーボンヒューマンとして蘇り、まさかの復活を果たす。自身を殺害した劾を付け狙うようになっている。

中の人が飛田展男さんなのは、劾が井上和彦さんであることも含めて作者の要望だとか。
余談だが同じく声を当てた「ジョジョの奇妙な冒険」に出てくる『ストレイツォ』に似てるため『スト様』と呼ばれたりする。
動画などでギナ機が撃墜された時は『あーん、ギナ様が死んだ!』等と書き込まれることも(ストレイツォ死亡時の読者ハガキに由来)。


【ゲーム内の活躍】

EXVS.

第6弾アップデートでザクIII改と共に参戦。コストは2000。
ミラージュコロイドによる急接近、2500高機動機に迫るブースト性能をもって格闘戦を仕掛ける近接寄り万能機。
初のHP回復攻撃「マガノイクタチ」を装備。これをうまく使って長時間耐え凌ぐかが勝敗を分かれる。
射撃武装の性能は低めで、格闘のかち合い判定も並程度なので見合うと辛い。機体イメージ通り闇討ちを主体にダメージをとることを要求される。

EXVS.FB

2/26のアップデートに登場。
やはり、ミラージュコロイドの急接近をいかに使うかが決め手となる。

EXVS.MB

全機体の耐久が上昇した事に合わせて、特格・覚醒技の回復量も上昇した。
ただし本作から導入された、耐久が一定値を切ると発動するドライブシステムとの噛み合いが良くないという欠点も生まれた。
他にも射撃火力や特射の回転率も上昇している。
グラフィックの質が変化した事により、素体部分の金色が前2作より強調されている(これはストフリの関節部なども同様)。

EXVS.MB-ON

全機体の耐久が無印orフルブースト基準に戻ったが、回復量は前作から据え置きとなり実質強化された。
また、覚醒とオーバードライブが統合されたのも嬉しいところ。

EXVS.2

特殊格闘の弾数が撤廃された事により、何度でも使用可能になった。
この他にも新たに前特射が追加されている。


【勝利・敗北ポーズなど】

勝利ポーズ

通常時:ミラージュコロイドを解除して姿を現す。
覚醒時:マガノイクタチ・マガノシラホコを翼の如く掲げて神々しく佇む。

敗北ポーズ

コクピットにナイフが刺さり、トリケロス改・右のマガノイクタチがなくなっているなど原作でブルーフレームセカンドにトドメを刺された状態で宙に漂う。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。