ヤークトアルケーガンダム

登場作品 機動戦士ガンダム00V
形式番号 GNW-20000/J
全高 20.9m
重量 99.4t
所属 イノベイター/リボンズの私兵
主なパイロット アリー・アル・サーシェス
主な装備 GNバスターソード×2
GNビームサーベル×2
GNファング×12
GNミサイル×12
GNランチャー
特殊武装 GNドライヴ[T]×3
GNステルスフィールド
コア・ファイター
トランザムシステム(擬似)

【設定】

スローネシリーズの発展型であるアルケーガンダムにガンダムスローネのコンセプトを集約させた対多数戦用形態。
スローネアインのGNランチャー、スローネツヴァイのGNバスターソードとGNファング、スローネドライのGNステルスフィールドを搭載する。

武装を追加するにあたって右側にGNランチャー、左側にGNバスターソードの収納ラックを有するバックパックが新たにコア・ファイターの上から接続され、GNステルスフィールドの機能の実現のためか腰部のアーマーが大型化されており、ついでにGNファングのコンテナも大型化している。GNバスターソードを両手に装備する事があり、加えて特に必要に迫られる事も無いと判断されたのかGNシールドは取り外されている。

GNステルスフィールドによる敵部隊の分断と撹乱と孤立、GNランチャーによる遠距離砲撃での殲滅、GNバスターソードとGNファングでの接近戦による制圧という本来スローネ3機で分担されていた役割を、段階を踏んで行うか、あるいはサーシェスのセンスに任せて瞬時に切り替える事で1機で行える様になっている。

大部隊との1対多での戦闘を想定した重装形態であり、装備重量で運動性が大きく低下するとされるため、ソレスタルビーイングなどの少数精鋭部隊との戦闘には投入される事はなかった。
多数を相手にするために重装化するという点で後のCBのサバーニャハルートと同じコンセプトで進化を遂げた事は面白いかもしれない。

【武装解説】

GNバスターソード

ノーマル状態から引き続き装備するが、2本に増やされ、収納用のラックがバックパック左側に新たに用意されている。

GNビームサーベル

引き続き両爪先に搭載。両手がGNバスターソードで塞がっても本武装の使用に影響は無いため使い勝手は変わらない。

GNファング

左右のスカートアーマー内に引き続き搭載される。収納場所が大型化した事で搭載数が12基に増えている。

GNミサイル

GNファングと換装してスカートアーマー内に搭載される。弾頭がGNファングと同じくらいの大きさがあるため、最大装弾数は同じく12基。

GNランチャー

スローネアインのものとほぼ同型で、バックパック右側に接続される。
かつては2機の接続による粒子供給が必要だったGNハイメガランチャーはトランザムを使用する事で単機で同等の火力を再現可能となっている。

GNステルスフィールド

スローネドライのものと同等の役割を発揮可能だが、他の武装やコア・ファイターとの兼ね合いか搭載箇所は両腰アーマーとなっている。

【原作内での活躍】

デボラ・ガリエナが所属していた地球連邦軍のMS部隊とカタロンのMS部隊双方と戦闘になり、デボラ以外を殲滅している。

『ガンダムEXA』ではGNデータ内の西暦2314年の世界にて、ダイブしてきたレオスと交戦。
データの歪みの影響で、ELS襲来の時代でもサーシェスが生存している世界となっている。
何故ELSと一緒にいても襲われなかったのかは不明。
(CBのマイスター達は健在であるため、単純に逃げ延びた模様。)

【パイロット説明】

アリー・アル・サーシェス

詳細はこちら

【ゲーム内での活躍】

EXVS.2

公式大会『プレミアムドッグファイト2019』の終盤で、ナラティブガンダム共々参戦が報じられた。
コストは3000で、疑似太陽炉搭載機としては2体目のコスト3000機体となり、00Vとしては初の刹那機以外の参戦となる。

スローネ全部乗せに違わず豊富な射撃を有しており、単発ダウンCS、ミサイル、ファング、レバー入れで3種類のゲロビが使える。
勿論格闘もダウンを拾える前格、ピョン格、覚醒技のようなアルケー後特のような長時間拘束大ダメージなど見た目も性能もド派手な格闘と魅力。
さらにステルスフィールドも使用可能で数秒だけだが移動しながら自分と僚機の誘導を切れる。

覚醒はトランザム覚醒となっており、覚醒技は乱舞からの上空からゲロビ照射。途中でかつてツヴァイがエクシアにされたような連続切りもある。

そのPVで見せたド派手さから多くのプレイヤーから「またぶっ壊れを作ったんじゃないのか」と思われていたが、アルケー同様変則移動で襲いかかってくる機体ではあるがアルケー程初段性能に優れているわけではない上、射撃だけだとわりと息切れがしやすい、能動的な下りテクがないなど勝つには格闘を決めなくてはならなくなっているという事が明らかになったうえ、格闘機であるためギス3や騎士、Hi-νを初めとしたぶっ壊…運営に愛された機体どもと相性が良くないのもあり、ライトニングやベルディゴの再来とはならなかった。ナラティブがそっち側にいる気もするが


なお、藤原啓治氏のボイスは新録ではあるが、ゲームではアニメと違い演技指導がいないこと、病気による休業から復帰したばかりというのもあり、アルケーの時と比べて声が高くなっている。
ただし、完全新録というわけでなく、ファング及びミサイル使用時の「くらえ!」や「いけぇ!」など、一部のボイスはアルケーからの流用となっている。

【勝利・敗北ポーズ】

勝利ポーズ

通常射撃:メガランチャーを展開してからのフェイスアップ
通常格闘:一回転して2本のバスターソードを構える
覚醒時:トランザム状態で武装全開

敗北ポーズ

両腕、頭部が無い状態で黒焦げた状態で座礁している
2nd24話でトライアルフィールドで機能不全に陥った後にケルディムにトドメを刺される前の再現か。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。