ガンダムハルート

ガンダムハルート

登場作品 劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
形式番号 GN-011
全高 19.0m
重量 77.1t
所属 ソレスタルビーイング
主なパイロット アレルヤ・ハプティズム、ソーマ・ピーリス
主な装備 GNソードライフル×2、GNキャノン×2、GNシザービット、GNミサイルコンテナ
特殊装備 トランザムシステム、マルートモード
追加武装 GNバーニアユニット

【設定】

ガンダムキュリオスアリオスガンダムの後継機として開発された太陽炉搭載型MSで、アリオス、ザンライザー、GNアーチャーの設計を取り込んだアブルホール系列の集大成となっている。
名前の由来はアリオス(堕天使)の流れを汲むイスラム教の二人の堕天使「ハールートとマールート」。

ガンダムタイプとしては初の複座式コックピットを採用、パイロットはアレルヤ(操縦)とマリー(火器管制)が担当。
ティエリアが抜けた穴を埋めるために重武装化した結果、従来の可変型ガンダムと違い高い機動性と高火力を両立したが、その分パイロットにかかる負担も大きくなる。しかし複座式にすることにより役割を分担し軽減している。

最大の特徴はアレルヤとハレルヤの反射と思考の融合、そしてソーマの三位一体で発動するマルートモード。
起動させると頭部バイザーとマスクが展開(フェイスオープン)して2×3組の赤い六つ目となり、各人に対応した3種類の専用OSが起動、機体に施されたすべてのリミッターが解除される。
この状態になると機動性が更に上昇して全武装を同時に使用できるようになり、GNシザービットに関しては視聴者とELSが反応できない(速すぎて取り込めない)程の速度となる。しかもこの機能はトランザムシステムとは別になっている。

他にもコンセプトとなる「三位一体」の通りビームライフル、シザー、ソードの3つの機能を持つGNソードライフルや、キュリオス同様ミサイルコンテナを追加装備できる。

【原作での活躍】

連邦政府の宥和政策により封印していたが、ELSの襲来の際に使用。
この時はアレルヤとマリーの間に信頼があり、アリオス・GNアーチャーのような問題は無かった。


最終決戦時には、追加武装のGNバーニアユニットを装着して出撃した。
アレルヤ&ハレルヤ+ピーリスの同調によりマルートモードを起動した際には、ELSにも、視聴者にも反応不可能な速度のビット(ディスク化された際にはエフェクトが追加されようやく視認しやすくなった)、そして簡易ライザーソードとも言える威力のGNキャノンで大暴れをした。
しかし、圧倒的物量差、ELSに同化されそうになった一般兵を助けて回った結果としてELSの物量差に押され機体が侵食され大破したが、パイロットは無事に脱出した。

ELSとの対話後を描いた朗読劇では修復できたのか、それとも予備パーツから組上げた2号機か不明だがアレルヤ及びピーリスの機体として使用されていた。


【パイロット説明】

アレルヤ・ハプティズム

1stに関してはこちらを参照。
2ndに関してはこちらを参照。

終戦後はCBを離れ(一時的な離脱扱い)マリーと共に旅に出ていたが、旅先でELSに襲われたところをロックオンに救出され、復帰することとなる。
この時に
火星圏でのELSとの戦闘では脳量子波に反応するELSの特性を利用し、脳に損傷を受けた刹那を搬送するサバーニャの囮になるために単騎で戦闘を行い、その後ソルブレイヴス隊の救援によって無事に撤退する。
最終決戦では武装を追加されたハルートで出撃、マルートモードとトランザムで大暴れしたが機体は大破してしまう。
しかし刹那の対話が成功したこともあり、機体は失ったものの怪我も無く無事に脱出して終戦を迎えた。

ハレルヤとの人格交代や人格統合が自由に行なえるようになったため、MS戦闘だけではなく生身でもTV版以上の活躍と大暴れを見せてくれた。
特にマルートモードでの戦闘シーンはアレハレファン歓喜の時間。

ちなみに劇場放映版及び小説版ではアレルヤとマリーもイノベイターに覚醒していたが、ディスク化においてそのシーンは修正されて普通の目になっている上、続編の朗読劇版では特に触れられていないため、(少なくとも現段階では)イノベイターに覚醒していないのが公式設定だと思われる。

余談だが、「スパロボ」では沙慈の見ていた劇中作の映画ではアリオスに女性が乗っていたことから、他作品の特に子供からアレルヤではなくマリーがマイスターだと思われて気にしたり、3DS系だと初登場シーンで彼らだけでは入れないような施設や地図から抹消された封鎖されている島にいること、さらに劇場版00が初参戦した作品だとEDでELS本星に旅立ったトレミー組+マネキン夫妻、アンドレイ、グラハム、キラの中におらず、マリーと二人だけ出番がないままスタッフロールに移行し、最後の最後にオリジナル主人公たちと一緒に孤児院を運営しているというある意味最大級に目立つ役割を与えられたりとファンを毎回楽しませている。

ソーマ・ピーリス(マリー・パーファシー)

イノベイターとの最終決戦で機体が損傷した際にマリーの人格に戻り、それ以降はマリーが表に出ている。
しかし、戦闘ではピーリスの人格が表に出てマリーは下がっている事からアレルヤ達とは違い日常生活はマリー、戦闘はピーリスとお互いに役割分担をしている模様。
前大戦ではピーリスのアレルヤに対する信頼が低く、GNアーチャーとアリオスの連携ができていない場面が多かったが、今回はお互いを信頼しガンナーとしてアレルヤ(ハレルヤ)を支えた。

最終決戦で機体が大破したが、アレルヤと共に怪我も無く無事に脱出している。


【原作名台詞】(ア:アレルヤ、ハ:ハレルヤ、ピ:ピーリス)

  • ハ「御託はいい…やるだけだぁ!」(劇場版機動戦士ガンダム00-A wakening of the Trailblazer-)
  • ハ「いいか、反射と思考の融合だ!」ア「わかってる!」ピ「了解!」ハ(ア)「いくぜえぇぇ!」(同上)
    • マルートモード起動時の台詞でPVにも登場、この時のハレルヤの悪人面は有名。
  • ハ(ア)「これが、超兵の力だぁ!」ア(ハ)「違う!未来を切り開く力だ!」(同上)
  • ハ(ア)「てめぇの行為は偽善だ!」ア(ハ)「それでも善だ!僕はもう…生命を見捨てたりはしない!」(同上)
    • ハレルヤに言い負かされ続けたアレルヤが初めて自分の意見を貫き、言い返した瞬間。
  • ア「切り開くんだ!」ピ「未来を!」ア&ハ「「明日を!!」」(同上)
    • この「明日を!!」は「二人が同時に喋っているように」という監督からの要求のもとに収録しているが、吉野裕行氏はこれを一発でやってのけたとのこと。余談だが、MBの覚醒技でもこの台詞が聴けるのだが、若干ハレルヤよりに聞こえる。


【ゲーム内での活躍】

EXVS.

7月20日に追加されたダブルオークアンタの武装アシストとしてガンダムサバーニャと共に登場。
クアンタムバースト時のみに使用可能。
ビームキャノンを3発撃ちながらミサイルコンテナからミサイルを垂直発射する。
NEXTのキュリオス+EXVS.のGNアームズType-Eだが、足して更に強化してあるので性能は優秀。
劇場版00OPムービーではボイスが付きMSの姿で登場した。

EXVS.FB

前作よりパワーアップした。パワーアップ内容それは
ボイス追加
である。ついにアレルヤ(ハレルヤ)が戦場でしゃべるようになった。
しかしそれと同時にプレイアブルとして登場の希望が薄くなった瞬間である。しかしアレ

かなり後にDLCとして参戦。MBより耐久が少ないのに相変わらずマルートチャンスは残っているのでダメージレースでは不利になりやすいかも。
とはいえ変形ゲロビはMBやONと同性能なので練習することは出来るので買ってみてもいいかもしれない。

EXVS.MB

2015年3月に待望のプレイアブル解禁となる。
これで00のガンダムがようやく同世代でプレイアブルとして勢ぞろいすることになったのだった。コスト3000で一撃離脱を得意とした万能機のスタイルになる。パイロットカットにはマリーの姿もある。
通常時、変形時共に多彩な武装を持っており、通常時のメインはウイングゼロ同様CSで性能を切り替えることが可能。変形時の特殊射撃はミサイルを撃ち尽くした後はコンテナをパージして巨大な爆風を起こす。
体力が280以下になるとマルートモードが発動され、機動力と武装が強化(シザービットを足を止めずに撃てる、サバーニャの覚醒技の劣化版のようなゲロビを撃つ後サブの追加、リロード向上)される。
変形特射のミサイルは非常に誘導が強く、初見だと理不尽なほどに当たるだろう。
射撃も種類が多く、格闘もなかなかの性能で火力も伸びやすく、機体の作りこみもなかなかに気合が入っている。
しかし耐久が700と低めでかつ迎撃択が少ないため、事故に弱いのと、一番の問題点が、マルートモード発動時。
バンシィのように無敵時間中に顔がアップになり、劇中のように六つ目になる演出があるのだが、無敵時間が短く、カメラ変更により戦場が見にくく、ストフリのドラグーンフルバーストのような射撃を置かれると直撃してしまう。最悪そのまま蒸発することも。マルートチャンスとも言われる。相手にとってだが。
この機体を使う時は超兵のように常に敵二機と相方、そして自分の武装を把握して戦うことが求められるだろう。

余談だが、劇場版00の機体の覚醒が全機トランザムとなっているが、オリジナルのGNドライブ搭載機が3000、擬似GNドライブ搭載機が2500という配分になった。
さらに余談だが、劇場版00の機体の覚醒技は全てゲロビを撃つようになっている。

MBON

マルートモードへの移行時の無敵時間の延長によるマルートチャンスの消滅、各種武装の発生向上など全体的に強化され、隙が大幅に減少。
これによって研究が進んだこともあり一躍強機体の仲間入りを果たした。
ミサイルやシザービットを出してから今作おなじみの強武装変形ゲロビを押し付け、ゲロビをガードしてもミサイル等でめくる、ガードがなければそのままゲロビを当てられるといったセットプレーは驚異の一言。

EXVS2

本作の変形ゲロビの発生弱体化に加えて各部に弱体化がされた。


【勝利・敗北ポーズ】

勝利ポーズ

通常時:両手のソードライフルを構える。
格闘でとどめ:ソードモードのソードライフルを持ってポーズ
マルートモード時:シザービットを周囲に展開し、ソードライフルとGNキャノンを構える。
覚醒時はトランザム状態になる。

敗北ポーズ

大破し、ELSに侵食された状態で爆散する。原作最後のシーンの再現。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。