ドートレス・ネオ

ドートレス・ネオ
DAUGHTRESS NEO
登場作品 機動新世紀ガンダムX
型式番号 NRX-0018-2
全高 18.2m
重量 8.0t
所属 新地球連邦軍
武装 ワイヤード・ビームライフル
ビームライフル
ビームサーベル


【設定】

新地球連邦軍がドートレスの直系の後継機として開発したモビルスーツ。
ドートレスの設計をベースにフレーム構造や装甲材、ジェネレーター等を一新して性能を大幅に引き上げている。
新地球連邦軍MSの集大成的な存在として各種試作機のデータがフィードバックされており、単体で大気圏内の飛行が可能な他、両前腕部の遠近両用兵装のワイヤード・ビームライフルはガンダムヴァサーゴのデータによるものとされる。
劇中時点では本格的な量産前だったため、フロスト兄弟指揮下の司令部直属の精鋭から優先して配備された。


【武装】

ワイヤード・ビームライフル

両前腕部に固定装備されたビーム兵器。
ビームライフルとビームカッターの機能を併せ持つ。

ビームライフル

NRX-009 バリエント用のものとは同型色違いとなるビーム兵器。
ワイヤード・ビームライフルが未調整で使用できない機体が使用した。

ビームサーベル

近接戦闘用のビーム兵器。
ワイヤード・ビームライフルが未調整で使用できない機体が使用した。


【原作の活躍】

宇宙に上がったフロスト兄弟のガンダムヴァサーゴ・チェストブレイクガンダムアシュタロン・ハーミットクラブと同時にお披露目。
フロスト兄弟が指揮する司令部直属の特別攻撃隊の所属機がフリーデンのガンダムや宇宙革命軍と戦闘を行った。


【VS.シリーズの活躍】

EXVS

CPU専用機として登場。ワイヤード・ビームライフルによる射撃と格闘を仕掛けてくる。


【その他の活躍】

ガンダムビルドファイターズトライ

第1話アバンでの宇宙戦で登場した。

ガンダムビルドダイバーズ

プロローグのAVALON VS 第七機甲師団隊でAVALON所属のシャンブルが駆るドートレスカラーでビームライフル持ちの機体が登場。チャンピオンに同行したが、設置されていたブービートラップのワイヤーに引っかかり撃破された。
第二次有志連合戦とレイドボス戦でも、同じ仕様の有志連合機が複数登場した。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE

第二次有志連合戦の舞台裏エピソードでもドートレスカラーの有志連合の機体が登場。
ワイヤード・ビームライフルでウィンダムとアースリィガンダムと共にビルドダイバーズ協力機のトラゴスとザクIIIを迎撃したが、ガンダムダブルオースカイ、ガンダムGP-羅刹とガンダムAGEIIマグナムの決戦の余波に巻き込まれてウィンダム共々撃破された。

あくまで考察だが、エルドラドートレスとエルドラウィンダムのベース機の選定は、ヒロトがこの直後に深いトラウマを経験したため、その時の僚機だった事に由来しているのではという意見がある。
尤も、エルドラドートレスの造形は明らかにネオではないドートレスの方に近いが。

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2023年08月15日 19:36
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。