ザク

登場作品 機動戦士ガンダム 機動戦士ガンダム0083(以下省略) 機動戦士ガンダムΖΖ等
機動戦士クロボーン・ガンダムゴースト
共通する型式番号 MS-06
所属 ジオン公国軍等
主なパイロット ククルス・ドアン、ジーン、デニム、他ジオン公国軍一般兵 コウ・ウラキ チャック・キース フォント・ボー
共通する主な武装 (120mm・MMP-78)ザク・マシンガン、ヒートホーク、280mm(又は240mm)ザク・バズーカ、クラッカー、シュツルム・ファウスト、脚部3連装ミサイルポッド等

【設定】

ジオンの量産型モビルスーツ「ザクII」は初の正式量産機MS-05 ザクIの性能向上型であり、オプション装備などにより様々な状況に対応可能な汎用機。初期のモビルスーツだったこともあり出力が低いためビーム兵器を装備していない。

その動力はミノフスキー物理学の発見によって小型、開発されたD-3He反応型(重水素+ヘリウム3→ヘリウム4+陽子)の熱核反応炉で、簡単に言えば未来の原子力発電所を18m級にまでダウンサイジングさせたもの。
これは放射能を持たないため、放射線を放たないきわめて安全な型である。ヘリウム3の確保が難しいが、これは木製船団によりクリアされている。
(ちなみに近代では月面に結構な量があることが判明している)

モビルスーツの機動力と汎用性を武器に、戦艦・戦車などが中心であった連邦軍を圧倒。手持ちをかえるだけで射撃戦から格闘戦にすばやく変更でき、さらにC型では核弾頭も装備できた(後に南極条約で禁止に)。宇宙空間では手足をAMBAC(手足をぱたぱたしてその作用反作用で姿勢を制御する)に利用することで推進剤を節約する事に成功し、地上やコロニー、小惑星の表面などあらゆる地形に対応できる。
当初連邦側は約18mという大型なのでミサイルや長距離砲などで撃墜できると思われていたが、ジオンがミノフスキー粒子というレーダーや通信波をダウンさせる非常に強力な電子攻撃を得たのでそこをカバーしている。さらにレーダーが効いても簡単に迎撃ができるし、さらに身軽によけることができる。結果、ほとんど昔の有視界戦闘になった状況で最強とも言える存在となった。MSIGLOO2を見ればその存在自体の恐ろしさがわかるはずである。

一年戦争初期におけるジオン軍の快進撃の立役者となっただけでなく、後の戦闘用モビルスーツの基本コンセプトを決定付けた。

操縦性、拡張性、機能性、整備性、生産性のバランスが非常に高く、兵器としての総合性能はガンダムより上とする声もある。しかし超大な予算と性能要求に答えて開発された超高性能試作機と、現場からの配備要求に答えれるだけの生産性と幅広い腕前のパイロットの操作に答えれるだけの操作性と信頼性、前線の拠点でも修理や整備を行える整備性の高さが求められる量産機と比べるのも根本がおかしい話であるが。
RXー78はフラグシップ機として(みんなのやる気を上げるアイドルのようなもの)、そしてMSの実用性を計る評価試験用の機体で、MS-06は実戦用機なので扱いやすさを最優先にしているためである。

その特徴から派生及び系列機がとんでもなく多く、アバンのコロニー落としに出てきた初期のC型、指揮官用のS型(代表がシャア専用機)、一般的に宇宙で良く出てきているF型、F型を地上用に改修したJ型、F型の改良型のF2、そして統合整備計画によって開発された最後のFZ型(通称ザク改)がある。さらにキャノン、タンク、マリンタイプ、ダイバー、マリナー、デザートタイプ、ディザート、マインレイヤー、宇宙用高機動試験型、高機動型(改修機含む)、サイコミュ試験型、サイコミュ高機動試験型、スピード。
戦後には本機をベースにして開発されたハイザック系、ザクIII(後期型、)、ギラ・ドーガ系、RFなどがおり、ザク50、グレーター、シーフ、レディなどゲームオリジナルなどアンオフィシャルも含めればさらに増える。
意外な事に狙撃型はザクIIに公式派生が存在せず、ガンダムオンラインにおいて狙撃用の大型ビームライフルを持った機体(武器が変わっただけであとはただのJC型)が生み出されていたりする。一応G-NEXTオリジナルでザクスナイパーはいるのだが……

とにかくその完成の高さからさまざまなバリエーション機が存在する、まさにジオン、そしてスペースノイドが夢見る自治権獲得や独立への象徴的な機体となっており、ハイザック(特にティターンズ仕様)の存在を知った時のジオン残党軍の怒りは凄まじかったとか。
またその後のシリーズにもけっこうな影響を与えている。

もともと1話でいなくなるやられ役を想定してデザインされた「ザク」であったが、いわゆる”量産機・やられ役”として番組終期まで活躍したのみならず、そのデザイン(とくにモノアイカメラ[一つ目])は後のシリーズは愚か、他の作品(装甲騎兵ボトムズのスコープドッグ等)の機体デザインにも強く影響を残しており、後継機ないしは意匠を引き継いだ機体が数多く登場。ガンダムに次ぎガンダムシリーズを代表するメカとなった。


【原作での活躍】

第1話から最終話はおろか現代に至るまで、ジオンで最も普及している戦闘用モビルスーツとして頻繁に出演。モブの「やられメカ」として演出に貢献するのみならず、ガンダムの記念すべき最初の対戦相手という大役も務めた。

一年戦争の中盤までかなりの戦力になっていたが、連邦のMS(ガンダム、ジムシリーズ)と比べ旧式化していたため劣勢となっている。そのため主戦力がリック・ドムやゲルググに移っていったが、その完成度と汎用性の高さ、愛着などのおかげでゲルググやFZ型が出てきた後もベテランパイロットに好まれ、使用されている。
おかげでゲルググなどが未熟な若手パイロットにまわされ本来の性能発揮できなかったことが多く、それが敗戦の原因の一つとして挙げられている。(このあたりは旧日本帝国軍の零戦と非常に似通っている)

「0083」ではF2が主に登場。主兵装は対MS用に貫通力を重視したMMP-78に更新されている。デラーズ・フリートの他、トリントン基地のMSの訓練にも使用されている。やればやれるらしく、キースは頭を破壊されながらもドム・トローペンを撃破した。

「ガンダムΖΖ」ではネオジオンの偵察用等の目的でまだ使用されている。またZガンダムの頭部が破壊された時、漂流していたザク(F型)の頭部をくっつけて、応急ながらも戦闘可能状態にしたことも。

MS IGLOOでは第一話でルウム戦役の艦隊戦に割り込んでドッグファイトに持ち込むことにより、大戦果を挙げている。赤いシャア専用C型も登場しており、マイら603評価試験隊に道を譲るように通達した。これがシャアの「通常の三倍」といわれる所以を映像化されたものである。
第二話ではフェデリコ・ツァリアーノ中佐率いる鹵獲ザク部隊が物資集積所を次々襲っている。最終的にはヒルドルブとの交戦により全滅する。
第三話にてオデッサの敗北から脱出するも宇宙でAMBACが効かず「溺れている」J型系列が登場、姿勢制御用スラスターや宇宙用のOSがないにもかかわらずAMBACのみで照準を合わせる離れ業をするもボールに次々撃墜されている。
いくつかはヅダに「手をつながれて」救助された。

「クロスボーン・ガンダム・ゴースト」では、サイド3にて式典用に残されていたザクⅡがフォント・ボーに奪われまさかの主役機に抜擢され、Vガンダムの同世代のMSと幾度も交戦するというスパロボやGジェネみたいな活躍を果たした。
当然ながら「70年前の機体」なのでまともに戦えないが18mという当時では巨体なので距離感をだましたトリッキーな使い方をされた。それ以外では基本フォントの引きこもりの部屋として使われた。


ちなみに宇宙世紀MS全般で言えることだが、よくやられたときとんでもない大爆発を起こすして回りにかなり迷惑をかけるが、熱核融合炉ではそんな核爆発は起こさない上放射線漏れもIフィールドとその核融合の方式で二重にクリア済みである。
そのため、大爆発の原因は推進剤への引火となっている模様。さすが宇宙世紀、環境にもよく気が回っているが、『F91』以降はMSの小型化の弊害により核融合炉が爆発する事態になってしまう(なぜなのかは不明)。


【パイロット説明】

ククルス・ドアン

第15話「ククルス・ドアンの島」で登場したジオン公国軍の一般兵士。
任務の最中、自身の攻撃で孤児となってしまったロランたち少年少女をも殺すよう上から命令されたがこれに背き、子供たちを連れて軍を脱走した。以降、脱走兵として九州地方の無人島で子供たちと共に生活しながら、自身の保有するザクIIで連邦、ジオン問わず接近する兵器に攻撃を加えていた。
脱走時のことがトラウマとなっており、追っ手の恐怖と戦う生活を続けている。

アムロとはコア・ファイターを撃墜した時に知り合った。敵軍の兵士ながらドアンはアムロに一目置いており、「青臭いところが取れたらいい兵士になれる」と評していた。
追っ手のザクが現れた際にはアムロと共闘、アムロに「モビルスーツの格闘技」を実戦を以て教え込んだ。戦いが終わった後、アムロはドアンに染みついた戦いの匂いが追っ手を引き付けていると断定、ザクを海に沈めた。子供たちは猛抗議したが、ドアンはアムロに対して感謝していた。
モビルスーツの操縦はエースパイロットにも引けを取らない腕を誇り、投石でアムロのコア・ファイターを撃墜したり、武装の無い状態でザクを撃破するほど。
ドアンの登場するエピソードは「敵も同じ人間」というガンダムのテーマを特に強調した回といえる。

ただし劇場版ではこのエピソードはカットされてしまった。


原作名言集

  • 君と戦うつもりはない。大人しく武器を渡してくれれば危害は加えない。
  • まて、こいつは俺に任せろ。モビルスーツの格闘技というのを見せてやる。よぉーく見て覚えておけ!
  • 教えてやる、少年たち。子供たちの親を殺したのはこの俺さ。俺の撃った流れ弾のためにな。
  • ジオンは子供達まで殺すように命じた。だが、俺にはできなかった。俺は子供達を連れて逃げた。俺の命に代えてもこの子供達を殺させはしない。俺は、子供たちを殺させはしない!

ジーン

シャア率いるMS偵察部隊のパイロット。
上官であるデニムと共に偵察任務についていたが、功を焦るあまり襲撃禁止の命令を無視。
ザクで連邦の基地を襲撃。新型MSやホワイトベースの正規乗組員を多数殺害するなど戦果を挙げるも、現場にいたアムロがガンダムに乗り込み、結果撃破される。

史上初のMS戦を行った人物であるものの、彼が命令無視さえしなければアムロがガンダムに乗り込むこともなく、他にもブライトの艦長就任などもなかったため、ファンからは「ジオン公国最大の戦犯」などと言われることも。

余談だが、アムロがTVモニターをカチ割ったり宇宙でズゴックやゾックが出てくるなどの冒険王版では、「作者がTV放送を視聴せず、送られてきた資料だけで判断した」との理由でキャラがおかしくなっている。詳細は名台詞の欄で。

原作名セリフ集

  • シャア少佐だって…戦場の戦いで勝って出世したんだ
  • へっ、怯えてやがるぜ、このモビルスーツ

  • デニム「すげぇ あれが噂の新型戦艦か!!」

デニム「たたきつぶすならいまだ!!」

ジーン「よせっ命令違反だぞシャア少佐は状況を暗号で知らせろといったんだ」

デニム「いまだ やるならいましかない!!」

ジーン「ばかっ もどれ!! やめろ――――っ!!」
冒険王版で。「髭面の方が部下っぽい」とのことだったが、作者も流石に思う所があったのか復刻版では書き直されている。


【ゲーム中の活躍】

連邦VS.ジオンシリーズ


エゥーゴVS.ティターンズシリーズ


NEXT PLUS

CPU専用機として登場し、ボルジャーノンも一緒に出てくる。

EXVS.

NEXT PLUS同様、CPU専用機として登場。

EXVS.FB

CPU専用機の他に敵だったヒルドルブのアシストとしても登場。

PS3版のDLCにてまさかのプレイアブル化。
パイロットは劇場版ではなかった事にされているククルス・ドアン。原作同様武器を持たず、格闘と投石、そしてコア・ファイターの支援を受けながら戦う格闘機となっている。
機動力が意外に高く、格闘の火力が高い。特に覚醒技はすぐに終わる+高威力+かなり吹っ飛ばすとロマンあふれる正拳突き。
TV放送当時の声優である徳丸完氏が既に故人となっているため、本作では乃村健治氏(ガンダムAGEでイワークを演じている)が代役を務める。
イワークとドアンとは孤児を養っているMS乗りという共通点を持っており、この配役はある意味で打ってつけと言えよう。

EXVS.MB

プレイ日数キャンペーン第4弾のエクストラ機体として登場。
本作では同じく素手による格闘・投石・アシストを持つAGE-1(タイタス)がいる。
全く違う機体でコンパチでも何でもないのに、ここまで武装構成が似通っているのはある意味ですごい。
Fドライブとの相性が非常に良く、油断した相手には拳一つで大逆転できる。

VERSUS

エクバシリーズではエクストラ機体だったが、バーサスでは正式なプレイアブルとして続投。
アシストのコア・ファイターに代わり、スパアマ付きで接近する移動技「強行突破」を獲得した。
一般仕様はストライカー、CPU専用機として登場。


【勝利・敗北ポーズ】

勝利ポーズ

通常:右手で正拳突き。
射撃、サブ射撃で勝利(GVSで追加):両手に持った大岩を地面に置いて右脚で踏みつける。その際、頭部は下を向いている

敗北ポーズ

脇腹を押さえて屈み込む。ドアンのザクが追手のザクのマシンガンを受けた場面の再現。
MSにわざわざ負傷ポーズを取らせるという当時の作風が見て取れる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。