ザクアメイジング

登場作品 ガンダムビルドファイターズ
形式番号 MS-06R-AB
全高 18.0m(データ上の設定)
重量 86.8t(データ上の設定)
所属 聖鳳学園
操縦者 ユウキ・タツヤ
武装 ハンドガン
ロケットランチャー
ヒートナタ
ロングライフル

【設定】

ユウキ・タツヤが「機動戦士ガンダム MSV」に登場する高機動型ザクIIをベースに改造したガンプラ。
タツヤがかつてミリタリーモデルの製作をした経験がある為か、戦車用模型のパーツを流用しており武装もそれに習っている為、ビーム兵器は一切搭載しておらず、全て実弾兵器で統一されている。
ザクをベースにした理由はやられ役であるにも関わらず、改良により数々の高性能機が生み出されていることに魅力を感じ、創意工夫の余地を見出した為である。
また、赤いカラーリングはタツヤが尊敬する人物であり、第2回ガンプラバトル選手権の準優勝者であるイオリ・タケシのガンダムのライバルとなる事を意識しており、「ガンダムのライバルといえば赤」という拘りから選ばれた。

【武装】

ハンドガン

両腰のホルダーに収納されている拳銃。
射程は短いが、速射性に優れる。

ロケットランチャー

バックパックに2基装備されており、誘導式のロケット弾を発射する。
熱源や機影認識など様々な誘導方法が存在し、それにより多彩な戦略を取る事が可能。

ヒートナタ

刃を赤熱化させることで切断能力を高めた鉈。
バルカン砲などに対する盾としても使用可能。

ロングライフル

戦車模型の主砲をベースに改造を加えた長距離砲。
取り回しは難しい分、射程と破壊力に優れる。


【原作での活躍】

イオリ・セイとレイジが駆るビルドストライクガンダムとゴンダ・モンタのゴールドスモーとの戦いの後にバトルフィールドに乱入。
ビルドストライクの武装がビームサーベルしか装備していない事に配慮し、ヒートナタのみを使用し、圧倒する。
その後も第7回ガンプラバトル選手権の地区予選にてガナーザクウォーリアーのオルトロスのレンズのみ破壊させ降服させる、ジャスティスを撃墜するなど強さを見せつける。
準決勝をタツヤがを棄権した後、メイジン襲名前にユウキ・タツヤとしての心残りをなくすためセイ&レイジと決着をつけるために再戦を行い勝利するも機体は大破した。
その後の出番はなかったが、続編「トライ」最終話にて三代目メイジン・カワグチとレディ・カワグチの演武にてケンプファーアメイジングと交戦を行う。

【操縦者(ファイター)】

ユウキ・タツヤ

CV.佐藤拓也

私立聖鳳学園の生徒会長にして模型部の部長。ビルダーとしては勿論、ファイターとしても高校生最強と称され、ザクアメイジングのカラーリングと、高い工作精度と操縦技術から繰り出される高速戦闘機動中、機体から紅い帯を引く事から「紅の彗星」の二つ名を持つ。
また、容姿と人当たりのいい温厚な性格から学園内でも人気が高い。
ファイト時には髪を掻き上げ、普段の姿しか知らない女子生徒達が一瞬困惑するほど、テンションが高くなる。
その熱さは、専用BGMが情熱の国スペインで生み出されたフラメンコとなっている事からもわかる。

第7回ガンプラバトル選手権の地区予選を楽しみにしていた時、かつてガンプラ塾の同期であり、今はPPSE社に務めるアランが現れ、「二代目メイジン・カワグチが倒れた」と報を継げる(死んだわけではない)。それが決定打となり、新たなメイジン・カワグチに襲名する事を決意し、第7回ガンプラバトル選手権を棄権し、私立聖鳳学園を中退。三代目メイジン・カワグチとなる。

その後の活躍役はこちら

また、外伝漫画ではガンプラバトルとの出会いからトライまでの話を描かれる主人公としても登場。

【原作名言集】

  • 少しばかり、勝負が早く着きすぎたようだ。これではせっかく集まってくれたギャラリーに申し訳が立たん…そうは思わないか?いや、私はそう思う!
    • セイ&レイジのビルドストライクVSゴンダのゴールドスモーの決着が付いた後にザクアメイジングで乱入した際の台詞。
  • すまない、そしてありがとう。それはバトルに乱入したことへの謝罪と君たちと戦える事への感謝の言葉だ!
  • 燃え上がれ…燃え上がれ…燃え上がれ…ガンプラ!
    • ビルドストライクと最初に対戦した時の台詞。言うまでもないとは思うが「翔べ!ガンダム」の歌詞が元ネタ。
  • その本気、私の本気で応えよう!
    • ビルドストライクとの再戦時、レイジの「俺の本気を見せてやる!」という台詞にこの言葉で返した。
  • レイジ「まだだ!」
    セイ「まだ!」
    タツヤ「ああ!まだだ!」
    • 互いの機体が爆散しても、ビルドブースターにコントロールを移したセイ・レイジコンビに対して、自身もアメイジングブースターを合体させつつ。演出・セリフ全てが熱い展開で最終回「1回目」等呼ばれる事も。


【ゲーム内での活躍】

EXVS2

新機体として登場。
射撃は実弾射撃のみで構成されており、バルバトスのようなメイン、二連射することでゴールドスモーメイン連射のように大きく動きながら撃つサブ、誘導のいいミサイル、格闘はホットスクランブルのを調整したものに加えN、前、横、後と豊富な派生があり、さらにカウンターやメインからキャンセルでき、全く動かないが長時間拘束する特格と全体的によくまとまっている。
さらに、ダメージを軽減するリアクティブアーマー、ビルドストライクとの決戦で見せたアメイジンブースターになる復活があるなど、さりげない気遣いもある。
復活時には専用の覚醒技もある。

下りテクこそないものの非常に高水準でまとまっており、初心者から上級者までおすすめな名機といえる。
相も変わらず世紀末な環境だがタツヤのように冷静に、時に大胆に戦えば勝機がきっと見えてくるはず。

アップデートにてライバルであるビルドストライクに復活と復活時覚醒技が追加されたので、決戦の再現も可能。
もっともこちらは実弾、あっちはビームと格闘属性の突撃なので不利かもしれないが。

EXVS.MBON(PS4版)

家庭版の新機体として登場。
基本的な仕様はEXVS.2とほぼ同じ。


【勝利・敗北ポーズ】

勝利ポーズ

  • 通常時:ヒートナタを構える。おそらくビルドストライク戦(一戦目)での決着の当たりか
  • 覚醒時:∀ガンダム前期OPのような感じで右手を掲げる。ビルドファイターズ前期EDでのザクアメイジングのコスプレをしたタツヤのポーズの再現。
  • 復活時:アメイジングブースターで上空に消えてからザクアメイジングになって下りてきてハンドガン二丁で決めポーズ

敗北ポーズ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。