インストール

オリジナルの NicoCache_nl (NicoCache_nl(9))及び派生版であるNicoCache_pやNicoCache_uは既に更新が途絶えて久しくなっている。

従って現在は5ch の NicoCache本スレッドの有志が派生・改造版 (NicoCache_nl+mod) を作成・メンテナンスしている。



ツール類はダウンロードへ移動済み
ダウンロードセクションの高速インストーラで手間なし自動インストール

NicoCache_nl+mod 版のインストール (2019/10/22 更新)


最低限 NicoCache_nl+mod が動作するまでのインストール方法の説明。
一部の拡張機能(nlMovieFetcher)などは、本体(Nicocache_nl)とは別にコンパイルが必要になる。(特に、Extensionsフォルダに.javaファイルのみ存在し、.classファイルが無い場合。)コンパイル方法は拡張機能のコンパイルの項を参照する。
JDK8やJRE8といった以前のJavaバージョンを使用している環境で新たにJDK11をインストールする場合にはJDK8のアンインストールを参照すべし。


1. JDKのダウンロードとインストール

最新の Adopt Open Java Development Kit をインストールする。

    • Oracle版JDKは最近規約が変更され、非商用・個人利用であっても規約違反になってしまい、これ以上の使用はできなくなりました。
    • 継続して利用するには正式にOracleと有償契約を結ぶ必要があると思われます。そこで、代替として私達はAdoptOpenJDKを選択しました。
    • バージョンjdk-11.0.3+7よりAdoptOpenJDKでもインストーラ(.msi)形式で配布されるようになりました。特に設定を弄らずにインストールした場合環境変数の設定は不要になりました。Set JAVA_HOME variableをローカルハードドライブにすべてインストールにして下さい。ただし、ApacheAntの環境変数設定は必要です!
    • Oracle版Java SE Develeopment Kit8のバージョンを現在使用していて、新たにAdoptOpenJDK11に移行する場合、JDK8のアンインストールを参照する。
    • 上記を確認するにはコマンドプロンプトを開き「java -version && javac -version」と打ち込む。Adopt~の表記が無い場合、Oracle版を使用している可能性が高い(java -versionのみ)
    • AdoptOpenJDKでは仮想マシンをHotspotとOpenJ9から選べるがこれはHotspotは通常環境、OpenJ9は性能に制限のある環境で動作させる仮想マシンとなっている。
    • 64 ビット版 OS を使用している際は 64 ビット版をダウンロード/インストールするのが望ましい。
    • OpenJDK http://openjdk.java.net/install/index.html - LTSの提供は無し、6ヶ月毎に次バージョン移行、後方互換性無い場合あり
    • Amazon Corretto https://aws.amazon.com/jp/corretto/ - 100%OpenJDKと互換でインストーラ付、LTS有り
    • Redhat OpenJDK https://developers.redhat.com/products/openjdk/download/


2. Apache Antのダウンロード

Apache AntはJDKでNicoCache_nlの実行ファイルを更新させる手順を簡易化させるのに必要。
一応無くても出来なくはない。
Apache Ant をダウンロードする。

3. Apache Antのインストール

C:\直下にantフォルダを作り、bin,etc,lib,manual,CONTRIBUTORS,.....などが入っているフォルダを直接展開しておく。
antのインストールマニュアル(英語)
ant┬bin
    ├etc
    ├lib
    ├manual
    ├CONTRIBUTORS
    ├contributors.xml
    ├fetch.xml
    ├get-m2.xml
    ├INSTALL
    ├KEYS
    ├LICENSE
    ├NOTICE
    ├patch.xml
    ├README
    └WHATSNEW

4. 環境変数自動設定スクリプトファイルのご案内

(*AdoptOpenJDKがインストーラ形式の場合はApache antの環境変数の設定だけが必要です)

ApacheAnt_Only_Environment_variable.bat

自動で環境変数を設定するバッチファイルを今すぐダウンロードして実行!
実行後はコンピュータの再起動が必要。
for /f %%a in ('dir "C:\Program Files\AdoptOpenJDK\jdk*" /b /ad /od') do set fname=%%a
 setx JAVA_HOME "C:\Program Files\AdoptOpenJDK\%fname%" && setx ANT_HOME "C:\ant" && setx PATH "C:\ant\bin;C:\Program Files\AdoptOpenJDK\%fname%\bin"
 


5. NicoCacheのダウンロード

「NicoCache関連ファイル置き場 避難所」 にて本体及び各種差分をダウンロード、もしくは上記ダウンロードセクション内のリンクにてパッケージをダウンロードし、任意の場所に展開する。C:\NicoCache_nlフォルダを作ってそこに直接入れておくと分かりやすい。
フォルダ構造はだいたいこんな感じ
NicoCache_nl┬.classpath
                  ├.externalToolBuilders
                  ├.project
                  ├.settings
                  ├AutoBuild.bat
                  ├build.xml
                  ├cache
                  ├ChangeLog.txt
                  ├config.properties
                  ├data
                  ├defaults
                  ├documents
                  ├extensions
                  ├HowToBuild.txt
                  ├list
                  ├local
                  ├NicoCache_nl Starter.bat
                  ├NicoCache_nl.bat
                  ├NicoCache_nl.jar
                  ├NicoCache_nl.sh
                  ├NicoCacheGUI_native.dll
                  ├NicoCacheGUI_native64.dll
                  ├nlFilter_sys.txt
                  ├nlFilters
                  ├others
                  ├proxy_sample.pac
                  ├Readme.txt
                  ├src
                  └thcache

up406がベースファイルとなる。


6. 差分のダウンロード

避難所に最新フィルター/ソース差分がある場合はそちらもダウンロードする。

この画像は例であり、170915という日付が新しいほど最新の差分になる。


7.  差分の適用

最新のソース差分等があるなら NicoCache フォルダに展開する。

8. NicoCache実行ファイルの更新一部自動化ファイルのご案内

このスクリプトファイルを利用すると、11.のインストール手順をスキップできる。
AutoBuild.bat
cmd /k "color 2E && TITLE AutoBuilder && cd /d %~dp0 && ant extract jar"
 

9.  NicoCache実行ファイル(NicoCache_nl.jar)に更新を適用する

適宜、管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、cd (nicocacheのフォルダのフルパス)、若しくはcd /d (nicocacheのフォルダのフルパス)でカレントディレクトリを移動させた後、コマンドラインから >ant extract jarを打つ。

cd C:\Nicocache_nl
ant extract jar

/dスイッチはドライブが違う場合に利用

cd /d D:\Tools\nicovideo\Nicocache_nl
ant extract jar

10. 更新成否の確認

「BUILD SUCCESSFUL」と出ていてNicoCache_nl.jar が更新されていれば成功。
成功例:
Microsoft Windows [Version 10.0.10586]
(c) 2015 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Windows\system32>cd /d D:\NicoCache_nl

D:\NicoCache_nl>ant extract jar
Buildfile: D:\NicoCache_nl\build.xml

extract:
    [unjar] Expanding: D:\NicoCache_nl\NicoCache_nl.jar 
into D:\NicoCache_nl\src

compile:
    [javac] Compiling 107 source files to D:\NicoCache_nl\src

jar:
     [move] Moving 1 file to D:\NicoCache_nl
      [jar] Building jar: D:\NicoCache_nl\NicoCache_nl.jar

BUILD SUCCESSFUL
Total time: 8 seconds

D:\NicoCache_nl>

11. HTTPS機能の有効化

HTTPS機能の有効化を見ながらhttps通信プロトコルを有効化する。(デフォルトでは無効)
※2018年3月下旬ごろからニコニコ動画でもhttpsを利用しないと正常に使用できなくなりました。
2018年3月以前はニコニコ大百科などから段階的に導入されていました。

12. FFmpegの利用について

FFmpeg のffmpeg.exeを "NicoCache_nl.jar" のあるフォルダにコピー・アンド・ペーストする。
この機能を利用するにはconfig.propertiesでconvertFlv2Mp4を有効にする必要がある。
ffmpegはflvファイルというGINZAプレーヤ(Flashプレイヤー)のみで再生可能なファイル形式をHTML5プレイヤーで再生する場合に必要になる。(swfは技術的に難しい)
自動でflvキャッシュをmp4に変換して再生する。将来的にGINZAプレイヤーを完全廃止した暁には全てのflv/swfをmp4に変換して配信するらしいのでいつか不要になるだろう。

13. NicoCache_nlとブラウザーの設定

導入に当たっての設定のページなどを参考に、nl 本体とブラウザの設定をする。

14. NicoCache_nlの実行方法

Windows なら "NicoCache_nl.bat" を実行して起動する。
    • Linux の場合は "NicoCache_nl.sh" を実行する。
    • 必要に応じてスタートアップ等に登録する。
C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartUp
NicoCache_nl Starter.batのソース・コード
@echo off
echo Changing Current Directory..
cd /d %~dp0
echo Launching NicoCache_nl, please wait..
start /MIN "" "NicoCache_nl.bat"
 

タスクスケジュールを登録するバッチファイルtaskschedule_maker.batをダウンロード
@echo off
rem https://support.microsoft.com/en-us/help/823093/a-scheduled-task-does-not-run-when-you-use-schtasks-exe-to-create-it-a
echo 注意:このタスクの登録には管理者権限が必要です。
SCHTASKS /Create /RU "Users" /SC ONLOGON /TN sc_NicoCache_onlogon /TR "\"C:\NicoCache_nl\NicoCache_nl Starter.bat\" "
echo sc_NicoCache_onlogon が登録されました。確認してください。
start taskschd.msc
pause
 




以上でインストールは終了。なお、アンインストール時には "NicoCache_nl.jar" の入っているフォルダごと削除すれば完了である。

名前:
コメント: