インストール(高速インストーラ経由)

※必ずAdoptOpenJDKのインストールを先に行ってください。
順序逆の場合、本体の更新に失敗し、使えなくなります。その際手動での本体更新が必要です→アップデート

1.AdoptOpenJDKをインストールします
その際Set JAVA_HOME variableを「ローカルハードドライブにインストール」か「ローカルハードドライブにすべてインストール」のどちらかにしてください
「ローカルハードドライブにすべてインストール」を選択するとコンピュータに設定されているすべてのユーザーが使用可能になります
「ローカルハードドライブにインストール」を選択すると現在ログインしているユーザーだけが使用できるようになります


2.コンピューターを再起動して環境変数の変更を適用します

3.NicoCache_nl Installを実行します(管理者権限が必要になります)

5.NicoCache_nl本体が自動で更新されます

6.SSL自己署名証明書が作成されWindows証明書ストアに自動でインストールされます

7.プロキシサーバーが自動で設定されます

8.Firefox用の設定が自動で行われます


11.(オプション)config.propertiesで設定を調整します


  • これ参照先フォルダの「参照」ボタン押すとインストール先が「C:\Program Files (x86)\5ch Annonymous Users\NicoCache_nl」になりますが、「C:\」以外の状態でインストールしようとした場合でもC:\NicoCache_nl scripts\installcmds.cmdを実行しようとしてエラー出ますね -- 名無しさん (2020-01-28 01:00:20)
名前:
コメント:
最終更新:2020年12月12日 12:19