妖怪談義

民俗学者の泰斗、柳田國男の著作。
妖怪研究者のバイブルである。

 1909年(明治42年)から1939年(昭和14年)にかけて、柳田が諸誌へ発表したものをまとめたものである。
 A出現の場所(行路、家屋 山中 水上)、B信仰の度合い(「確信」するものから「いないと思ってたけど見たので考えを改める」まで)の二つを順序とし、妖怪を集めた『妖怪名彙』*1河童天狗などに関するもの、子供を驚かす教育的なお化け譚『かはたれ時』*2の他、柳田が幼少期「日中に恒星を多数見た記憶」を切り口に妖怪がいかに民衆で共有されるかを語る『幻覚の実験(「実際の経験」の方)』*3、等の他、明治期から大正期にかけて、柳田は「本州先住民」に並々ならぬ関心を寄せており、山に出る妖怪がその記憶或いは人の記録なのではないか、という仮説のもと、山人や山姫、山姥などの伝承を収集していたが、懇意にしていた南方熊楠から、「柳田君のいわゆる山人」は類人猿的な物になる筈で、ソレが日本に実在した証拠はない、という批判を受けたため発表した『山人の市に通ふこと』などが入っている。

 例えば中国の「頭にフードのような頭巾をかぶっている」「唇が顔を覆う」と言った怪物の描写は、ナマケグマという実在する熊の特徴の伝聞によるとする論を展開*4する南方熊楠に対し、国内で狒々の伝承を集めるのみに一応終始*5する柳田は、「発祥地である所のケルト民族の特性」を持ち「世界のおばけ中正に一異色」である「フェアリー」が海洋的であるのに対して天狗を山地的であるという比較*6をしている。

妖怪名彙

シズカモチ*7 タタミタタキ タヌキバヤシ アヅキトギ(「又の名」として小豆洗い)*8 センダクキツネ、ソロバンバウズ コナキヂヂ カヒフキバウ コクウダイコ カハツヅミ ヤマバヤシ タケキリダヌキ テングナメシ*9 ソラキガヘシ フルソマ オラビソウケ ヨブコ ヤマノコゾウ イシナゲンジョ シバカキ*10 スナカケババ スナマキダヌキ コソコソイハ オクリスズメ オクリイヌ ムカヘイヌ*11 オクリイタチ ベトベトサン ビシヤガツク スネコスリ アシマガリ ヤカンザカ テンコロコロバシ ツチコロビ*12 ヨコヅナヘビ ツトヘビ タンタンコロリン キシンボウ ツルベオトシ*13 フクロサゲ ヤカンヅル アブラスマシ サガリ ヌリカベ イツタンモメン ノブスマ*14 シロバウズ タカバウズ シダイダカ ノリコシ オヒガカリ ノビアガリ ミアゲニフダウ?*15 ニフダウバウズ ソデヒキコゾウ オイテケボリ オツパシヨイシ シヤクシイハ ヒトリマ*16 ヒヲカセ ミノムシ キツネタイマツ テンビ*17 トビモノ ワタリビシヤク トウジ ゴツタイビ イゲボ キカ ケチビ ヰネンビ*18 タクラウビ ジヤンジヤンビ バウズビ アブラバウ ゴンゴロウビ ヲサビ カネノカミノヒ ヤギヤウサン クビナシウマ*19

色々出てますが

『柳田國男全集第二十巻』に収録。

タグ:

書籍
+ タグ編集
  • タグ:
  • 書籍

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2021年07月03日 13:03

*1 『柳田國男全集第二十巻』380頁

*2 『柳田國男全集第二十巻』273頁

*3 『柳田國男全集第二十巻』292頁

*4 南方熊楠全集 第八巻

*5 『柳田國男全集第二十巻』350頁

*6 『柳田國男全集第二十巻』375頁

*7 『柳田國男全集第二十巻』380頁

*8 『柳田國男全集第二十巻』381頁

*9 『柳田國男全集第二十巻』382頁

*10 『柳田國男全集第二十巻』383頁

*11 『柳田國男全集第二十巻』384頁

*12 『柳田國男全集第二十巻』385頁

*13 『柳田國男全集第二十巻』386頁

*14 『柳田國男全集第二十巻』387頁

*15 『柳田國男全集第二十巻』388頁

*16 『柳田國男全集第二十巻』389頁

*17 『柳田國男全集第二十巻』390頁

*18 『柳田國男全集第二十巻』391頁

*19 『柳田國男全集第二十巻』392頁