W.I.S.E

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


W.I.S.E(ワイズ)


禁人種を生成し、それらを統率している謎の勢力。創始者は天戯弥勒
実質、サイレン世界を支配していると言っても過言ではない。
「星将」という幹部クラスのメンバーがおり、各々警備や研究等の分野を割り振られている。そのバックには、「元老院」という存在がいるらしい。
「唯一の楽園」と称する首都「アストラル・ナーヴァ」(場所は現代の東京にあたる)に、見込みのあるPSI使いを連れていこうとしている模様。
サイキッカーによる世界の創立を目論んでおり、「世界再生計画」なるものを掲げているが……。

現代のW.I.S.E

弥勒とグラナの戦闘がTVによって全国に中継された為、その存在が露呈されることとなった。
弥勒が仲間を集めつつ、彼らを追う自衛隊員を大量に殺戮しながら逃走中。
メディアが過去最悪の国家反逆犯グループとして取り上げた為、今や殆どの人間が天戯弥勒の存在を知ることとなる。
尚、グリゴリ実験体のPacs融解コード奪取作戦における研究所爆破と、自衛隊員虐殺がW.I.S.Eに結び付けられて考えられているかは定かではないが、国は真相を公表する気は無い様子。

星将

幹部クラス。人間の姿をしているが、禁人種同様、身体にイルミナを埋め込んでおり、PSIの能力にも秀でている。
4thゲームまででは5人の星将が存在する事が確認されている。
作中におけるシャイナとドルキの会話から察するに、序列の低い者は高い者に命令はできない模様。

4thゲームまでの序列
序列 名前 役職
第一星将 グラナ 元老院からの全権受任
第二星将 ジュナス
第三星将 シャイナ PSI研究担当
第四星将 カプリコ 生物研究担当
第五星将 ドルキ 地域警備担当

5thゲームでは6人の星将が登場している。人数や序列が変化した理由が歴史改変の影響によるものなのか、単に組織体系が変化しただけなのかは現在のところ不明である。
また、変化した理由が歴史改変の影響によるものの場合、5thゲームの歴史でのドルキの序列についても現在のところ不明である。

5thゲームでの序列
序列 名前 役職
第一星将 グラナ
第二星将 ジュナス
第三星将 ウラヌス
第四星将 シャイナ
第五星将 鬼瀬鋭二(ヴィーゴ)
第六星将 カプリコ

元老院

星将の上に位置すると思しき役職。詳細は不明。

メンバー


スカージ

ジュナス直属の戦闘部隊で、メンバー全員が凝縮型イルミナの改造手術を受けた精鋭中の精鋭。
メンバーはライズによる身体能力強化に加え、全身に高圧のバーストエネルギーを纏って戦う強化戦闘タイプである。
中には未来のエルモア・チルドレンに匹敵する戦闘能力を持つ者もいる。

メンバー


特別警備小隊

ドルキの部下。ギッザーニゴルドフが所属。

その他



添付ファイル