衝動篇



ムービー

+←展開する
アリス 紹介PV スノウホワイト 紹介PV
赤ずきん 紹介PV いばら姫 紹介PV
ピノキオ 紹介PV かぐや姫 紹介PV
シンデレラ 紹介PV グレーテル 紹介PV
配信カウントダウンPV1 配信カウントダウンPV2
配信カウントダウンPV3



ストーリー

※戦闘時の台詞はハードモードの場合、青文字の部分と差し替わります


アリス

+←展開する
“アリスは川辺で、堪えようの
無い退屈を感じていた。
すると、狂乱しながら走り去る
白ウサギを目撃する。
アリスは、その複雑怪奇な生物を
追走するのであった。”



この戦いが正しくない事は知ってる。
でも、私は、私の願いの為に戦う……

ソウダ!ソウダ!殺しテしまえ!

皆ゴロしですよ!?

ギシン:何が正シクテ、何がタダシクないか?
アンキ:ソレヲ決められるモノなどイナイノデス。
ギシン:ヒトは全て愚かダカラです。
アンキ:全ては間違っテイルノデス。
ギシン:忘れないデクレタマエ……



ふふフ……迷ってる!迷っテルねぇ!

本当に殺シテいいのか迷っテル!

……うるさい。
私は……私は出来る事をするだけだ。

ギシン:オオ!アリスの心が潰れソウダ!
アンキ:ああ、カワイソウだ。可哀想デス。
ギシン:フフッ……「可愛い」と「可哀想」は似てルネ……
アンキ:ソウダネ……ソレハとてもよく似ているネ。
ギシン:マルデ、呪われた双子のように似てイルヨ。



もし……この戦いが無意味だとしたら……

私達ハ本当二約束を守りマスよ?

作者は必ず復活サセマス。
ご安心クダサイ!

一番信用出来ないのは、お前達だ。

フフフフッ

アハハハハッ!

ギシン:キャラクター達は創造主である作者を欲スル。
アンキ:シカシ、作者とは一体何?
ギシン:キャラクター達を産んだ親?
アンキ:ソレトモ……
ギシン:キャラクター達を殺した親?



さあ恐ロシイ霊達を倒すノデス!

さあ醜イ生命を消し去ルノデス。

存在スル事が無意味ナ奴ラナノデス。

殺しマクッテも問題ナシなのです!

……うるさい。

ギシン:命ッテ何だろうね?
アンキ:亡霊は命を持ってイナイね?
ギシン:デモ貴方は本当にイキテル?
アンキ:今、イキテル証明は出来る?
ギシン:フフフ……キキキッキキ。



個人的な動機だけで、作者に復活して欲しい……
そんな身勝手な理屈で他者の命を奪うとは……

貴方には判らない。
その身勝手な「正義」に囚われている、貴方には。

……人は、正しくなければならない。

私には、関係ない。

ギシン:束縛のアリスと、正義のスノウ
アンキ:出会ってシマイマシタね。
ギシン:出会ってシマッタネ。
アンキ:愚かな二人は戦い続けるよ。
ギシン:そう、彼女達はソノために産まれたのだから



他人と一緒に戦うのも……悪くはない。
ふっ……ふふふっ

……何がおかしいの?

何かを信じている筈なのにいつも不安でたまらない。
私達は似ているのかもしれないな……

……私は、戦うだけ

アンキ:ああ、アリスとスノウが笑ってマス。
ギシン:この先に広がる地獄ノようナ苦難も知らずに。
アンキ:マルデ赤子のように笑ってイマスデス。
ギシン:彼女達の未来に栄光アレ!
アンキ:……
ギシン:嘘デスけど。



貴女ノ使命はナイトメアを抹殺スル事。

全てのナイトメアを葬り去るコト。

ソウスレバ、貴方の願いは叶いマスデス。

シカシ、ナイトメアの数は膨大……

構わない。
戦い続けていれば、自分を疑わずに済むから。

アンキ:確かに私達ハ約束シマシタ。
ギシン:ナイトメアを倒セバ作者を復活サセルと。
アンキ:シカシ、何体殺せバいいのデショウ?
ギシン:100体……1000体ソレトモ……イチ億体?
アンキ:その答えは、まだ教エテアゲナイデス。
ギシン:教えてアゲナイノデス!




なんだ……この敵は?

フフフッ……
これは闇。

ヒヒヒヒッ……
これはナイトメア。

でも、この姿は、まるで……

ハハハハハハ!

アーッハッハッハ!

アンキ:ナイトメア!日本語にスルト「悪夢」!
ギシン:なんという恐ロシイ名前ナンデショウ……
アンキ:でも、ナイトメアとは一体何なんでしょう?
ギシン:コノ夢は誰にとっての悪夢ナノデショウ?



スノウホワイト

+←展開する
“その鏡は、
一人の少女の人生を狂わせた。
しかし、彼女は不気味なまでの
美しさで様々な者を虜にする。
そして彼女は王子との
披露宴を迎えるのだが……”



私はこの道を進む。
全ては我が主の為に。

ソウダ!ソウダ!
キミは正しい!

邪魔モノはコロそう。
腕チョンパッ!

ギシン:自分ガ正しいト信じテ疑わないのデスネ。
アンキ:踏みつけた命ノ価値ヲ知らないカラ。
ギシン:盲信、盲従思考ハ絶賛停止中!



強いねぇ!
スノウは本当二強い。

強くなどない。
ただ知っているだけ。

ウン、間違ってナイ!
ナイ!有ル!無イ!

ギシン:盲従信者ホド強いノ定理?
アンキ:恐れるモノが無イからネ。
ギシン:せいぜい殺シテ貰いまショウ。
アンキ:ソノ信仰ガ崩れるマデネ!



スノウは迷ウ?

何に?道に?
それとも想いに?
それこそ愚問です。
私は何も迷わない。

ソウだ!だってスノウは正義だモン。

ソウだ!悪は殺ソウ。
足チョンパッ!

ギシン:迷いのナイ人間は怖いデスマス。
アンキ:疑う事を知らナイ人間ハ愚かダネェ。
ギシン:間違いニ気づいテモ戻る事は出来ナイ。
アンキ:来た道はとっくノ昔ニ閉鎖済み!
ギシン:正義は猪突猛進!キシシシシッ!





あのナイトメアは私……なのか?

でも悪ダヨ?
正義じゃナイよ?

邪魔モンは首チョンパッ!

ソウだよネ?
ねぇ……スノウ?

ギシン:今サラ何を迷うと言うのデスカ。
アンキ:多くノ命を踏みにじっテきた癖に。
ギシン:相手ガ自分だと怖気づいちゃうノ?
アンキ:ズルイです。そんナノ正しくないよネ?
ギシン:ソンなの、正義じゃないでゴザイマス!



個人的な動機だけで、作者に復活して欲しい……
そんな身勝手な理屈で他者の命を奪うとは……

貴方には判らない。
その身勝手な「正義」に囚われている、貴方には。

……人は、正しくなければならない。

私には、関係ない。

ギシン:束縛のアリスと、正義のスノウ
アンキ:出会ってシマイマシタね。
ギシン:出会ってシマッタネ。
アンキ:愚かな二人は戦い続けるよ。
ギシン:そう、彼女達はソノために産まれたのだから



他人と一緒に戦うのも……悪くはない。
ふっ……ふふふっ

……何がおかしいの?

何かを信じている筈なのにいつも不安でたまらない。
私達は似ているのかもしれないな……

……私は、戦うだけ

アンキ:ああ、アリスとスノウが笑ってマス。
ギシン:この先に広がる地獄ノようナ苦難も知らずに。
アンキ:マルデ赤子のように笑ってイマスデス。
ギシン:彼女達の未来に栄光アレ!
アンキ:……
ギシン:嘘デスけど。



私はこの命を賭して我が主を救う。

へぇ、ずいぶんと安い命だね。

あなたと手を組むのはこれが最初で最後だ。

奇遇だね。
私もそう思ってた。
これ以上一緒にいたら殺し合うもんねぇ?

気が合うな。

ギシン:スノウとシンデレラが会っちゃッタ!
アンキ:これは血を見ル展開カシラ?
ギシン:コロし合イは大歓迎デス!
アンキ:まあまあ、ココは様子を見てみまショウ。
ギシン:正義と卑劣ノ我慢大会始マルザマス!



今すぐあなたを粛清してやりたい。

違うだろ?ムカツクから殺したい、だろ。

あなたという人はどこまでも!

はいはい。それで?
敵はどうするの?

倒すに決まっている!

ギシン:なーんダ、結局協力スルんだ。
アンキ:意外ニ気が合う二人でしたネ。
ギシン:一番遠いノニ一番近イ。
アンキ:アあ、なんタル皮肉!ナンたる喜劇!
ギシン:まったく作者モイイ趣味してル!



赤ずきん

+←展開する
“簡単なお使いのはずだった。
簡単な食事のはずだった。
一人と一匹の思惑は外れたまま
物語は進む。
掛け違えたボタンに気づいた
時には全てが遅かった……”



作者を蘇らせる二ハ犠牲ガ必要なのデス!

いっぱいころしていいですか?

ウン!好き放題二殺ッチャッテ?

やったぁ!
いっただきまーす!

ギシン:狂者に刃物ヲ持たせル意味は?
アンキ:そんなの、決まっているでショウ?
ギシン:イツでも誰でも殺してイイ――
アンキ:殺人許可証、サシアゲマス!



ねえ。何ノ為二、何をコロしているノ?

たのしいから、全部殺すのです!

……偶二ハ作者の事も思い出してあげてネ?

ギシン:目的なき殺人者ほど怖いモノはないヨネ。
アンキ:デモ赤ずきんは楽しんでいるダケ。
ギシン:ソウ。彼女にとって殺しハ遊び。
アンキ:子供カラ楽しみヲ奪ったら可哀想!



モットモット遊びタイ?

はい。もっと楽しいことがしたいです!

じゃあ、コノ先に進んでゴラン?

キット素敵な出会いが待ってるカラサ!

ギシン:どんどんコロシテますネェ。
アンキ:ずんずん殺シテ行きマスねぇ。
ギシン:何の疑いも持たずにヤりますネェ。
アンキ:彼女を見てると思うのデス。人間ッテ何だろう……ッテ。
ギシン:キャキャキャッ!素敵な疑問ダネ!





ボクとそっくり。
すてきです!

自分自身で殺シ合イ??

とってもイイ!
思う存分遊べるネ!

ウン!さあ、遊ぼう。
おいで、ボク!

ギシン:ナイトメア、それは悪夢。
アンキ:だけど彼女ニ悪夢は通じナイ。
ギシン:彼女は遊んで殺しタイだけだカラ。
アンキ:例え自分が相手デモ?
ギシン:モチロン!きっといっそう楽しむヨ!



きゃあっ!?
いきなり何!?

ねてるから殺そうかなって。

ね、寝てるだけで殺すのー!?

アー、じゃれ合ってるソコのお2人サン?

今の騒ぎで、敵が来ちゃっタヨ!?

ギシン:いばら姫と赤ずきん。なんて可愛いコンビ!
アンキ:なんてギスギスしたコンビ!
ギシン:いばら姫にはチョウド良い?
アンキ:眠ろうとスルとコロされるカラね。
ギシン:ナルホドナルホド。
アンキ:しばし様子ヲ見てみまショウ。



こいつを倒したらあなたとは終わり!

おわり?いばら姫は死ぬのですか?

ううう……
違うから~!

ギシン:二人の相性は最悪ダケど。
アンキ:コンビ的には相性いいデス。
ギシン:デモ残念。そろそろいばら姫が限界ダ。
アンキ:赤ずきんはちょっぴり可哀想デスね。



つまらないからギシンが遊んで?

エエッ!?嫌デス!
アッ目を抉らナイデ!

じゃあ、今度はアンキが遊んで?

ヤメテッ!足をモガナイデー!

ボクと遊ぼう?
誰か遊ぼう!

ギシン:…………
アンキ:ギシン!?どこに行くデス!?
ギシン:赤ずきんの遊び相手ハ任せマスーッ!
アンキ:そんなのイヤです!ワタシも逃げマス!
ギシン:タースーケーテーッ!



さみしいなぁ。
遊びたいなぁ。

そんな君にハウッテツケ!

ホラ、強そうなナイトメア!

わあ、嬉しい!
お願いだから――
どうか少しはもってくださいね?

ギシン:ヨカッタ。ちょうどナイトメアが現れた。
アンキ:赤ずきんの遊び相手ハ任せマショウ!
ギシン:私達の安全のタメに!
アンキ:ワタシ達の安寧のタメに!
ギシン:あぁモウ、こんな厄介な子は初めてデス!



いばら姫

+←展開する
“「祝福」と「呪い」
彼女の人生は、背反する願い
によって支配されていた。
百年の眠りから覚めた彼女は
どの様な物語を紡ぐのだろうか?”



作者さ~ん……
どこ~?

作者に会いたい?
ならばコロそう!

周りはミンナ敵!
だから殺ソウ!

う~ん、眠いよ……
ぐう……

え、アレ?
寝チャッターッ!?

ギシン:ぐっすり安眠ニ必要ナノは何でショウ?
アンキ:ベッドに枕、アロマに音楽?
ギシン:ウンウン、どれモ大切デスね。デモ一番大切ナノは―― 誰もイナイ静かナ環境なのデスヨ。



……起こしたの、誰?
ギシン?アンキ?

違うヨ!アノお馬鹿なナイトメア!

うん、りょーかい。
死刑♪
あと、起こさせたあなた達も死刑♪

キャーッ!ナンテ見事な八つ当たり!

ギシン:いばら姫は寝起きガ悪イ。
アンキ:下手ニ起こセバ殺サレまス。
ギシン:姫ニとってハ睡眠第一。
アンキ:それ以上ニ大切なモノなどアリマセン。
ギシン:作者スラも眠りの手段トハネ……



……ぐう。

起キテ!死ヌヨ?
死ンジャウヨ?

眠いよ……
寝たいときは…寝る…

スゴイ!なんてヤル気がナイ主人公!

うう、もう……戦ったら寝るからね!?

ギシン:コノ姫、面倒!戦わずニすぐ寝ちゃウ!
アンキ:放ッテおいたラ死んジャいマスね。
ギシン:別に死んデモイイんだけれド。
アンキ:ソレでは物語が進まナイからネェ……



気持ち良く寝てたのに……
どうして寝かせてくれないの!

怒ッタ!怒ッタ!
姫様怒ッタ!

うるさい!もうみんな死刑!

ギシン:眠りを妨げラレタ怒りハ凄まじイ!
アンキ:まるデ台風!暴風雨!
ギシン:イツもコレなら助かるノニ。
アンキ:ハぁ……睡眠欲が強過ぎルのも問題ダ。



きゃあっ!?
いきなり何!?

ねてるから殺そうかなって。

ね、寝てるだけで殺すのー!?

アー、じゃれ合ってるソコのお2人サン?

今の騒ぎで、敵が来ちゃっタヨ!?

ギシン:いばら姫と赤ずきん。なんて可愛いコンビ!
アンキ:なんてギスギスしたコンビ!
ギシン:いばら姫にはチョウド良い?
アンキ:眠ろうとスルとコロされるカラね。
ギシン:ナルホドナルホド。
アンキ:しばし様子ヲ見てみまショウ。



こいつを倒したらあなたとは終わり!

おわり?いばら姫は死ぬのですか?

ううう……
違うから~!

ギシン:二人の相性は最悪ダケど。
アンキ:コンビ的には相性いいデス。
ギシン:デモ残念。そろそろいばら姫が限界ダ。
アンキ:赤ずきんはちょっぴり可哀想デスね。



眠らナイノ?
眠ってイインダヨ?

……今は、いい。

ドウシテ?
眠ろうヨー。

……何だかいや~な予感がする……

ギシン:眠れない日ってありマスでしょう?
アンキ:そんな日に限って胸がモヤモヤするヨネ?
ギシン:デモね、そういう時は目を閉じた方がイイ。
アンキ:イヤ~なモノを見ちゃうカラネ……





スゴイ。ナイトメアになっても眠るんダ。

ブレない姿勢に痺レル憧レル!

……え?
これ、私なの?

叩き起こしてミレバワカル事!

ヒドーイ。眠り姫ガ眠り邪魔スルヨ!

ギシン:もう一人、自分がいたらイイなと思う事ハ?
アンキ:ケド、その自分が好き勝手にシテいたら?
ギシン:自分が我慢してイル好きナ事。
アンキ:腹が立つよネ?モヤモヤするよネ?
ギシン:ソノ時、もう一人の自分をどうしマス?
アンキ:ワタシなら――キキッキャキャキャキャ!



グレーテル

+←展開する
“森で迷子になった兄妹。
そこに待ち受けていたのは、
お菓子の家と胡散臭い老婆。
兄妹は愛の力でその試練を
乗り越えるも、本当の恐怖は
別のところにあった……”



兄様がそう仰るなら私、頑張ります。

兄様?兄様。
首だけ兄サマ!

鳥籠兄サマ、お喋りスルノ?

するわけないジャン。
だって兄サマは――

ギシン:兄様兄様、ひたスラ兄様。
アンキ:あの子の世界には兄様ダケ。
ギシン:きっと私達の姿モ見えてイナイ。
アンキ:多分ワタシ達の声モ届いてイナイ。
ギシン:アの子のココロは深い深い森の中――



あ、あ、あ。

兄サマの首、コロリンコ!

ヒドイ妹!
人でナシ!!

あ、あああ!兄様、兄様ごめんなさい!
私は僕は悪い子でだから僕は私は――

アハハッ!
意味ワカンナーイ!

ギシン:首ダケ兄様、喋レルノ?
アンキ:喋れるワケがないデショウ。
ギシン:首ダケ兄様、聴こえてるノ?
アンキ:聴こえるハズがナイでしょう。
ギシン:ナノにあの子ハ兄様ニ必死で謝ってイル。
アンキ:デモ、本当ニ謝りたい相手はダレ?



兄様……
私の愛しい兄様……

そいつ、もう死んでるだろ?

ふふ、兄様。お菓子はもう駄目ですよ。

なあ、アンタ人の話を――

虫歯になったら、私が抜いてあげますね。

……駄目だ、こりゃ。

ギシン:この二人ヲどう思う?
アンキ:シンデレラが若干不利かもデス。ダッテあの子ニ言葉は通じナイ。
ギシン:あの子ノ世界にハ兄様一人。
アンキ:ちょっと面白味に欠けマスネ。
ギシン:うーん、がんばれ。シンデレラ!



お前が……
お前が兄様を!

ち、ちょっと待て!
倒す相手が違うだろ!

うるさい!魔女め!
竃に放りこんでやる!

ま、魔女はあっち!
あっちの敵!な?

魔女……
殺すころすコロス!

あっぶな~……ん?
まさか、こいつ……

ギシン:シンデレラがスイッチ押しタ!
アンキ:魔女は地雷デ、覚醒スイッチ!
ギシン:コレハ楽シイ事ニなってキマシタ!
アンキ:虚妄が現実ニ帰ル時。
ギシン:真実が1つ、明かサレル。



ねえ兄様、今度は何を作りましょうか?
甘いクッキー?
それともマフィン?
ああでも食べ過ぎは駄目ですよ?
だって魔女に見つかってしまうから。

ズット1人で話してるネー。

キモい!キモいヨー!

ギシン:首ダケ兄様の口ヲこじ開けお菓子を詰めル。
アンキ:ヤってる事は魔女と変わらナイね?
ギシン:兄様は首ダケだから太れナイのにネ。
アンキ:わかっちゃいるケドヤメられナイ♪
ギシン:わかっちゃいるケドワカリたくナイ♪





兄様……そこにいらしたのですね!

違うよ、あれはナイトメア。

モウ1人の自分。
だけどナイトメア!

ああ、兄様。早く私を抱きしめて!

あ、駄目だコリャ。
全く話ヲ聞いてナイ。

だって現実ヲ見てないモン!

ギシン:オぉ「悪夢」を見テモ動じナイ!
アンキ:あらら、ソンなの当たり前デス。
ギシン:ソウダった。だってアノ子は――
アンキ:望んで悪夢ヲ見続けているのダカラ。



作者を……
蘇らせなきゃ……
作者はどこ?
作者を出して早く!

モ~、自分の手デ何とかシナヨ~。

その為の殺シ合イなんだからサ!

……そうですか。
殺せばいいんですね。

ギシン:誰かヲ蘇らせタイと願うナラ。
アンキ:その分ノ代価はキチンとお支払い下サイ。
ギシン:殺してコロして殺シ尽くシテ――
アンキ:作者ヲ蘇らせたその先ニ。
ギシン:果たして望ム未来ハあるのでショウカ?



いっぱい、いっぱい殺しましょうね。
怖くなんてないです。
兄様の為なのだから。

あ~あ、とうとう壊れチャッタ?

今さらダヨ。前からオンボロ。ブッ壊れ!

兄様……

ギシン:あの子は元から壊れテル。
アンキ:ハイ質問デス!元カラ壊レているモノが―― さらに壊れタラどうなるのデスカ?
ギシン:……元に戻ってしまうカモ?



シンデレラ

+←展開する
“その少女の境遇は控えめに
言って波乱万丈であった。
そんな彼女を哀れんだのか、
妖精は魔法を施す。
最早、無力で無くなった少女は
歪んだ笑みを湛えていた……”



シンデレラは何を望むデス?

面白おかしい物語に決まってるだろ。
そうだな……私が王になるとか?

灰かぶりが王!?
イカれてル!面白い!

だろ?その為に、邪魔な奴らは殺さなきゃ。

ギシン:下働きノ娘ガ王になるデスか。
アンキ:王子様がイナイと何も出来ナイのにネ?
ギシン:デモ、このシンデレラは違うみたいデス。
アンキ:物語より皮肉で痛烈デ汚イ灰かぶり。
ギシン:サテ、どんな物語を紡いでくれるデス?



敵を殺スの、楽しいデスカ?

楽しいねぇ。特に騙し打ちは堪らない。
例えば――こんな風に、ね?

ピャッ!?
首返シテ返シテー!

あははッ!ほら、もっと必死になりな!

ウン!気持ちイイほど性格悪いデスネ!!

ギシン:殺す事ヲ楽しんでイルね?
アンキ:命ヲ奪う事ガ心地よいのデスネ?
ギシン:虐げらレてキタ分、他人ヲ虐げタイ。
アンキ:蔑まさレた分、他人ヲ蔑みタイ。
ギシン:イイですネ。もっと嗤ッテ。
アンキ:もっとモット嘲笑ッテくれタマエ!



兄様……
私の愛しい兄様……

そいつ、もう死んでるだろ?

ふふ、兄様。お菓子はもう駄目ですよ。

なあ、アンタ人の話を――

虫歯になったら、私が抜いてあげますね。

……駄目だ、こりゃ。

ギシン:この二人ヲどう思う?
アンキ:シンデレラが若干不利かもデス。ダッテあの子ニ言葉は通じナイ。
ギシン:あの子ノ世界にハ兄様一人。
アンキ:ちょっと面白味に欠けマスネ。
ギシン:うーん、がんばれ。シンデレラ!



お前が……
お前が兄様を!

ち、ちょっと待て!
倒す相手が違うだろ!

うるさい!魔女め!
竃に放りこんでやる!

ま、魔女はあっち!
あっちの敵!な?

魔女……
殺すころすコロス!

あっぶな~……ん?
まさか、こいつ……

ギシン:シンデレラがスイッチ押しタ!
アンキ:魔女は地雷デ、覚醒スイッチ!
ギシン:コレハ楽シイ事ニなってキマシタ!
アンキ:虚妄が現実ニ帰ル時。
ギシン:真実が1つ、明かサレル。



ガラスの靴ハ無用ノ長物!

砕いテ割っちゃえ!
もう必要ないダロウ?

……さあね。何かの役に立つかもよ?

アラヤダ。乙女心がまだ残っテタ!?

ウザいね。死んで?

ギャーッ!ギシンの首ヲ返しテーッ!

ギシン:ガラスの靴に拘ルなンテ乙女デスネ。
アンキ:大事にしてルの丸わかりデスねぇ。
ギシン:そりゃソウさ。だってアレは―― 灰かぶり唯一ノ心の拠り所。
アンキ:モシそれが誰カノ手に渡ったラ?
ギシン:アぁ、ソレは大変!面白ソウ!





あの靴を履くなんて度胸があるよねぇ。

胸糞悪いソックリさん!

自分と同じ顔、気持ち悪いヨネ?

別に。邪魔なら殺すだけだし?

ウーン、やっぱり性格悪イネ!

ギシン:例え相手ガ自分デモ揺るがナイ。
アンキ:卑劣に揺さぶりハ通じナイ。
ギシン:自分のモノは自分のモノ。
アンキ:他人のモノも自分のモノ。
ギシン:中々に手強いデスねェ……



私はこの命を賭して我が主を救う。

へぇ、ずいぶんと安い命だね。

あなたと手を組むのはこれが最初で最後だ。

奇遇だね。
私もそう思ってた。
これ以上一緒にいたら殺し合うもんねぇ?

気が合うな。

ギシン:スノウとシンデレラが会っちゃッタ!
アンキ:これは血を見ル展開カシラ?
ギシン:コロし合イは大歓迎デス!
アンキ:まあまあ、ココは様子を見てみまショウ。
ギシン:正義と卑劣ノ我慢大会始マルザマス!



今すぐあなたを粛清してやりたい。

違うだろ?ムカツクから殺したい、だろ。

あなたという人はどこまでも!

はいはい。それで?
敵はどうするの?

倒すに決まっている!

ギシン:なーんダ、結局協力スルんだ。
アンキ:意外ニ気が合う二人でしたネ。
ギシン:一番遠いノニ一番近イ。
アンキ:アあ、なんタル皮肉!ナンたる喜劇!
ギシン:まったく作者モイイ趣味してル!



ピノキオ

+←展開する
“ゼペットによって作り出された
人形は社会不適合者だった。
社会の荒波に揉まれながらも
必死にもがく、ピノキオ。
果たして彼は、無事願いを
叶える事ができるのだろうか?”



そ、そんな!
僕には出来ないよ。

デモ、殺さないと作者は復活シナイヨ?

ソレが決まり。
ソレが絶対!

うう……どうしよう……

ギシン:何事モ自分で決メル事が苦手な人形。
アンキ:この先イッタイどうするのでショウ?
ギシン:心配いらないデス。だって彼ニハ――『杖』がアル。
アンキ:杖……杖ネェ……フフ……ヒヒヒ……



ああ、もう嫌だなぁ……

デモ、倒したのは自分。

デモ、殺したのは自分。

違うよ!あれは杖がやったんだ。
だって、僕1人じゃ何も出来ないもの……

ギシン:自分の手を汚したノニ。
アンキ:自分のセイでは無いと言い張るのデスネ。
ギシン:トんだ根性腐れ野郎♪
アンキ:とんダ腰抜け腑抜け野郎♪
ギシン:人形はしょせん人形なんですカネ?
アンキ:人形ネェ……



かぐやと申します。
お願いしますわね。

あ……僕はピノキオ、です。

あの、まずはどこに行きましょう?

ええと、かぐやさんに決めていただければ。

私は命令される方が好きなのですが……

僕は誰かに決めて貰う方が楽なんですが……

ギシン:被虐のかぐや姫と依存のピノキオ。
アンキ:コイツらの会話は苛々しますデス。
ギシン:ピノキオがかぐや姫ヲ虐めるとは思えナイ
アンキ:かぐや姫がピノキオヲ導くとは思えナイ。
ギシン:さてハテ、二人の行きつく先ハ?



た、戦いますか?かぐやさん。

戦った方がよろしいのなら、戦います。

僕は、かぐやさんが戦うなら……

私は、ピノキオさんが決めるのなら……

じめじめグチグチ、アーッ、ウザい!

2人でサッサと戦えバーカッ!

ギシン:二人を見てるトいらいらイライラ。
アンキ:正義のスノウでも投入シチャウ?
ギシン:スノウの胃ニ穴が開くので止めマショウ。
アンキ:じゃあ赤ずきん?
ギシン:私達の胃ニ穴が空くので止めマショウ。
アンキ:ハぁァ、みんな揃って問題児!



そうヤッテ、いつも誰かに頼っテル。

自分の意志は無いノデス?

意志なんて……僕は元々人形だし。

それはお話の中デノ事デショウ?

今は違ウ!
今は自由!

自由なんていらないのになぁ……

ギシン:今のピノキオは人間なノニ。
アンキ:もうお馬鹿な人形ではないノニ。
ギシン:いつまでも人形のツモリでいるのデス?
アンキ:だってその方が楽ダカラ。管理サレル方が楽ダカラ。
ギシン:ああ、それもアル意味人間ラシイ!



ド、ドラゴン!?

物語の世界デハお決まりデスヨ?

僕の話には出て来ないよ!?

残念。今ハ君のお話じゃないカラネエ。

せめてサメなら何とかなるのに!

ギシン:ドラゴン相手にどうするデスカ?
アンキ:また杖に頼って言いなりになるダケ?
ギシン:ソロソロ自分の意志で立ち向かってミテハ?
アンキ:無理ムリ!だってこの子はピノッキオ。
ギシン:得体の知れナイ杖を信ジル愚かな子!



鼻が伸びるなら僕だよね?

今の君ハ人間ダカラ。

鼻が伸びたらクリーチャー!

そうだよね。
でも、僕――
いつ、人間になったんだろう?

ギシン:今のピノキオは人間デスネ?
アンキ:紛うことナキ人間デスヨ?
ギシン:星の女神様が叶えた奇跡。
アンキ:人形を人間にした奇跡!
ギシン:でもソレ……本当カナ?





あれは僕……だよね?

ソノ通り!紛れもなくピノッキオ!

だけど、闇に染まったピノッキオ!

そんな……
じゃあ……
僕もいつか、ああなるの?

ギシン:もう一人の自分に震えてマスネ。
アンキ:アぁ可哀想。雨に濡れた子犬ノよう!
ギシン:ガタガタブルブルきゅーきゅー泣いて。
アンキ:たっぷり同情を集めた後に。
ギシン:自分が生きル為ニと言って――
アンキ:相手を犠牲にスルのでショウ?



かぐや姫

+←展開する
“その日。竹取職人の胸は
激しく脈打っていた。
長年のカンが告げている。
この竹林には何かあると……
その予感は的中し、翁は見事、
光る竹から乙女を見つけ出した。”



作者の復活二ハ犠牲が必要!

イーッパイ敵を殺してクダサイネ?

わかりました。
私、ヤッてみますわ。

ギシン:かぐや姫は何ダカ嬉しそうデスネ?まるでコロス事に恋しているミタイ。
アンキ:ウウン、恋とはちょっと違うヨウナ?
ギシン:乙女心は複雑怪奇!



ああ……いいです。
強い人は大好き。

強い人が好きト言うヨリ……

痛めつけられルのが好きなんじゃナイノ?

そんな、はしたない!
私は……その……
もっと強い快感を味わいたいだけですわ……

ギシン:痛めつけらレルのが好きだナンテ!
アンキ:コイツはとんだ変態デスネ!
ギシン:違う違うと言いナガラ瞳は期待に潤んデル。
アンキ:変態変態変態変態変態変態変態変態!
ギシン:ナラば望みを叶えてあげなキャ。
アンキ:強いナイトメアと戦わせなキャ!



かぐやと申します。
お願いしますわね。

あ……僕はピノキオ、です。

あの、まずはどこに行きましょう?

ええと、かぐやさんに決めていただければ。

私は命令される方が好きなのですが……

僕は誰かに決めて貰う方が楽なんですが……

ギシン:被虐のかぐや姫と依存のピノキオ。
アンキ:コイツらの会話は苛々しますデス。
ギシン:ピノキオがかぐや姫ヲ虐めるとは思えナイ
アンキ:かぐや姫がピノキオヲ導くとは思えナイ。
ギシン:さてハテ、二人の行きつく先ハ?



た、戦いますか?かぐやさん。

戦った方がよろしいのなら、戦います。

僕は、かぐやさんが戦うなら……

私は、ピノキオさんが決めるのなら……

じめじめグチグチ、アーッ、ウザい!

2人でサッサと戦えバーカッ!

ギシン:二人を見てるトいらいらイライラ。
アンキ:正義のスノウでも投入シチャウ?
ギシン:スノウの胃ニ穴が開くので止めマショウ。
アンキ:じゃあ赤ずきん?
ギシン:私達の胃ニ穴が空くので止めマショウ。
アンキ:ハぁァ、みんな揃って問題児!



タダ虐めるだけデハ駄目なんダ?

面倒クサイ。
面倒クサーイ!

私、理想が高いのでしょうか……

ギシン:虐め方にモ注文があるンですカ。
アンキ:ただ単に痛めるだけでは駄目なんデスか。
ギシン:理想の高い女は嫌われルのにネェ。
アンキ:変態のプライドなんですかネェ。




アノかぐや姫もヤッパリ変態?

変態はやめてください!

デモ、虐められたそうな顔シテルヨ?

ネェ、試し二虐メテみれば?

……わかりました。

ギシン:アッチのかぐやもコッチのかぐやも。
アンキ:みんなミーンナ虐めて欲しい変態サン!
ギシン:ナイトメアでもそれは変わらナイ?
アンキ:ある意味立派なヘンタイさん!
ギシン:自分に虐められて喜んじゃうナンテネ!



ああ、誰かにこの身を縛ってほしい……

ワー、変態ダ!
ヘンタイダーッ!

ち、違います。
私はただ……

思いっきり虐められタインデショ?

ん……

わぁ、頬を染めて頷いタ!変態ダー!

ギシン:そろそろ気付いてイルのかな?
アンキ:ソロソロ悟ってキタのかな?
ギシン:自分を縛るホドに強いモノ――
アンキ:自分を思いっきり虐めてくれるモノ――
ギシン:出会えないネェ。フフフフフ……
アンキ:理想は高いネェ。ヒヒヒヒヒッ!



あの方、とっても強いですよね?

そりゃぁモウ!

なんてったってドラゴンですカラ!

ああ……なんて素晴らしい……!

ウワッ、泣いてル!?

ヤッパリヤッパリ変態ダーッ!?

ギシン:望み望んダ存在にヤット出会えた?
アンキ:圧倒的な存在にヤット出会えた!
ギシン:サア、思う存分虐めて貰おウ!
アンキ:骨の髄まで痺れヨウ!
ギシン:アぁ、デモ残念。このナイトメア――
アンキ:かぐや姫より弱いカモネ?



第五章

+←展開する


あの人形達の言うがままに戦わされるのは癪ですが、

私は、目的の為に戦うだけ。

クソ人形は後からぶっ壊す。

兄様、兄様、兄様、兄様……

貴方達の素晴ラシイ決意!
ソレゾレの美シイ覚悟!

受け取りマシタ!
ウケトリましたトモ!

ギシン:オオ!集まってキマシタ!集まってキマシタ!
アンキ:色んなキャラクターがイルマスね?
ギシン:混沌の世界の中でどうやって生きてイクのかな……
アンキ:もしくは、どうやって死ぬノカナ?
ギシン:楽しみスギル!タノシミスギール!



……くさい。うるさい。
見たくない。

怖い……怖いよ……

関係ない……
ボクには関係ありません。

ふふふっ……
本当にそうかしら?

そうやって目ヲ逸らしても、ソウやって耳を塞いデモ。

逃げられませんデス!
戦うしかナイノデス!

ギシン:見ちゃっタネ?
アンキ:見ちゃっタネ?
ギシン:ソノ真実を。その未来を。
アンキ:でも、もう遅イ。引き返セナイ。
ギシン:戻る道など、どこにも無いノデスマス!



……

……

ようやく気づきハジメマシタね。

ようやく気づきハジメマシタよ。

現実の裏に隠サレタ真実。

真実を求メル代償。

もう、引き返す事ハ無理。

もう、悪夢はオワリマセン。

フフフッ……
サア、次の戦イヘ。

クククッ……
より凄惨デ、残酷ナ悲劇を……