フォシテス

+目次

シンフォニア

「劣悪種は滅びる運命にあるのだ」
年齢:数千歳 性別:男性
声優:吉水孝宏
イセリア地方の人間牧場を管理しているディザイアンの幹部。
物事を理路整然と考え、ディザイアンたちの間では英雄視されている。
クルシスの千年王国樹立に心酔しており、その理想のためにいのちを捨てる覚悟を持つ、理想主義者。

+ネタバレ
イセリア人間牧場のボスでディザイアン五聖刃の一人。
かつてテセアラで起きたハーフエルフ虐殺事件で首謀者を皆殺しにし、
多くの同志を助けたことからディザイアンの英雄と呼ばれた。
戦闘では左腕に改造して取り付けたランチャーを扱い、風属性の技と魔術を使いこなす。

ロイドとジーニアスがマーブルを救おうと行動したことを知り、
マーブルのエクスフィアを暴走させて「ロイドにふさわしい罰」として差し向けた。
その際に自我を取り戻したマーブルの決死の自爆に巻き込まれ重傷を負う。

それからだいぶ後の大樹の暴走の際に魔導炉を操作しなければならない際に障害として再登場。
ハーフエルフの千年王国の理想実現を願っていたことから上司ユグドラシルへの忠義も高かったが、
クラトスが「ユグドラシルが捨て駒のディザイアンなど救うものか」と発言した時には動揺を見せた。

PS2版ではクラトスによると1000年前のプロネーマ、マグニスと彼が禁書の記憶に登場することを鑑みると当時からの忠臣。
この時は禁書の再封印で最も功を挙げた者が五聖刃の長の座を与えられることになっていたようだ。

マグニスの死の直前の発言から同僚のロディルに「神子を殺せ」という偽の情報を与えられていたと思われるが、
マーブルの自爆で重傷を負っていたためか彼がロディルに協力していた様子は特にない。

添付ファイル