オゾン草

名前 オゾン草
分類 野菜
初出 102話
捕獲レベル 68
生息地 ベジタブルスカイ


概要

ベジタブルスカイに生息する野菜の王様。
食べると天にも昇る爽快さが得られることから、「天空草」とも呼ばれる。
一口食べれば地上の野菜が全て賞味期限切れに感じるほど、天からの恵みを直に受けた瑞々しさと新鮮な旨味を味わえる、野菜の頂点と言える食材。

キャベツや白菜のように葉が重なっている包皮型の野菜で、葉を全て剥くと本体の小さな葉っぱが現れる。
特殊調理食材であり、「臭いが強烈な葉から順にニ枚同時に剥いでいく」という工程を少しでも間違えると瞬時に腐って食べられなくしまう。
太陽から降り注ぐ紫外線などの有毒物質を大量に吸収しており強い刺激臭を放っているが、
臭いの強弱はトリコの嗅覚でようやく判別できるほどの微妙なもののため、捕獲は非常に困難。

それに加えて、2箇所同時に食べない場合も腐ってしまう特殊賞味食材でもある。
そのため通常は2人でないと食べられないが、オゾン草が気付かないほどのスピードでほぼ同時に2回かじることで、1人でも実食可能。

来歴

一龍トリコに課した修業食材の一つ目。
「今まで食べた野菜は腐っていたのか?」と疑問を抱くほど衝撃の衝撃を与え、トリコのグルメ細胞を進化させた。
しかし、「トリコより小松を好んでいたこと」、「同時食いの食材がフルコースにあっても困ること」が理由でフルコースには入らなかった。

後にオゾン草の外側の葉を製したオゾン茶も登場した。一龍曰く、「かなり苦いが、慣れればやみつきになる」とのこと。

アニメでは腐るのではなく葉がつぼみに戻ってしまうよう変更されている。

関連項目