ふむ……男を手っ取り早く成長させるのは女だっていうのは、彼を見ていて判ったけど───じゃあ、キミの場合はどうなのかな?

発言者:草笛 切
対象者:緋文字礼


エリザベータ√、ギアーズとの戦闘で負った損傷を自室で癒す礼。
そんな彼の元に、いつものように無表情で、切が訪れる。

敵拠点に囚われていた凌駕が帰還したと伝える彼女に、礼は微笑を浮かべ「よかった」と冷静な反応を示す。
そんな彼の反応に切は不思議がるも、「背中を預け合う対等な相手に対し過剰な心配はむしろ侮辱。彼ならきっと戻ってくると信じていた」
――礼は、より力強さを増したようにも思える、親友への信頼の言葉を語る。

そうして、他者には必要以上に踏み込まない切にしては珍しく、酒を交えて話を続けようとする。
二人の話題は、変わらず「秋月凌駕」の事について。
礼曰く「珍しく機嫌のよさそうな」女は、先程確かめてきた凌駕の“変化”に関して、


「まあ、ね。若者の成長過程に立ち会うっていうのも、満更悪いものじゃないなと思ったり」

「一晩見ない間に、だいぶ面白味のある男になってたよ。揉んだり揉まれたり、知らぬ間に色々あったと見える」


詳細は「ノーコメント」としながらも、そんな風に凌駕の事を語る切。
一通り語り終えた彼女は、「自分はそういう事に共感する人間でもないと感じていたんだけど……」と何処か自嘲めいた言葉を残すも、
礼は穏やかに「幾つもの顔を使い分け、時には己の本質さえ分からなくなるのが人じゃないのかい?」
「本当の君はもしかしたら、そういう(・・・・)人間なのかもしれないよ」と、柔らかな言葉で諭す。
そして、放浪の日々では否定的に考えてきた己の記憶喪失も、むしろ「これから先も自分を見失う事はなくなるだろう」と、
いつの間に生まれていたのか……自虐の中にも自信をうかがわせて、前向きな姿を見せるのだった。

「知らない間に成長してたのは、どうやら秋月クンだけじゃなかったみたいだね」

そんな、自分の境遇を受け止め、他者さえ慮る余裕を見せる礼に……口元を綻ばせた切は、問う。


「ふむ、男を手っ取り早く成長させるのは女だっていうのは、彼を見ていて判ったけど……」

「じゃあ、キミの場合はどうなのかな………?」


試すような切の問いかけに、はぐらかすように……礼は曖昧な微笑を浮かべるだけ。
一本取られたか、というように切がグラスを高く掲げた。


「……なんだか転がされてる気分だよ。もしかして、記憶を失う前はジゴロだったり?」

「………いや。素直になるのが照れ臭いだけの、単なる野暮な男だよ」


少しだけ真剣味を帯びた眼差しが、捉え所のない切の視線と束の間絡んだ。


過去を失くした男と、紫煙のような女。
(しず)かな夜は、酒精(アルコール)の香りと共に更けていくのだった――――




名前:
コメント: