死王血鎖

ノスフェラトゥ

「我が名は公子ニナ・オルロック。
 この地にて徒に騒擾を為すと言うならば、その権と力をもって断罪するも如くは無し」

「警告します────その覚悟、有りや無しや?」



ニナ・オルロックがその血に宿す賜力
活性化させた自身の血液を髪に伝えることで極細の鋼糸として操り、敵を切り刻む。
能力を発動中の髪は、ある程度の延長が可能なようで切り裂くのみならず、刺突も可能。
鋼糸を束ねることで銃弾を防ぐ盾にしたり、足場にして敵の攻撃を回避するといった場面も見られた。

屋内や閉鎖空間では非常に強力な能力だが、活性化させた血を用いて髪を操るという性質上トシロー絶戒闇手の前には急所をさらけ出しているも同然で相性は最悪といっていい。
トシローにダメージを与えるも、磁性化させた血液を髪に付着させられ髪の制御を完全に奪われるという、詰みの状況にまで持って行かれるほどである。
バイロンのような当たっても意に介さない藍血貴ケイトリンといった回避に長けた能力を持つ相手にも不利な印象は否めない。

余談だが、アイザックもこの賜力を真似たような血液の鋼糸を作り出す場面があり、
彼がかつてニナの教育係をしていた際に、彼女のこの賜力を見たことがあるのかもしれない。

詠唱


我が名は墓に眠りし王が娘なり。その名に於いて命ず。
我が血に宿りて命無きものに無尽の力を与えよ─────死王血鎖(ノスフェラトゥ)




  • 能力名の元ネタは1922年のドイツ映画『吸血鬼ノスフェラトゥ』。 -- 名無しさん (2015-03-27 16:21:09)
  • 形成 -- 名無しさん (2017-04-16 10:16:45)
  • それは言っちゃだめ -- 名無しさん (2018-12-03 20:03:45)
  • 一番可愛い。 -- 名無しさん (2019-01-22 04:39:42)
名前:
コメント: