「雑魚だったろ、相手」

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

「雑魚だったろ、相手」(ざこだったろ、あいて)


遊戯王5D's主人公不動遊星の記念すべき初台詞。ジャックのデュエル中継に対する雑感。
当時の無口な遊星が一番最初に言った主人公にあるまじき衝撃の言葉である。
この後「あいつ、つまんねえだろうな」と続く。

一応補足すると、この時遊星は試合の様子を見ていない。にも関わらずこの発言。
つまりこれは別段相手を貶めるものではなく、単純にジャック相手では誰でも雑魚同然だろうという旨の内容なのだと思われる。
遊星はその後この相手とデュエルする事になるのだが、その時は彼の実力を素直に認めるに至っている。

ちなみに、当の遊星は牛尾にクズ呼ばわりされてキレたりしている。
雑魚は良くてクズは駄目とは、どこか理不尽な気がしなくもない。