バグ情報

進行に影響の大きいもの

リューネルート5話開始時にフリーズ

5話開始時点で、カチーナ及びラッセルの量産型ゲシュペンストMk-II改を換装している場合、フリーズが発生する場合がある。
この時点では換装パーツの揃えが不完全なことが原因であるようであり、両機の換装はヒリュウ改に合流し、正規に換装が可能になるまで留保すること。

40話「蒼炎の逆鱗」でゲームオーバー

  • MAP途中本隊が増援に来ると敗北条件の龍虎王が消滅し、その後一度でも誰かが戦闘すると即ゲームオーバーになる事がある。
  • 一度発生すると中断セーブから再開しても再現してしまうので、前話クリア後のデータをロードするしかない。
  • Gバイソン(グルンガスト参式のサブ座)が無人状態でないと必ず発生する
  • バンナムのコールセンターへ問い合わせした結果、バンナムの検証結果としては龍虎王を虎龍王へ変形させることがトリガーになっているとのこと。
    • 教えてもらった一時対策としては40話では龍虎王を虎龍王へ変形させないで欲しいとのこと。恒久対策を取るかについては検討中とのこと。
    • また、改めて検証すると虎龍王に変形してキャラを問わず、味方増援後の最初の1回目の戦闘アニメーションを見るとゲームオーバーになる模様。
    • そこさえ戦闘アニメーションをOFFで進めれば発生せず、あとはアニメーションを見ようと見まいと特に発生しない模様。
  • また、上記に関連したバグとして、前話でエクセレンがGバイソンに乗っていると、シナリオ開始時の強制出撃の場面で必ずフリーズする
    (直前のインターミッションで、強制出撃のキョウスケのツイン相手が、本来のエクセレンではなくブリットになっているのを確認)
    これを解消するためには、前話(39話)の最初まで戻り、エクセレンを別の機体に乗せかえる必要がある。

45話開始時にフリーズ

44話終了後のインターミッションの時点で強制出撃のツインの組み合わせがおかしくなることがあり、実際にマップを開始するとユニットがマップ上に配置される際にフリーズする
  • 強制乗換&強制ツインになるキャラが直前のマップで他の機体に乗っていると発生する可能性があるようだ、乗換の組み合わせ次第で確実に発生する?
  • 本来 ライ(R-2)+マイ(R-GUN) リオ(機体自由)+リョウト(機体自由) アリエイル(フリッケライ)+エクサランス イング(アッシュ)単体 アクア単体で固定される
    イング+リョウト リオ単体になってフリーズ(直前の乗換組み合わせ不明)
    ライ+リオ リョウト単体 マイ単体になってフリーズ (直前の乗換は リオがGラプター マイがGバイソン 他はデフォ機体)
    前のマップのセーブデータからやりなおして、乗換えることで回避できるようだ。
    セーブデータを上書きしてしまった場合でも44話攻略中のコンティニューデータが残っていればゲームオーバーになることでインターミッションに戻ることが出来る
  • 原因の考察
    • 報告例に強制乗換になるキャラが直前にグルンガスト参式に乗っているケースが多い
    • ライ+リオ(直前でリオGラプター、マイGバイソン)のケース「ライとマイでツインを形成しようとする」→「マイの機体のメインパイロットはリオ」→「ライ+リオで組んでしまう」?
      • これを踏まえて、44話でリョウトGラプター、マイGバイソンにしてみると ライ+リョウトで固定されてフリーズ発生した
        リオGラプター、ライGバイソンにしたところ、編成画面ではリオ+マイ、ライ単体、リョウト単体で固定されているが正常に出撃できた(ツインの組み合わせも出撃後正常なものになっている) 強制出撃ツインのメインパイロットになる側が正常に配置されるからか?
        ラッセルGラプター、マイGバイソン 編成画面でライとマイが単独になっているが正常に出撃可能
        • リョウトがどの機体にも搭乗していない場合でもフリーズしたという報告が過去にあった。44話前のインターミッションでアーマリオンに登場させる事で回避できたようだ。参式は仕様上乗せてる機会が多いというだけの可能性も…
強制出撃になるキャラ同士で参式に乗っていると危ないようだ(リオ+リョウトで参式に乗っている場合は問題ない)
44話前のインターミッションでグルンガスト参式を空席にしておけば確実にバグ発生を防止できると思われる、44話は魔装機神組の強制出撃のみで鋼龍戦隊が出撃することはないため一時的に乗り換えることによる戦力への影響はない

フリッケライ・ガイストでフリーズ

  • フリッケライ・ガイストに換装武器を積みすぎると武器選択の時フリーズする事がある。
    選択ページが2ページ超えるほど積むと確率が上がる。
    • 1個でも止まる事があるので、換装武器を持たせないのが一番安全。

精神コマンド「祝福」「応援」でフリーズ

  • 味方全部隊に幸運(努力)がかかっている状態でも、祝福(応援)を選択することができてしまい
    その状態で、対象を選ぶ際にリスト表示(△ボタン)をすると画面が暗転してフリーズする
    ※ソフトリセットは受け付ける
    • 味方を全てシングルユニットにして幸運(努力)を全員にかけた場合は、祝福(応援)が選択不可になるため
      祝福や応援の対象を部隊単位ではなく機体単位で判定しているため起こる現象のようだ
    • 他の対象選択型の精神コマンドではこのような現象が起こることはない(精神コマンドの選択自体ができなくなるため)

進行に影響の少ないもの

ミチルがBセーブを習得できない

  • Gバンカランには弾数制の武器であるGビームを所持しているのにも関わらず、Bセーブを習得できない。
    おそらくは設定ミスだろう。

アルテリオンのアビリティが、ツインで僚機に反映されない

  • 合体の関係か、適用がオカシクなっている模様。
  • 一部なのか全部なのかは未検証。
    どこまで反映されて、どこまで反映されないのかは要調査。

敵を倒さずに連続行動

  • 攻撃を仕掛けたユニットがカウンターで射程DOWNの攻撃を受け攻撃不能になった場合、敵機を撃墜していないにも関わらず連続行動が発動する。
    • サブユニットが攻撃を続行した場合は通常の処理通り行動終了扱いになる。

合体ユニットと連続行動スキル、精神コマンド覚醒、連撃に関するバグ

本来なら連続行動スキルや覚醒、連撃は合体ユニットの場合メインパイロットにしか効果がなく分離側のユニットの行動終了は回復しないが、特定条件で分離側ユニットの行動終了も回復する
  • 連続行動スキル発動時、ツインのサブ側にいる合体ユニットの分離側ユニットの行動終了が回復する
  • 連続行動スキル、精神コマンド覚醒、連撃が発動する際に「ヒット&アウェイによる移動」を発生させると、ツインのメイン側にいる合体ユニットの分離側ユニットの行動終了が回復する
    (つまり連続行動スキル発動時にH&Aが発生するとメインとサブ両方の合体ユニットの分離側ユニットの行動終了が回復する
    • 具体例
      メイン参式+サブ龍虎王、Gバイソンと虎王機を行動済みにして合体する
      移動後攻撃で連続行動スキルが発動した場合、Gバイソンは行動済みのまま、虎王機は行動済みが回復
      連続行動スキル発動時にヒット&アウェイも発動させた場合、Gバイソンと虎王機両方の行動済みが回復
      精神コマンド覚醒を使用し移動後攻撃した場合、Gバイソンと虎王機両方が行動済みのまま
      精神コマンド覚醒を使用しヒット&アウェイを発動した場合、Gバイソンの行動済みが回復、虎王機は行動済みのまま
      精神コマンド連撃は覚醒と同じ挙動になる
  • ちなみに再動の場合は普通に分離ユニットの行動終了も回復する

バグと間違えやすい仕様

サブ専属パイロットにラーニングを付けてもメインパイロットと同じPPを取得出来ない

サブ専属パイロット(ツグミやフィオナ)のPP取得量には50%の補正が掛かるが、この補正はラーニングでも相殺できない。
ラーニングで相殺できるPP補正は、あくまでツインのサブユニットに配置する事で発生する補正(75%)のみ。
サブ専属パイロットがメインパイロットと同様のPPを取得出来るようになるわけではない。
  • SRXや参式のサブパイロット等はサブ「専属」ではないので、このPP50%補正は受けない。

ラ・ギアス編でルート外のため加入しなかった魔装機神勢の周回撃墜数引継ぎ

厳密にはバグか仕様かわからないが、基本的に実害が無く、むしろ得をするため便宜上ここに。
ラ・ギアス編限定のキャラと、ラ・ギアス編では加入しなかったが後(44or46話)で加入するキャラで別の現象が起こる。
  • ラ・ギアス編限定の仲間(トールス・ゴルド・セニア・ゲンナジー及び、スポット参戦のルザック州軍兵士ABとカークス)の場合。
    ルート外で加入しなかったキャラは、四周目以前でも周回引継ぎによる撃墜数の減少をされず、最後の撃墜数が記憶され続ける。
    • 例えば、一周目でマサキルートを通りセニアの撃墜数を50にし、二・三周目でリューネルートを通り、
      四周目で再びマサキルートを通ると、セニアの撃墜数は50で仲間になる。50*0.5*0.75=18(切捨)とはならない。
      • おそらく、仲間として登場する段階で撃墜数の引継ぎ計算を行っている?
    • フェイル・ロドニー・エリスは不明。
  • 後で加入する仲間(魔装機神パイロット4人とリューネ・ザッシュ・プレシア)の場合。
    ルート外で加入しなかったキャラは、前周からの引継ぎ分になぜか一定数加算されて仲間になる。
    • 44話で初加入するキャラは+43、46話で初加入するキャラは+45。初期撃墜数-1増えているということになる。
      • 例えば一周目マサキの撃墜数を80でクリアし、二周目にリューネルートを通る。
        すると80*0.5で引継ぎは40だが、ルート外だと撃墜数は44で仲間になるため、加入時の撃墜数は高い方の44になるはずである。
        が、なぜか40+43の撃墜数83で仲間になる。
        ちなみに、24話で仲間になるキャラでは発生しない様子。
        • これにより二周目以降は、それまで使ってなくてもルート外キャラは加入時にエースになっている。
          本来二周目でエース加入するには撃墜数100必要で、通常プレイだと難しいため、撃墜数を抑えたい理由でもない限りは得をする。
          原因不明だが、例外もあるものの基本的に初期撃墜数=加入話数、離脱中の増加数=離脱話数なので、
          実は内部的に1話でLv1で加入→離脱とかしているのかも?
    • 関係あるかは不明だが、ラ・ギアス編で仲間にしたキャラは、44or46話での再加入時にLvと撃墜数の加算量が普通より少なく
      44話のキャラの場合、27話ほど不在だったのに+19しかされていない。(前述のように、基本的には離脱中の増加数=離脱話数)
      一応これ自体も、バグか仕様かはともかく珍しいケースである。
      • 数字上は25話で離脱した計算になる。魔装機神勢の隠し武装追加条件が撃墜数平均25機なので、何か関係があるのかも?

誤字、脱字等

  • マサキルート10話テツヤのセリフ「……戦局はまだまだ余談を許さぬようだな」→「余談」ではなく「予断」が正しい
  • マサキルート15話IMのイルムのセリフ >……以外にまめなんだなマサキ→意外に
  • 地上ルート 36話 ラージのセリフ 「ええ。メリオルエッセは機体は」 → メリオルエッセの機体は
  • ハードルート最終話メキボスのセリフ 「いすれにせよ~」 →いずれにせよ
  • 途中セーブのヘルプメッセージ「同じ状態から再現できる」 →「再現」ではなく「再開」なのが正しい
  • 43話 ハイペリオン合体イベントの際、アイビスの「了解!」及びフィリオへの独白の時にペンダントが消えている
  • 地上57話にてアルテウルとアクセルを戦わせると、戦闘セリフでアルテウルの正体を見やぶる
    • おそらく戦闘セリフのフラグ管理ミス。ラスボスに対してこのセリフは言わず、またラスボスに言うには若干不自然な為、セリフ収録時には正体を明かしたアルテウルとの戦闘が想定されておりその没台詞かもしれない。
最終更新:2021年02月21日 00:21