アッシリアの戦い

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

アッシリアの戦いとは、ザールック1482月、リグライナ帝国と、レイド国の間で起きた戦いである。

戦闘に至るまでの背景

鉄の鎧兵を発掘したリグライナ帝国は、その軍事力を背景に、1480年頃から周辺諸国に同時侵略をはじめた。
同時に複数の国を敵にまわすという本来ならば避けるべき軍事行為を平然と行えるほど、鉄の鎧兵の力は凄まじく、事実リグライナ帝国は、苦戦する戦いこそあったが、敗北知らずで周辺諸国を併合していた。
これは、皇帝ガルバードが、双臥の教えである国家統一論に心酔して、小国の乱立ではなく、巨大な一国を作り上げてこそ平和が維持できると信じていた為である。
北方の国をあるていど併合したリグライナ帝国は、続いて本格的な南方侵攻をはじめた。
その帝国軍の前に立ちはだかった大国がレイド国であった。
こうして両国は、冬のアッシリア草原にて対陣、アッシリアの戦いが勃発する。

この戦いの直前、レイド国の同盟国で、国と言うより集落に近い牙の国も併合されているが、そこから脱出した封牙舞封牙刹那姉妹も、客将としてレイド国に身を置いていた。

両軍の戦力

攻撃側 守備側

リグライナ帝国軍
軍勢
レイド国軍
総兵力26000 兵力 総兵力12000
キリカ 総指揮 カルザーク
軍師
主要参戦者

キリカ

レッドリバナ




カルザーク

ガルバラ

封牙舞

封牙刹那


戦闘経緯

リグライナ帝国は、レッドリバナに先陣を任せた。これまで辺境の地の集落平定くらいしか任されなかったレッドリバナは、このようやく回ってきた手柄をあげるチャンスに意気高揚し、自分の力だけで勝利することで内外に名を轟かせようと本隊から大きく離れて最前線に駐屯した。
その様子を見ていた客将の封牙舞は、敵陣の炊事の煙がいつもより多いことから、先陣が本隊の到着を待たずに仕掛けてくると看破する。この意見を聞いた老将カルザークは、軍勢を伏せ、レッドリバナ軍が進軍してきた後、退路を絶って完全包囲、先陣を壊滅させた。

しかし、続いて到着した本隊には、鉄の鎧兵であるプロトノヴァが実戦配備されていた。
感情を持たず、完全に破壊されるまでは痛みも感じないこの無言の鉄兵が夜襲を仕掛け、初戦の勝利に沸くレイド国軍を一瞬にして恐怖の坩堝へと叩き落した。
本隊は瓦解し、撤退する仲間を援護するため前線に残ったガルバラは戦死、封牙舞封牙刹那は戦場より離脱、そして、若き頃よりレイド国に数多くの勝利をもたらした老将カルザークは、高齢をおしての出陣もたたって、撤退の途中に吐血、そのまま帰らぬ人となった。

戦いの結末

レイド国は、これ以後侵略する帝国軍に対して防戦一方となる。
鉄の鎧兵が行動できない山岳地等を利用して、ある程度の時間稼ぎには成功するものの、キリカの知略によって拠点は次々と陥落し、1484年に首都が陥落、国王クルセイアの処刑をもってリグライナ帝国に一時併合される。



最終更新:2013年02月08日 17:11