※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

変態としての純愛を究めていく

純愛という厳しい縛りの下に行われる恋愛こそが、そこに投入されているルールの複雑さや自己正当性の主張、閉鎖性などの点において最も変態的であり、逆説的に変態のヒエラルキーの頂点に君臨するプレイであり、それが深度を増すことによって純愛と変態という二項対立を脱構築せんという丫戊个堂の提唱する恋愛観。




.
最終更新:2011年02月18日 12:53