ウェブカメを使って料理コンテンツなどもお送りしていこうとつぶ貝を御徒町の吉池魚の館で購入してきた丫戊个堂。

いつものとおり「ニュアンス」と「ググる」をキーワードに物事を解決しようとして、
つぶ貝の殻を居合刀で砕くなどの狼藉を繰り広げていたが、
チャットから「つぶ貝は唾液腺を取らないと中毒になる」という重要な情報が書き込まれた。

ウェブカメ料理配信でチャットを読む余裕のない丫戊个堂はしばらくその重要情報をスルーしていたが、
ぱぱ☆vipセピーダエの数度にわたる注意喚起によって、それに気が付く。
しかし、その時にはすでにつぶ貝はバラバラにさばかれており、唾液腺をちゃんと取ったかどうか定かでないまま、実食となった。

噂では30分もすれば毒が回ってきて、視覚異常、めまい、酩酊感、吐き気、頭痛などの症状が表れるということで、
チャットの衆目を集めていたが、最終的には無事だった。食中毒さんは伊達ではなかった。

それ以降、毒、もしくは毒のある部位の代名詞として唾液腺という言葉が使われることがある。





.