散野急行鉄道2000系

散急2000系は、散野急行鉄道の車両である。

概要


散野急行鉄道2000系電車
基本情報
運用者 散野急行鉄道
製造所 美咲車輌製造
製造年 1979〜91年
製造両数 156両
運用開始 1980年1月10日
主要諸元
軌間 1,067mm
電気方式 直流1500V(架空電車線方式)
最高運転速度 120km/h
設計最高速度 120km/h
起動加速度 2.5km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用)
4.1km/h/s(非常)
車両定員 本文参照
全長 20,000mm
自重 Tc1車,Tc2車:31.2t
M1車:36.8t
M2車:36.2t
全幅 2,800mm
全高 4,050mm
床面高さ 1,130mm
台車
軸ばね式ダイレクトマウント空気ばね台車
主電動機 (第1〜27編成)直流複巻電動機
(第28〜39編成)かご形三相誘導電動機
主電動機出力 150kw
駆動方式 WNドライブ方式
歯車比 87:16(5.44)
制御装置 (第1〜27編成)界磁チョッパ制御
(第28〜39編成)GTO素子VVVFインバータ制御
制動装置 回生併用電気指令式空気ブレーキ
保安装置 本文参照

1979年に導入された車両。神宿鉄道8000系と共通の設計である。
登場した当初は2M2Tの4両だったが、1996年以降から順次8両化対応の為に2編成を繋ぎ合わせた。2101編成から2139編成までの39本156両が製造されたが,2113+2114編成は朝村事件で廃車された。また8連化の余剰となった2127編成は予備車となっているが,事実上の部品取り車となっている。

運用

登場時から主に優等種別の車両として用いられている。なお,起動加速度の低さから各駅停車運用に就くことは少ないほか,雨川高速鉄道春沢線商栄線との直通運転には用いられない。

現在 18編成144両+予備車4両
最終更新:2020年10月31日 13:46