散野急行鉄道3000系

散急3000系は、散野急行鉄道の車両である。

概要


散野急行鉄道3000系電車
基本情報
運用者 散野急行鉄道
製造所 美咲車輌製造
製造年 1990〜93年
製造両数 76両
運用開始 1990年7月10日
主要諸元
軌間 1,067mm
電気方式 直流1500V(架空電車線方式)
最高運転速度 100km/h
設計最高速度 100km/h
起動加速度 3.5km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用)
4.1km/h/s(非常)
車両定員 本文参照
全長 20,000mm
自重 Tc1車,Tc2車:30.0t
M1車:35.8t
M2車:35.2t
全幅 2,800mm
全高 4,050mm
床面高さ 1,130mm
台車 軸ばね式ダイレクトマウント空気ばね台車
主電動機 かご形三相誘導電動機
FEI-IM88
主電動機出力 150kw
駆動方式 WNドライブ方式
歯車比 85:14(7.07)
制御装置 (製造時)GTO素子VVVFインバータ制御
(更新後)IGBT素子VVVFインバータ制御
制動装置 回生併用電気指令式空気ブレーキ
保安装置 本文参照

1990年に導入された車両。
登場した当初は4両だったが、1996年以降から順次8両化対応の為に2編成を繋ぎ合わせた。その際4両が余剰となった。また、走行距離調整のため頻繁に編成を入れ替えている。

車内


2000系後期車に準ずる。カラースキームは緑系。3105Fでは登場当時に折り畳み座席の試験が行われていた。

機器類


主電動機には船橋電機製の誘導電動機が使用されている(南山ネットワークグループでは珍しい採用例。この電動機を装備しているのは他には塔野高速鉄道TR-2000系電車の最終増備車。)。

運用


最高速度の低さから優等運用には就かず、主に各停運用で使われている。また雨川高速鉄道春沢線商栄線への直通運用に対応していないため、専ら本線や花松線の運用に就いている。そのため新都でこの車両を見ることは珍しい。

現在 9編成72両+予備車4両
最終更新:2020年10月31日 13:49