塔野高速鉄道TR-5000系電車

TR-5000系電車は,塔野高速鉄道の通勤型車両*1

塔野高速鉄道TR-5000系電車
TR-5000系の前面(前期車01F)
基本情報
運用者 塔野高速鉄道
製造所 船橋重工業豊崎工場
製造年 2005年〜
製造両数 434両
運用開始 2006年4月28日
主要諸元
軌間 1,067mm
電気方式 直流1500V(架空電車線方式)
最高運転速度 130km/h
設計最高速度 130km/h
起動加速度 3.3km/h/s
減速度 4.2km/h/s(常用)
5.0km/h/s(非常)
車両定員 本文参照
全長 先頭車:20,200mm
中間車:20,000mm
自重 Tc1車,Tc2車:26.0t
M1車:32.4t
M2車:32.6t
T1車:24.2t
T2車:25.2t
T6d車:24.4t
全幅 2,800mm
全高 4,050mm
床面高さ 1,125mm
台車 ボルスタレス方式空気ばね台車
電動車:TRB-M105
付随車:TRB-T105
主電動機 かご形三相誘導電動機
TRM-I105/TRM-I120C
主電動機出力 210kw
駆動方式 TD継手式中実軸平行カルダン方式
歯車比 99:16(6.19)
制御装置 IGBT素子VVVFインバータ制御
フルSiC-FET素子VVVFインバータ制御
制動装置 回生併用電気指令式電磁直通ブレーキ
(全電気式)
保安装置 本文参照

概要


4000系をさらに発展させた車両として2005年から製造された。2008年の八城開業に備え,高速運転に対応した足回りを備えている。車体工法には2枚のフラット外板を雨樋部で張り合わせる新工法Nexsus(ネクサス)を採用。以降の塔野高速の車両におけるスタンダードとなった。2015年の増備車からは新工法であるNexsus 2.0を採用,これにより外板を完全フラット化した。

車体


前述の通り軽量ステンレス車体を採用。紺色と空色(or青緑色)の2色の帯を纏う。窓上に2色,前面を含め窓下は紺色1色の帯となっている。

車内


基本的には4000系のカラースキームを受け継ぐ。大型袖仕切りを始め,青紫系のFRPが多用されている。側面扉上には15インチのLCD式車内案内表示機を2基/扉備える。後期車からはハイバックシートの採用,車内案内表示機の大型化及びデジタルサイネージとして車内広告に代わる液晶ディスプレイを24基(中間車)/両備える。各車両ごとにフリースペース(車椅子スペース)を設置しているため,着席定員は45人(先頭車)/51人(中間車)と少ない(ただしこれは初期/中期車の仕様。後期車は3-5及び4-6扉間の座席が6人掛けに変更されたため43人/49人に減少。また後述のcT5008では39人)。

機器類


IGBT素子VVVFインバータ制御を本格採用。1コンバータ1モータの個別制御方式を採用しており,全ての電動車に4基ずつ搭載されている。後期車(5027F~)はフルSiC-FET素子に変更されている。補助電源装置にはSIVを採用しており,編成あたり2基を標準とするが故障時には(10両編成のみ)予備の1基を稼働させることで2基分の電力供給を行う。主電動機にはIM105(1時間定格出力210kw)を採用。本所永妻橋〜南商栄間の長い上り坂を高い乗車率でも100km/h以上で上れるように定格出力を大きめにとっている。台車はボルスタレス式のB105シリーズ,駆動装置にはFRP一体成型型のTDカルダン駆動を採用している。保安装置には現在はTIACSのTR仕様を搭載。

標準車体として


本系列をベースとした派生車両がいくつか存在する。


八真線と奈川線の直通運転に備えて製造された車両。車体構造が全く同一。


豊崎線に導入された。第27編成以降と同一の車体構造を持つが,実際に製造されたのは15000系の方が先である。

そのほかにも本系列の車体規格は様々な形式に流用されている。

次車別解説


  • 初期車(1〜3次車)

5001〜07Fが該当。2008年の八城開業に備えて製造されたグループ。5003〜05Fは導入当初は八真線での走行のため,8連に短縮の上で空色の帯が青緑色に変えられていた(ただし組成から外れる5,6号車は除く)。現在5002~06Fには6扉車が組み込まれている。また5007Fは8連に短縮された状態で休車となっている。

  • 中期車(4〜7次車)

5008〜26Fが該当。初期車からの変更点として客用扉の窓ガラスがRの小さいものに変更されており,より長方形に近くなっている。これら19本はTR-2000系の置き換え,及び輸送力増強用として製造された。5009~26Fには6扉車が組み込まれている。また5008Fは2018年にTR-8500系のTR-SEATサービスに対応するために1号車であるcT5008のみ座席の可変シート化が行われ,前面の帯が通常の紺色から空色に変更されている。

  • 後期車(8〜11次車)

5027〜42Fが該当。外板のフラット化,VVVFインバータ制御へのSiC-FET素子採用などの変更点から実質別の形式と扱われることもあり,TR-5000N系とも。5035,36Fは八真線用に当初から8連で製造されているが,初期車の一時的な転属時の塗装とは異なり前面デザインはTR-6000系及び新都メトロ15000系電車に準ずる。また5038Fは特別仕様車として青1色の塗装を纏い,内装も特別なものとなっている。

形式別解説


cT5000 (Tc1)


A線(八城・新都工大八城)方面先頭車。

Tc5050 (Tc2)


B線(夢吊橋・北真砂)方面先頭車。一部編成には軌条塗油装置が取り付けられている。

M5100/5150(M1)


M1車。VVVF4群,SIV,パンタグラフ1基を搭載。1編成に2両組み込まれている。

M5200/5250(M2)


M2車。VVVF4群,CP(空気圧縮機),Bt(蓄電池),パンタグラフ1基を搭載。1編成に2両組み込まれている。M5100/5150(下2桁が同じ番号のもの)と対になる車両だが,MMユニット形式ではない。

M5300(M2)


M2車。VVVF4群,CP,Bt,パンタグラフ1基を搭載(ただし配置がM5200/5250と異なる)。10両編成にのみ組み込まれているため,(07,)35,36は欠番となっている。

T5400/5450(T1/T6d1)


T1車。1編成に2両組み込まれている。一部編成のT5450には線路モニタリング装置が取り付けられている。T5400の02~06と09~26は6扉車。

T5350(T2/T6d2)


T2車。予備のSIVを搭載する。なおこちらも10両編成にのみ組み込まれているため,85,86は欠番となっている。52~56と59~76は6扉車。

編成表


10両編成

< > < < >
←八城 夢吊橋→
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
形式 5000 5100 5200 5400 5300 5350 5450 5100 5200 5050
車種 Tc1 M1 M2 T1 M3 T2 T1 M1 M2 Tc2
車番 5001
~
5034
5037
~
5042
5101
~
5134
5137
~
5142
5201
~
5234
5237
~
5242
5401
~
5434
5437
~
5442
5301
~
5334
5337
~
5342
5351
~
5384
5387
~
5392
5451
~
5484
5487
~
5492
5151
~
5184
5187
~
5192
5251
~
5284
5287
~
5292
5051
~
5084
5087
~
5092


8両編成

< > < >
←新都工大八城 北真砂→
号車 1 2 3 4 5 6 7 8
形式 5000 5100 5200 5400 5450 5100 5200 5050
車種 Tc1 M1 M2 T1 T1 M1 M2 Tc2
車番 5007
5035
5036
5107
5135
5136
5207
5235
5236
5407
5435
5436
5457
5485
5486
5157
5185
5186
5257
5285
5286
5057
5085
5086

更新工事


初期車については製造10年以上が経過し,後期車と比較すると内装面で見劣りする面も目立つことから

  • デジタルサイネージの設置
  • 扉上液晶ディスプレイの大型化(17インチに)
  • 座席の一部ハイバック化

を含めた客室更新工事を実施しており,2020年に完了した。今後は中期車についても同様の工事を予定している。
最終更新:2021年05月12日 14:57

*1 もっとも,現在塔野高速が保有する車両は団体臨時列車用10000系を除けばすべて通勤型車両である