塔野高速鉄道TR-5000系電車

TR-5000系電車は,塔野高速鉄道の通勤型車両*1

塔野高速鉄道TR-5000系電車
TR-5000系の前面
基本情報
運用者 塔野高速鉄道
製造所 船橋重工業豊崎工場
製造年 2005年〜
製造両数 436両
運用開始 2006年4月28日
主要諸元
軌間 1,067mm
電気方式 直流1500V(架空電車線方式)
最高運転速度 130km/h
設計最高速度 130km/h
起動加速度 3.3km/h/s
減速度 4.2km/h/s(常用)
5.0km/h/s(非常)
車両定員 本文参照
全長 先頭車:20,200mm
中間車:20,000mm
自重 Tc1車,Tc2車:26.0t
M1車:32.4t
M2車:32,6t
T1車:24.2t
T2車:25.2t
全幅 2,820mm
全高 4,050mm
床面高さ 1,125mm
台車 ボルスタレス方式空気ばね台車
電動車:TRT-M105
付随車:TRT-T105
主電動機 かご形三相誘導電動機
TRM-I105/TRM-I120C
主電動機出力 210kw
駆動方式 TD継手式中実軸平行カルダン方式
歯車比 99:16(6.19)
制御装置 IGBT素子VVVFインバータ制御
フルSiC-FET素子VVVFインバータ制御
制動装置 回生併用電気指令式電磁直通ブレーキ
(全電気式)
保安装置 本文参照

概要


4000系をさらに発展させた車両として2005年から製造された。2008年の八城開業に備え,高速運転に対応した足回りを備えている。車体工法には2枚のフラット外板を雨樋部で張り合わせる新工法を採用。以降の塔野高速の車両におけるスタンダードとなった。2015年の増備車からは新工法であるsustinaを採用,これにより外板を完全フラット化した。

車体


前述の通り軽量ステンレス車体を採用。紺色と空色(or青緑色)の2色の帯を纏う。

車内


基本的には4000系のカラースキームを受け継ぐ。大型袖仕切りを始め,青紫系のFRPが多用されている。側面扉上には15インチのLCD式車内案内表示機を2基/扉備える。

その他


第27〜44編成は13000系および13020系に改番される予定である。