※こちらの楽曲ページはUPPER譜面版のため、楽曲情報・レベルは通常版にまとめています。

[マトリョシカ]

[マトリョシカ]  UPPER 

【マトリョシカ】

ポップンミュージック うさぎと猫と少年の夢で登場した、メグッポイドGUMI)および初音ミクを使用したEXIT TUNES版権曲
担当キャラクターはGUMI
「米津玄師 / ハチ × BEMANI」として稼働途中から追加された追加配信曲
後に「UPPER」マークが付いた楽曲も、ポップンミュージック UniLab覚醒のエルムの隠し曲として登場した(詳細は後述)。
ジャケットデザインは同じくハチが行っている。

マトリョシカ / ハチ
BPM:205→・・・296

通常版

新難易度
EASY NORMAL HYPER EXTRA
3 15→【Uni】17 26→【Uni】28 38
ハイライト
EASY NORMAL HYPER EXTRA
2 2 2 2

UPPER

新難易度
EASY NORMAL HYPER EXTRA
11 25 31 45
ハイライト
EASY NORMAL HYPER EXTRA
2 2 2 2
 「米津玄師 / ハチ × BEMANI」の一環として稼動途中から追加された、ミュージシャンとしても活動している米津玄師ことハチの手がけたVOCALOID曲。2ndアルバム「OFFICIAL ORANGE」の出典でもあるこの曲は、自身初のGUMIボーカル曲として2010年8月19日にニコニコ動画に投稿されており、約7年経過した2017年12月15日にVOCALOID曲では4曲目の1000万再生を達成した。初音ミクとの混声でもあり、テンポの勢いとバタバタとした感じが特徴。またPVも手がけており、楽曲のタイトルの由来となった用語の説明文(※wikipediaより引用)があるなど、「一度見たら忘れられなくなる」楽曲だ。
 基本的にBPMは205だが曲の終わりで徐々に加速していく、愛言葉REMIXと似た系統のソフラン。ハイスピード設定に悩まされやすく、全体的に低難易度でありながら、初見難度では表記よりも+3~4程度多めに見ておくべきか。初期のPON譜面のような上段もしくは下段のみの同時押しが目立つ傾向があり、一定の小節ごとに交互が絡むというパターンが多い。EXも比較的単調な8分配置で同時押しメインの譜面で、16分は皆無。加速地帯は4分配置の同時押しだが、途中の隣接同時押しで混乱しないように。LPはBメロの歌合せの配置のみ。

ハイライト発生箇所

番号 5Buttons / EASY NORMAL HYPER EXTRA
1 「♪ああ、知りたいな 深くまで あのね、も」の4小節
2 最後のBPM276→296の部分全て

他のBEMANIシリーズへの収録

ジャケット
#ref error :画像URLまたは、画像ファイル名を指定してください。

plus版とAC収録では全く異なる。

jubeat

  • REFLECと共にplusにおいて2013/06/26に配信された「ニコニコミュージックpack 3」内の1曲にある。
  • ACでは、Qubellで2017/03/01より期間限定で、「米津玄師 / ハチ × BEMANI」内の企画で、「dig dig Qubell」の特定のQUBEを進めて出現する曲として登場した。

REFLEC BEAT

  • jubeatと共にplusにおいて2013/06/26に配信された「ニコニコミュージックpack 3」内の1曲にある。
    AC版には進出していないにもかかわらず、ポップンにおいてBEMANIカテゴリのREFLECに含まれている例外の1曲であったが、収録から5年半以上経過してUniLabにおいて2022/10/18のオンラインアップデートでこの機種カテゴリから外された。
    後に追加されたUPPER版はこのカテゴリに反映されていない。

MUSECA

  • 1+1/2で2017/03/15からの配信で登場。
  • ジャケット表記が当初されていなかったが、登場から2週間後の29日に修正された([ドーナツホール]も同様)。
  • [ドーナツホール]と同時に配信されたものの、後に2018/06にJ:B:Aへのアップデートに伴ってか、2018/06/19までを持って[ドーナツホール]と共に削除された。
    • この削除やオフライン稼働対応アップデートの影響に伴ってか、ポップンpeaceでBEMANIのMUSECAカテゴリから2018/12/18に外されている。
      後に追加されたUPPER版はこのカテゴリに反映されていない。

SOUND VOLTEX

  • IVで、ポップンに登場して2日後の2017/03/31に登場。
    ジャケットは他のBEMANI機種にも入っている「OFFICIAL ORANGE」のものを使っているが、この機種には同じCDから「パンダヒーロー」も入っているためか、ジャケットのデザインは「パンダヒーロー」と共に、CDジャケットの下に曲名表記を追加する形になっている。
  • 最大BPMこそポップンと同じだが、終盤のBPMの加速が一部、ポップン他との相違点がある。
    いろいろな機種でプレイしているプレイヤーは、判定合わせをする場合は機種ごとのタイミングの差に注意(SDVXでは最後で少しBPMが下がる)。
    SOUND VOLTEX 205→209210→213→226→229→240→251→254→259→264276→277→296→278
    pop'n music 205→208211228238→250→257262276296
    ※ここでの太字はBPM変化開始部分を起点として、2小節区切りでその変化した瞬間の最初の拍をも意味している。

ノスタルジア

  • 第1作で、2017/04/19からの配信で登場。
    JAEPOで収録されることが事前に発表されていた。
    アーティスト名こそ記載されていないが、BEMANI生放送(仮)の第173回でまらしぃによるピアノアレンジであることが明らかになった。
    • ちなみにまらしぃ演奏版は2011/07/27発売のアルバム『V.I.P Append(Marasy plays Vocaloid Instrumental on Piano)』にも収録されている。
  • ジャケットデザインはどのBEMANI機種とも異なる。

  • 2017年2月にポップンに収録されることが発表されているが、それからほぼ1か月後にようやく登場した形である。
  • 難易度の低さの割に判定が遅めになっており、終盤で加速の影響で速度の拘束が厄介なため、何気にスコア難。
  • 1000万再生を達成したVOCALOID曲としては、GUMIを使用した曲では初となる。
  • 実に6年半ほどに渡って、[ドーナツホール]をプレイできる状態でない場合はこの曲を必ずプレイしなければならなかったが、ポップンミュージック UniLab[ドーナツホール]のデフォルト化に伴い不要となった。
  • UPPER版をプレーシェア機能で画像保存した場合、通常版とは異なってコピーライト表記が付く。
    これは同日に追加された[ドーナツホール]でも同様である。

収録作品

AC版
ポップンミュージック うさぎと猫と少年の夢ポップンミュージック 解明リドルズ

  • 2017/03/29の配信により登場。

ポップンミュージック UniLabからの全作品

CS版

関連リンク

版権曲
EXIT TUNES
GUMI

[ドーナツホール]

楽曲一覧/ポップンミュージック うさぎと猫と少年の夢
楽曲一覧/ポップンミュージック UniLab

最終更新:2024年02月15日 22:51