DOL研究所

Crucio

最終更新:

andoryu

- view
メンバー限定 登録/ログイン
プレイヤー名 アンドリュー
デッキ名   Crucio
デッキコード[デッキコード]
10R5z5k5D6r6v6x6B6I6T6W757C7O7S898c8o8J8M8R

[ユニット] × 7
No018 メイドウィッチ × 3
No116 戦女神ヴァルキリー × 1
No111 破壊の公爵アスモデウス × 1
No117 冥府の神ヘル × 2

[マジック] × 33
No134 命削りの風 × 1
No135 精神の秘箱 × 2
No136 精神の宝箱 × 1
No137 心削りの石 × 2
No139 補充の緑泡 × 3
No143 未完のキューブ × 2
No144 封魔石の欠片 × 2
No147 生命の滅亡 × 2
No158 ソーマの烙印 × 2
No162 魔道転送 × 2
No163 生命吸収 × 3
No169 契約の石 × 2
No170 希望の月 × 2
No174 支援要請の紅玉 × 2
No181 復活の蓮華門 × 2
No182 降魔の蓮華門 × 2
No184 手引きの十字 × 1



解説 
事の発端はMiruを使ったときに
「ヘルとアスモを組み合わせれば強いのではないか?」
というものから来たもの。

ヘルもアスモもどちらも希望の月から復活で活かすことが出来、
CPも同じ250なのでMPのサイクルが回しやすい。

ただ、ユニットとして
ヘル+持ってくるユニットと火力要員にもなるアスモで
完結してしまっているので

ここからユニット重視で広げていくのではなく
マジックに重心を置いて
サポートしつつユニットでは安定した
ヘルアスモ展開を狙っていこう。
という構築を目指した。

そうした結果
希望の月とのシナジーを強く持てるウィッチが
デッキ全体として調和を与えるので採用し、
手札調整として使える緑泡とも組み合わせ
手引きの十字が化けることに気がついたので
採用し、色々あってこういう形になった。

アンドリューにとっての
デッキ構築としてのひとつゴールとなるデッキ。


デッキ名の読み方は「くるーしお」
ハリーポッターに出てくる「許されざる呪文」のひとつ。
磔の呪いから。

唱えられた相手は死んだほうがマシだと思うくらいの苦痛を与えられる。

このデッキに関してのコメントは以下のテキストボックスから
名前:
コメント: