仮面ライダークウガ アルティメットフォーム

シャバドゥビ6弾

カードナンバー S6-046 レアリティ CP タイプ 万能
必殺技 Lv1 凄まじき拳 2300
Lv6 凄まじき拳 2700
Lv10 凄まじき拳 3250
ステータス コウゲキ 500 ボウギョ 500 タイリョク 600
スロット 拳 100 拳 90 拳 80 蹴 80 蹴 50 蹴 50
ライダースキル 究極に至った心 チームタイリョク+500
相性 防御ベスパ体力ベスパ 相性適性(攻0,防3,体3,必0)
解説 究極キャンペーンのトップを飾るのは、もちろん平成ライダー最初の「究極」形態、アルティメットフォーム。
前弾EXで登場したスキルは今弾CP唯一の無条件型で、コウエイ使用も無問題。体力ベスパと組めばレベル1でも体力1450となる。
しかし、防御ベスパでもあるとはいえ、よほど威力が低くなければ必殺技の直撃には耐えられない。ミガワリやガッツにも気を配っておきたい。
なお、並び順の関係上、LR(下欄を参照)よりも若いナンバリングになっている。
 
カードナンバー S6-060 レアリティ LR タイプ 万能
必殺技 Lv1 凄まじき拳 2500
Lv5 凄まじき拳 2900
Lv12 凄まじき拳 4250
ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 550 タイリョク 550
スロット 拳 100 拳 100 拳 80 拳 70 蹴 60 蹴 50
ライダースキル 凄まじき戦士 ゼンエイのとき コウゲキ・ひっさつ+300
相性 攻撃ベスパ&必殺ベスパ 相性適性(攻3,防1,体0,必3)
解説 原作では1話限りの登場となったアルティメットフォーム、最終弾で満を持して登場。
同弾キャンペーンカード同様、アルティメットチャンスに対応。
高い基礎ステータスに加え、排出カード最高記録を更新する必殺威力、
更に相性と完全に一致した攻撃・必殺ゲインスキルが目を引く。
弱点といえば器用貧乏気味の万能タイプであることと防御適性の低さ。そして数値自体は安定しているが拳4つの偏ったスロットアイコン。
攻必Wベスパなら、クワガタ仲間・S2-045SR オーズガタキリバの雷タイプのゲキレツアップで完封を狙う、
翌年の最強フォーム・S3-022SR アギトShFのスキルで防御を補強する、といったところか。
アルティメットチャンスの運次第で防御を強化できることもあるので、難しく考えず「凄まじき戦士」の雄姿を堪能するのもいいだろう。
もう1人の凄まじき戦士・ライジングアルティメット(レッドアイ)には、ベスパにはならないが攻必ともに相性5となる8-047SRがある。
こちらも拳5つのスロットがあるためダブルアタック発生率の若干の向上、またガタキリバ同様雷タイプによるゲキレツアップも狙える。
拳ゲキレツにこだわるならSR ザビーが相性でボウギョを増やしタイプとスキルで相手を妨害してくれる貴重なコウエイ。スロット合計値は地味に460と限界突破している。

ガンバライドデータ

  • ライダータイプ:万能
  • 武器/アイコン/剣・銃の種類
  • 登場作品:仮面ライダークウガ
  • 備考
    • ライジングアルティメットとは違い、目の色の表記は無いが「レッドアイ」の方。
    • 通常の登場演出を作らなかったためか、シャバドゥビ6弾CPカードではないLRでも「アルティメットチャンス」を発動できる。
    • シャバドゥビ5弾EXステージで先行登場。
    • ガンバライド最終弾での登場のため、原作での出番の少なさを短い使用可能期間という妙な形で再現?されることになった。
      • シャバドゥビ1弾稼働直後の公式ホームページには、フォーゼ弾以前のカードのライダータイプ対応表が掲載されており、
        その中には「クウガ アルティメットフォーム(レッドアイ)」が万能タイプのキャラクターとして記載されていた。
        すぐ修正されてなかったことにされてしまったが、実際にはもっと早い時期でブラックアイも一緒に参戦する予定だったのだろうか。
最終更新:2015年09月16日 23:43