マヒロー

登場作品 ∀ガンダム
形式番号 G838
全高 16.0m
重量 7.0t
所属 ギンガナム艦隊
搭乗者 スエッソン・ステロ
キャンサー・カフカ
武装 トロイダル状防楯内蔵メガ粒子砲
左腕半固定式カッター
小型ハンドガン

【設定】

ギンガナム艦隊所属の汎用量産型モビルスーツ。
人工筋繊維による駆動システムを持ち、本来はパイロットの筋電信号を捉えて動きを直接トレースする「モビル・トレース・システム」が搭載されていたとされる。
機動性に優れ、陸戦よりも空中戦を得意とする。スエッソン・ステロの指揮の下、編隊を組んで行動している。

機体名の由来はアニメーターの前田真宏氏。
前田氏が当機のデザインを担当しており、富野総監督に名付けられた

【劇中での活躍】

ミスルトゥに逃げ込んだディアナを追い詰めるため、ギンガナムが尖兵として送り込んだ。
シッキネンの駆る機体をキャンサー・カフカが奪取し、ディアナ脱出の際にロランらと共闘するシーンもある。
ミリシャと何度も戦ったが、ゴールドスモーのハリー・オードに何度も撃破されている。
地球降下後は本来の性能を発揮して空から各都市を襲撃し、壊滅させた。ディアナ・カウンターも飛行可能な戦力が限られていたため、大気圏内を自由に飛び回るマヒローには手を焼いていた。

【パイロット説明】

スエッソン・ステロ

CV:ウガンダ・トラ/石川ひろあき(代役)

マヒロー隊指揮官。かなりの肥満体で地球重力下ではまともな生活が出来ないほど。趣味は部下いびりで、配下の者達からの評判はよろしくない。パイロットとしての能力はそれなりにあるが、何故かフォーメーション展開を初めとしたマニュアル通りの戦闘に拘り、そのせいか咄嗟の判断力には乏しい。ターンX∀ガンダム(搭乗者はジョゼフ)の対決に割り込んで援護しようとするが、邪魔されたと激昂した上司のギンガナムによって撃墜されている。

【ゲーム内での活躍】

ガンダムVS.ガンダム NEXT

ターンXのアシストとして登場。4機で1小隊の編制で一斉射撃を行う。

EXVS.シリーズ

CPU機として登場。一部ステージではスエッソンの声もある。
原作設定通り、空中での機動力は高めで、一部の機体だと中々捕まえられない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。