ディビニダド

登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム
型式番号 EMA-10
全高 不明
重量 不明
所属 木星帝国
搭乗者 クラックス・ドゥガチ
武装 クロー
フェザー・ファンネル
中型メガ粒子砲
超大型メガ粒子砲
核弾頭ミサイル
ビーム・シールド

【設定】

木星帝国が地球侵略の切り札に開発した超大型モビルアーマー。
複数の核弾頭ミサイル(劇中を見る限り最低でも16基)と複数の核融合炉(劇中を見る限り最低13基)という過剰ともいえる核武装を持つとんでもない機体で、これ1機で地球を文字通り「死の星」へと変えてしまうことができる。
しかも通常武装もばっちりで、頭部が展開して発射される超大型メガ粒子砲や、センサー部と対になる(顔の左目部分にあたる)中型メガ粒子砲、さらに完全使い捨て式のフェザー・ファンネルを装備する。このフェザー・ファンネルはファンネルそのものをぶつける戦法も可能なようで、MSの取りつきなどに対処しているようだ。大型腕部クローは連邦軍のクラップ級を一振りで撃沈してしまうほど。防御は、大型のビーム・シールドに加え、戦艦の長距離ビーム砲に対してほぼ無傷という強固な装甲を保持している。
キンケドゥ・ナウが本機を「毒虫」と表現したのもこの性能を見れば納得である。

なお、ディビニダドの名はスペイン語で「神」を意味する


【武装】

クロー

両腕部の大型クロー。
クラップ級を一撃で潰せる程の威力を持つ。

フェザー・ファンネル

翼に格納された使い捨て式のファンネル。
ビーム砲を射出するのみならず、ファンネル自体が突撃する事が可能。

中型ビーム砲

左眼部分に内蔵されている。
水中でも発射できる程の出力を持つ。

超大型ビーム砲

頭頂部に内蔵されたビーム砲。
クァバーゼに装備されている物に似ているが、サイズが大きい分、こちらの方が破壊力は凄まじいと思われる。

ビーム・シールド

両腕部に1基ずつ装備されている。


【劇中での活躍】

クラックス・ドゥガチ本人が搭乗する1機とドゥガチのバイオ脳(有機コンピューター)が搭載された7機の計8機が登場。
ドゥガチが「自分で地球を破壊する」ということにこだわり、なんと「7機を囮にして自分だけ地球に突入する」という采配ミスを犯していた(この時、「8機が一斉に地球に降下する」作戦をとっていれば作戦は成功していた可能性がより高かったといわれている)。
地球降下に気付いたトビア・アロナクスのクロスボーン・ガンダムX3と地球上で戦闘になり、ドゥガチ本人が戦闘のプロではないため、徐々に押されていき、切り札の核ミサイルも弾頭だけを切り落とされてしまう。
最後の悪あがきに超大型メガ粒子砲を撃とうとしたが、X3の腕部Iフィールドを使った捨て身戦法によって撃破されている(トビアはコア・ファイターで脱出している)。

機体は残されていないと思われたが、続々編「ゴースト」でまさかの再登場。
イオ基地で破壊されたバイオ脳が使う筈だった(とされる)機体を木星のタカ派傭兵部隊「サーカス」が回収しており、紆余曲折の末主人公達と共闘した同部隊の生き残り、コーシャが搭乗してマリア・エル・トモエの巨大MAカオスレルと宇宙世紀では0083以来となる巨大MA同士の怪獣大決戦を繰り広げた。この時の機体は核ミサイルこそ積んでないもののその他の武装は健在、パイロットが戦闘のプロな分、動きはドゥガチ機より上であった。


【パイロット説明】

クラックス・ドゥガチ

CV:永井一郎*1/麦人*2

木星帝国総統で、現在の木星帝国をたった一代で作り上げた敏腕指導者。
しかし、木星という死と隣り合わせの厳しい環境での長期間の生活で心はすり減っており、政略結婚により年老いた自分の元に来た妻(ベルナデットの実母で名前は現在も不明)の地球という恵まれた環境で暮らしていた者の心の余裕を見せつけられたこと(ベルナデットの回想も含めて推測するとおそらく、というか確実に彼女本人が心優しい女性だっただけ)により地球という環境を恨み始めるという、完全に勘違いから来る嫉妬と逆恨みで地球壊滅作戦を進めることとなる。
優秀な部下と長年に渡る地下工作により、最終決戦においてMAディビニダドによる地球降下の成功というあと一歩のところまで来たが、追撃に来たトビアによって核弾頭をすべて斬り落とされ、更に機体も機能停止し海に沈没、ドゥガチも死亡した。

オリジナルとは別に9体のバイオ脳に自分の人格データを移しており、最終決戦前にクロスボーン・バンガードに撃破された分を除くオリジナル+バイオ脳7体の計8体のディビニダドで地球侵攻を行ったが、上記の通り己の手による地球壊滅に拘った結果バイオ脳を囮に自身が降下するという致命的な失策を犯してしまい、本体の特定とトビアの追撃を許してしまい作戦の失敗にもつながった。

【原作名台詞】

  • わしは地球なき後の世界はどうでもよい
  • 真の人類の未来?地球不要論!?そんなものは言葉の飾りだっ!わしが真に願ってやまぬものは唯ひとつ!紅蓮の炎に焼かれて消える地球そのものだーっ
  • 若造の言うことかぁぁっ!
    • トビアの「安心したよ、ドゥガチ!あんた人間だ!ニュータイプでも、異星からの侵略者でもない…心が醜いだけの…ただの人間だ!」というセリフに対して。
      もしかしたらF91のセシリーの台詞「機械の喋ることか!」のオマージュかもしれない。
  • ち…地球が燃えるぞ…全てが消えてゆく…ふ ふはは…あはははは…
    • ドゥガチの断末魔。燃えゆくディビニダドの中で、地球を破壊する幻想を見つつ、駆け付けたキンケドゥに止めを刺されるのだった。


コーシャ


木星共和国の部隊「サーカス」に所属する女性パイロット。
戦いに美を求める性格で、裏切りなどの「美しくない」行為を嫌う。

【原作名台詞】

  • 残念ながら新兵器ではないし、必殺というわけでもないが……賭けても良い。絶対に驚くぞ。
    • 「ゴースト」最終決戦前に主人公フォント・ボーに機体を見せた時の台詞。現実でも約20年ぶりの再登場にフォントのみならず読者も驚かされた。


【ゲーム内での活躍】

EXVS.

PS3版のトライアルモードのみに登場。
印象はただ一言、でかい。
その巨体による広大な攻撃範囲は近距離でのカメラワークによる視界不良も相俟って回避が困難。
特に3機出てくるステージではステージが異様に狭く感じるレベルとなる。
しかし、原作同様ドゥガチは戦いのプロではないため攻撃方法がどれも緩慢である。
発生、弾速の早いフェザー・ファンネルさえ気をつければそれほど苦労もしない。

EXVS.FB

ブランチバトルコースの6-Eと、ボスラッシュコースの7番目のステージに登場。
相変わらずでかい。そしてトロい。
しかし、ボスラッシュコースでは原作どうり本人が駆るのも含めて8機も登場。ステージの大半を核の炎で包み込む。

ちなみに、本作からジ・Oのシロッコに、彼に対する特殊台詞が存在する。
確かにこの二人は面識があってもおかしくない。

EXVS.MB&MB-ON

ブランチバトルの2-Dに出現。
特に何も変わっていない。

EXVS.2

トライアドバトルのA-10-3に出現。
細かい変更点として、フェザーファンネルをガードしても多段ヒットするようになった。
また、超大型メガ粒子砲の弾速がアップしており、ギリギリで避けることが出来なくなった。
核ミサイルは相変わらずだが、CPU戦の仕様変更もあり、爆風で味方を巻き込まないようになっている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。