ジ・O

登場作品 機動戦士Zガンダム
型式番号 PMX-003
全高 24.8m
重量 57.3t
所属 ティターンズ
搭乗者 パプテマス・シロッコ
武装 ビーム・ソード
大型ビーム・ライフル
特殊装備 バイオ・センサー/サイコミュ・システム
特殊機能 隠し腕

【設定】

パプテマス・シロッコが最終決戦に向けてジュピトリス内部の工房で開発したMS。
その巨体と全身に装備された多数の小型スラスターにより、圧倒的な防御力と機動力を兼ね備えており、グリプス戦役中のMSではトップクラスの性能を誇る。
また、操縦系統にはシロッコが独自に開発したサイコミュ*1が用いられており、彼以外には乗りこなせない。ただゲームによってはこのサイコミュ部分は無視されており、スパロボシリーズではジェリドが乗ってくることがある。
更には隠し腕の搭載という実験的な試みも行われている。この隠し腕はナイチンゲールにも搭載されている。

優れた機体スペックの反面、武装は極めて凡庸(一応、ビーム・ソードもライフルもシロッコ独自の調整が行われており、信頼性は他の機体の物より高いとされるが、威力に関しては殆ど違いはない)。
これに関しては、様々なMSを開発してきたシロッコだが最後には「MSに必要なのは機動力・防御力の二つを突き詰めることであって、必要以上の大火力は必要ない」と結論付けたため、とHGUCのインスト等で解説されている。

一方、小説版ではそんな設定はなく、後のZZ時代のゲーマルクのように、全身にメガ粒子砲を装備した動く砲台となっている。

ちなみに外見のイメージにそぐわない高機動性、高運動性をもたらすアポジモーターの設置数は同時代では圧倒的で「ガンダムの雑学」という書籍によると、宇宙世紀MSのアポジモーター設置数ランキングベスト20で軒並み「F91」「V」に登場する小型MSが占める中、「逆襲のシャア」以前の機体でランクインできたのはこの機体だけである。そういった意味でもシロッコの先見性などが伺える。


【武装】

ビーム・ソード

腰部のサイドアーマーに4基装備。2本の隠し腕を用いる事で四刀流も実現可能。
一定方向にバイアスがかかったビームを形成する為、「ビーム・サーベル」ではなく「ビーム・ソード」と呼ばれている。

大型ビーム・ライフル

出力自体はバーザムのビーム・ライフルと同程度とされているが、収束率と命中精度に優れており、信頼性は高い。
一説にはメガ・ランチャー並の高出力ビームを発射できるとも言われている。


【原作での活躍】

物語終盤で登場。ティターンズの主力を率いてZガンダムキュベレイといった敵のエース機体と激戦を繰り広げた。
コロニーレーザーを巡る最終決戦ではキュベレイと共に百式を追い詰め、腕を切断する。
しかし助けに来たZガンダムにその場を濁され、コロニーレーザーはティターンズに向けて発射される。
そのまま追撃してくるZガンダムと一騎打ちになり、BRを破壊するなど優勢に立つがカミーユのNTの力に行動不能となりそのままウェイブライダーアタックの直撃を食らってしまった。
単騎での活躍も目立つが、サラやレコアとフォーメーションを組んで戦ったこともあり指令機としての面も強い。


【パイロット説明】

パプテマス・シロッコ

CV:島田敏

前半についてはこちらを参照。

木星帰りのニュータイプ。
ジャミトフ・ハイマンに忠誠を誓っているが、ティターンズ内で独自の派閥を作っていき、ジャミトフに危険視されるようになる。
ティターンズの逆転を賭けたグワダン内部でのアクシズとの同盟交渉が決裂、その後の混乱の際に紛れてジャミトフを謀殺、犯人をハマーン・カーンになすりつけ、閣下の弔い合戦と称してグワダンを沈める。

エゥーゴにコロニーレーザーを撃たれれば実質勝負が決まるため、発射前に破壊しようとするも失敗(劇場版ではジ・Oの「赤色十文字の光」でティターンズ艦隊をコロニーレーザーの射線外に誘導しようとしたが、ティターンズ艦隊が命令に従わなかったためこれも失敗している)。
戦力の過半数を失い一時撤退を決めるも、追いすがるカミーユの駆るZガンダムによって倒される。しかしその思念は、カミーユを精神崩壊に追い込んだ(劇場版ではカミーユは無事生還している)。

高い才能を持つことは間違いないが、己を過信し過ぎているのか追い込まれ始めたティターンズの総帥ジャミトフを抹殺して動揺を招いただけでなく、エゥーゴに協力したわけでもない戦術の天才と言われるバスク・オムとドゴス・ギア、強化人間部隊も抹殺して戦力を落とし、挙げ句の果てに見下していたシャアの作戦(内部の劇場に誘い込んでチャージまでの時間稼ぎ)にまんまと嵌ってコロニーレーザー破壊に失敗するなど戦略面では疑問が残る。また人望もあまり無いのか劇場版では上述のように味方が言うことを聞いてくれないという有様であった。

NEXTではZ枠の重要人物でエースパイロットであるにも拘らずシリーズで台詞にすら出なかった人。
最も「最強のオールドタイプ」の一角であるヤザン・ゲーブル等Z、ZZのティターンズ所属キャラはそもそも参戦していない(序盤ではティターンズに所属していたがエゥーゴに寝返ったエマは除く)。
登場を望む声も多くPSP版で登場し、EXVSでは追加配信された。

【原作名言集】

  • 天才の足を引っ張ることしか出来なかった俗人どもに何が出来た?常に世の中を動かしてきたのは、一握りの天才だ!
    • 理不尽なのに言い返せない、現実を的確に突く言葉。このセリフは冨野監督の心中とも。
  • 貴様のようなニュータイプのなり損ないは粛清される運命なのだ!!わかるか!!
    • シャアに対して発した台詞。
  • 戦後の地球を支配するのは女だと思っている
    • サラが戦闘中に自らを庇って戦死した折、激怒したあたり女性を単なる手駒とは考えていないと思われる。
  • サラが許しても私は許さん
    • シロッコが人間らしい血の通った感情を見せる少ないシーン。
  • 勝てると思うな小僧!!!
    • カミーユと対峙した際。劇場版はセリフが変更されており、そちらは賛否両論。
  • ジ・O、動け!ジ・O、なぜ動かん……!
    • ウェイブライダーによる突撃(通称スイカバー)前。
  • 私だけが、死ぬわけがない……貴様の心も、一緒に連れていく……カミーユ・ビダン……!
    • あのカミーユの精神崩壊へと続く。


【ゲーム内での活躍】

エゥーゴVSティターンズシリーズ

格闘主体の重MSでコストは最高の375。
凶悪な誘導と安定した火力を持つ格闘、プレイヤー機としては最高(防御(受けるダメージ数)は普通)の耐久640、シャア専用ゲルググ以上の水平機動力、更にはダウンしない(怯んだり黄色ロックにはなる)という特性まで持つ。
(無印ではこの特性により相手の格闘を事実上無効化出来る(DXでは普通に全段喰らう))
特に接近状態からの強襲覚醒BD格闘は相手を絶望すら生温い状況に追い込む事すらある。
しかしBRがコスト275レベル(むしろそれ以下?)、BD消費が全体的に高い、機体(喰らい判定)が大きい、小回りが利かない、格闘を当てないとジリ貧と玄人向けの要素が多く、Zガンダムの存在もあって使用率は高いとは言えなかった。

格闘は全体的に高性能だが特にBD格闘が強力。これによるヒット&アウェイが基本となる。
空中格闘の誘導が極めてしつこいゴッグ(コスト195)と組み、覚醒を強襲にする事で色々な意味で面白い事になる。
上手く嵌れば敵軍に悲鳴を上げさせる事が出来るが、失敗すれば自軍が悲鳴を上げる羽目になるので注意。

NEXT

PSP版「NEXT PLUS」から参戦。コスト2000の高機動重格闘機(耐久は2000平均の560)。
エウティタの覚醒システムを再現しており、攻撃を当てるか被弾する度にゲージが溜まり、満タンになると強襲・復活・機動の各覚醒が使える様になる(エウティタと違い撃破されるとゲージはゼロになる)。
復活はエウティタと同じくゲージMAX時に撃破される(耐久が0になる)事で自動発動(戦力ゲージは無関係)。
復活1回目は耐久100まで回復し、代償は頭部を失うだけでペナルティは一切無い。
この状態で再びゲージMAXになってから撃破されると耐久50で復活するが、右腕を失い攻撃手段が格闘のみになってしまう。
3回目以降は耐久50で復活出来、パーツ損傷も無いがここまで粘る事はCPU戦でも対人戦でも困難。
ちなみにエウティタと違い復活しても機体性能は上がらないので注意。

EXVS

1月11日にPS3版のDLCにて満を持して復活参戦した近距離用万能機。
『大型機体だが高機動』の設定に違わず、足回りはトップクラス。が、やはりその横幅の所為で被弾しやすい。

武装面では、EXバーストとの兼ね合いなのか、NEXTで活躍した覚醒は廃止された。
代わりにパラス・アテネボリノーク・サマーンをアシストとして呼ぶことができる。
レコアは突撃型アシスト、すれ違いざまに敵を斬る。一方サラは随伴型。シロッコに連動してビームを撃つ上、敵の射撃もガードしてくれる。
余談だが、レコア自体は百式の覚醒技『メガ・バズーカ・ランチャー+メタス』のメタスにも搭乗している。

また、サブ射だった隠し腕が削除。代わりに隠し腕自体は格闘コンボ中に使用する。
特に後格闘は必見。敵を拘束し、そのまま格闘ボタン連打でジ・Oの後ろにシロッコの虚像が浮かび上がる。通称『小林幸子アタック』。
なんともネタくさいアダ名だが、連打部分で覚醒ゲージが大幅に貯まるという特殊効果があり非常に有用。
また、格闘CSで両腕と隠し腕2本全てにBRを持って一斉発射をするなど、今までにない使い方をしてくれる。

更に(内部数値には違いがあるものの)キュベレイ同様のプレッシャーを獲得。
今作のジ・Oはこれら豊富な武装やアシストを布石に、自慢の高機動で格闘を決めるというバトルスタイルとなっている。
また、機動力が高くサラによる着地保護やプレッシャーによる拒否が可能であるため擬似タイに強い。
そのため自衛力は非常に高いものの、援護力はそうでもないので、3000の後ろで援護する戦い方よりは両前衛で攻める攻撃的な戦法が合う。

EXVS.FB

アーケードで拝めるのは実にZガンダムDX以来となる。様々なところから繋がる上に高火力で強力なバーストアタックが追加され、家庭版で足りなかった爆発力も手に入れた。
しかし、家庭用で酷使し過ぎたせいかレコアの誘導が目に見えて低下し、回転率も下がった上、何故か虹ステ非対応に。
OPではアルケーガンダムと隠し腕対決を繰り広げている。

EXVS.MB

武装面に大きな変更は無いが、調整により機動力が落ちてしまった。また、今作のシロッコはボス機体相手に様々な台詞を口にする。


【勝利・敗北時ポーズ】(NEXT)

勝利ポーズ

通常時:ただ立っているだけだが、頭頂部が光っている(モビルアシスト召喚時も同様)。
復活覚醒1回:↑に同じだが、頭がなくなっている
復活覚醒2回以上:

敗北ポーズ

項垂れながら座り込む(空気椅子)
「燃え尽きちまったぜ…真っ白にな」

【勝利・敗北時ポーズ】(EXVS.シリーズ)

勝利ポーズ

通常時:パラス・アテネ、ボリノーク・サマーンとフォーメーションを組む
覚醒時:オーラを纏いつつビーム・ソードを4本構える

敗北ポーズ

頭部破損状態で宙に漂う。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。