管理人の戯言

このページはめんどくさがり屋の管理人が適当な事を書く場所です。前作の独り言と同様にいい加減な内容を書き連ねたいと思っています。




新作PSP「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」が8月25日発売発表!


平成二十三年 六月二十九日 水曜日

  • こんにちは。こんばんは。おはようございます。
実に2年近くこの戯言の書き込みも絶えていましたが、私は一応元気でいます。今日はたまたま休みになり、外は暑くもう夏だと言う事を感じさせてくれるくらいの日差しですが、そんな中、まさかのギレンの野望の新作が発売されるとの事です。

従来のシリーズのような軍勢を統括する総大将としての立場ではなく
いちパイロットや司令官の立場からプレイが可能になった「新ギレンの野望」が発売決定。
パイロットシナリオではアムロ(一年戦争)、アムロ(逆襲のシャア)クェス、ガイア、
司令官シナリオではシャア、ドズル、総帥シナリオではギレンなどが選択できる。
また「機動戦士ガンダムUC」のゲスト参戦も決定。
10人のキャラクターと16の機体が使用可能になるプロダクトコードを同梱し、
8月25日発売。価格は6,280円。

との事です。詳しい情報が入り次第またこちらで書かせて頂けると幸いです。

追記

管理を手伝って頂いているメンバーの皆様へ。本当にありがとうございます。
承知の通り私は無能な管理者ですので、権限を全て開放させて頂きます。
なので、トップもメニューも好きなだけ変更し、より良く見やすいサイトへ
して頂けたらと幸いです。また、この戯言も容赦なく切り捨てて構いませんので、荒らしを気にせず新しい血をを入れて下さい。

二月十三日

初めてお越しの方へ

  • こんにちは。こんばんわ。おはようございます。
前作のサイトの「管理人の独り事」の出張版、かんりにんのたわごとをここに記したいと思います。
前作「アクシズの脅威」から早一年。続編が基本的に遅いシリーズなのですが、あっさりと続編の発売前日になってしまいました。とはいえ、いわゆる「攻略指令書」のパワーアップ版、光栄さんならwithパワーアップキットのような物ですが(しかもパラ変更とかなかったりして)。
もっとも、前作ではPSP限定でしたので、PS2しか持っていない、又いちいち買うのが面倒だった方もいらっしゃると思います。「系譜」までファンだったのに、独立戦争記で打ちのめされた方ももしかしたらいらっしゃると思われます。私がそうでした。SLGとしての出来は良かったですけどね。独立戦争記のファンの方は、再び系譜のような内容になった事に戸惑う事もあるかと思います。戦略戦術大図鑑の面々もいないですし、せっかく心機一転して新しい枠組みが生まれたのに、と不満を覚える方もいらっしゃるかと思います。
そんな出戻りの方、系譜回帰に内心不満な方、勿論初心者の方も大歓迎です。ゲーム的にもベリーイージーはとても遊びやすくなっていて、今までよりずっと楽しく遊べると思います。私はもうグロッキーだったりしますが(オイオイ)。
稚拙なサイト運営と情報量ではありますが、是非攻略にお役立て下さると幸いです。
後、このサイトのここの部分が間違っているとお気づきの際には、編集して戴くか、管理人まで報告して下さると助かります。もっとも、私も頼りなかったりしますが。
ともかく、今後ともよろしくお願いします。

木曜洋画劇場


昨晩、レッドウォーター・サメ地獄を見た後急激にテンションが下がってしまい、大してプレイしないまま寝てしまったので、現在、連邦編でようやくハワイを落としてキャルフォルニアだ、という所です。難易度ですか?勿論ベリーイージーに決まってるですよ。今回、敵が今までより手強く、しかもミデアや戦艦の索敵能力が軒並み下がったおかげでバシバシフライマンタやセイバーフィッシュが落とされている現状です。61式戦車の射程も下がり、正直かなり厳しいです。
初めは豊富な資金だ資源だやっほいやっほい、と思っていたら、既に資金も資源も無い息切れ間近の状態だったりして。こんな事で本当に本攻略サイトのかんりにんなのでしょうか。それでも男ですか、軟弱者。でも私はカイ・シデンが一番好きだったりして。ガンキャノンも大好きです。あの二番手脇役なとこが好きですね。どこかおっさん臭い体系もイカシます。私もおっさんなので。

現在は峠を越えたのか、委任でも蹴散らせるくらいに楽になりました。やはり連邦はMSが出来るまでが厳しいですね。恒例の100ターンぎりぎりまでサイド3の拠点に待機しながら開発や各技術を上げていたら、ジムⅡまで開発できてしまいました。今回の資源を資金に変換するコマンドは、中々便利です。といっても戦艦や高性能MSを量産していると資金ではなく資源が不足する事態に陥りますが。この辺りは狙っての事なのでしょうね。
テレビ東京はマニアックで面白い映画を沢山取り上げてくれるので、殆どTV番組を見なくなった現在でも思い出したかのように木曜洋画劇場は見てしまいます。グラマーエンジェル危機一髪とかを平然と午後夜9時台に放送できるのは、あそこしかありません。でも昨日見たのは失敗だった・・・本当につまらない映画でした。素直に来週の名作ボーンコレクターを見るべきだった。
ちなみに騙された原因の動画がこちら。毎度番宣の出来の良さに驚きます。プロレタリア・シャーキング・パニックだなんて、一体どこから覚えてきた言葉なのでしょうか。サメ工船とか。マルクス共産まっかっか主義をお笑いにできる辺り、番宣を制作された方は本当に才能の塊なんでしょうね。

二月十五日

ブルーリボンについて


  • 連邦編をクリアしました。といってもベリーイージーなんですが。きついのは最序盤だけで、MSガンダムやジムが生産できるようになると、それはもうイケイケの状態になります。今回はV作戦の進行も早いので、むしろ楽になったかも知れません。第二部でもデラーズフリートに占領されている地帯が減っていて、どんどん攻めて行けました。ソロモン宙域に50機もいて全滅した時は焦りましたが、1ターンで生産できるジムⅡの開発が功を征し、直ぐに挽回できました。次に技術レベルの高いアクシズも、征服支配地が多いティターンズもクリアし、ネオジオンもさくっと倒してクリアです。連邦編が厳しい方は、序盤はMS待ちの状態が良いと思います。直ぐに挽回できますから。つらいのは今だけ、劣勢はいつまでも続くものではありません。勝つ意思と逆転の要素であるV作戦の完遂があれば大丈夫です。多分。次はエゥーゴ編をプレイしてみる気でいます。ジョニーの参戦も確かめないと。

ここの所支持率が低迷して迷走の感がある麻生首相。田母神航空幕僚長の更迭で保守派の支持を失い、消費税増税で思想が無いノンポリの支持を失い、中国寄りだった福田前首相の次という事で左側及び反日派の支持を元々失っている状態で、まさに四面楚歌の感がありますが、郵政民営化の件でとうとう同じ自民党である小泉元首相までが横槍を入れるようになりました。私個人の感想を述べますと、間違いなく小泉氏は焦っています。元々竹中・小泉路線というのは、アメリカ型の政治経済活動を基としたものなのですが、その拠り所であるはずのアメリカ自体が今物凄い勢いで衰退の兆しが見えています。アメリカ発の世界恐慌で、その事がまさにおおやけとなって出てきました。そんな状態がどんなものかはお解りのはずです。早い話、「失敗」なんです。あれだけ持てはやされた外資系企業とやらも、株価下落によって次々と倒産すると見ています。元々の構造自体がもし誤っていたものだとしたら・・・当然その矛先はアメリカナイズを根本とした小泉・竹中路線が叩かれる事となり、国民からの人気は衰え偉大な首相から一変、日本を世界に売り渡した「売国奴」の汚名を受けるからです。そんな頃に麻生総理の「郵政民営化は誤りである」という発言。彼にとっては手痛い打撃となったのではないでしょうか。
麻生総理は直ぐにその発言を撤回したりと、我々が思っていたイメージとは違い芯の強い部分が抜けている気がします。ですが、彼の胸元に「ブルーリボン」のバッジを着けている限り、彼を軽蔑する気が起きません。ブルーリボンとは、北朝鮮に拉致された被害者を救助する運動の一環として存在していて、そうした拉致被害者奪還の意思がある方が身に着けているようです。詳しい事はこちら。ちなみに田母神閣下も着けておられました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%B3%E9%81%8B%E5%8B%95_(%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%8B%89%E8%87%B4%E5%95%8F%E9%A1%8C)
ガンダム的に言えば、我々はエゥーゴとなってG3ガスによって抹殺された者達の意思を継がねばならない、という所でしょうか。個人的には、麻生批判をしたニュースを見た時、ブルーリボン運動を広げた立役者の一人であった小泉元総理が、ブルーリボンを着けていない事が気になりました。彼にとってブルーリボンとはただのパフォーマンスであり、本当の意味での奪還の意思は無いのでしょうね。小泉首相だけではなく、恐らく政治家の殆どの方は拉致被害者を「夾雑物」と考えている事でしょう。そんな腐った根元の考えで、果たして道州制のような完全なる地方分権を進めてよいのでしょうか。日本は再び戦乱の世になる気が拭えきれません。
いささか思想がかったものは正直嫌いなのですが、北朝鮮による拉致被害者に対する感情が薄れている昨今のため、ブルーリボンをこことTOPページに貼らせて戴きました。もしブログやホームページを持っている方はこのページを見てみて下さい。ちなみに伝えておきますが、私は特定の団体とかそういう所に所属する者ではありません。一国民として、一人の日本人としての考えです。ご了承ください。
http://www.rnet.gr.jp/blueribonet/4net.htm

また木曜洋画劇場

  • エゥーゴ編をクリアしました。ジョニーはやっぱり出なかったです。クワトロを残す形で進めて行きましたが、ヘンケン艦長とかエマさんが死んでしまうので一長一短な部分もありますね。ティターンズが滅亡した後直ぐアクシズが攻勢に出るのでその辺りがきつかった。後、グリプス時代まで行くと資金以上に資源が不足しますね。高性能MS同士でのドンパチならではでしょうか。現在はジオンをプレイして、第一部終盤にいます。始めからMSがあるのは大きなアドバンテージですが、いかんせんガンダムの量産には参りました。でもジオンは良いパイロットが多いですね。
ちなみに活躍した子

ボーンコレクターを見ました。先週とはうって変わって質の高い映画で、流石デンゼルワシントンという所でしょうか。犯人が・・・な点なのは、物語を作る側の視点に立つとそれまで何も情報が出なかった人物を出せば物語を作る上でとても楽だったりするので、そういう楽な部分に逃げたのかな・・・見ていてやはり他人を楽しんで殺害する事件は許せないと思いました。死刑廃止が時々議論になりますが、そうした被害者の心情を理解していないと思います。裁判員制度はアメリカナイズされた部分が流出して日本で採用されましたが、果たしてどうなるのでしょうね。創価学会が自分の信者を流して裁判を歪曲化する事を考えているのでは、という話も聞きますが。国籍法改正と言い、ここ最近ロクな情報を聞かないです。