いまさらP3考察 @ Wiki

影時間

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
かげじかん

  • 公式
毎晩の深夜0時から暫くの間訪れる"普通でない時間帯"。
全てのシャドウが実体を得て自由に活動可能になる危険な時間帯である。

影時間の中では、シャドウと同じ「時空間への干渉力」を持たないものが全て静止する。
光や音すらも例外ではない。
よって機械や照明の類いは機能を失うし、生命は「象徴化」によって姿さえも無機質な結晶に変化してしまう。
動いていられるのは、「シャドウ」と、シャドウの影響下にある「声を聴いた者」、シャドウと等価の力を帯びる「適性者(含・ペルソナ使い)」、そして「ニュクス」のみ。
(例外として、黄昏の羽根を内部に組み込んだ機械類は使用出来る場合がある)

月はニュクスの身体であるため、光や音まで静止する状況下にあっても、唯一輝いていられる。
だが影時間の月が放つ光は太陽光の反射ではなく、自ら発する光である。
よってその色は、破片である黄昏の羽根が放つ光と同じ「青緑色」。

影時間は、通常は体感出来ず、その存在に気づく事すら出来ないため、一般には知られていない。
適性を持っているか、シャドウの呼び声を聴いてしまうか、どちらかのきっかけによって踏み入る事が出来るが、影時間内の記憶を保持したままで生きられるのは前者のみである。

その実体は、ニュクス復活の準備現象のひとつ。
シャドウが一定数以上集まった時、彼らの時空間に干渉する力の集積によって起きるもので、影時間は「時間」側面の現象。
「空間」側面の現象はタルタロスの出現。

長らく、10年前の実験事故によって生じた禍根だと思われていたが、実際には、事故は岳羽詠一朗の意図的な強制中断によって起きたもので、影時間の発生(と連日化)は大量のシャドウを集めた結果起こるべくして起きたものだった。
これを指して幾月は「シャドウの力の正しい表れ」と本編中で語っている。

なお、P3公式サイトの影時間を演出する隠しページの表示時間が午前0時から1時までである事から、設定的にも1時間だと理解しているファンが多いが、実は本編中には影時間の長さを特定する表現は無い。
よって、1回の正確な時間や、それ以前に毎日同じ長さなのか等、厳密には不明である。

ただし、公式サイト内の影時間の項目には、約一時間と表記されている。
※下記の風花のイベントでだいたいの時間が推察できる。

  • 非公式

普通の生き物とシャドウ、通常時間と影時間の関係は、言わば「表と裏」。
人間が影時間に象徴化するように、シャドウも通常時間には実体を失う。
人間が象徴化している間に何も感じないように、恐らくシャドウも通常時間には静止の状態になるのであろう。
つまり、普通の人間が「通常時間しか無い」と感じるのと同様に、シャドウは「影時間しか無い」ように感じているのだと思われる。
(ただし、人間における適性者、シャドウにおけるデスのように、両方の領域にまたがって活動できる例外存在もいる)

そう推測出来る根拠の1つが、タルタロスに長期間とじ込められていた風花の様子。
風花は通常時間で丸7日を越える間ずっとタルタロスに居たが、風花自身は半日程度の時間として体感しており、日付が何度も変わった事すら感じていなかった。
身体にも殆ど衰弱は見られなかった。
これはつまり「1日分の影時間を越えてタルタロス内に居続けると、そのままシームレスに翌日の影時間へ入り込む」という事なのだろう。
影時間と影時間の間にあるはずの通常時間を「何らかの体感しない状態で通過する」という事であり、恐らくこれが「シャドウにとっての体感」なのではないか。

タルタロスという極めてシャドウの影響度の高い場所の内部では、人間である風花もシャドウに近い体感を得ることになったのだろう。

適正のあるもの以外の動きが止まる、という割には寮のシーリングファンやポロニアンモールの噴水が動いていたりと演出的に矛盾したところが多々見られる。

また、太陽の光が働かず月が自ら発光するのであれば影時間に見る月は常に満月状態のハズじゃないだろうか?

余談ではあるが、影時間の設定や影時間中に変身するなどの設定はクレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃がある。

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

目安箱バナー