(ナノケイオス)

「…見えた!」

何処とも知れぬ空間を駆ける船。その船の窓から外を見ていた幼い少女が叫ぶ。
「…今度は本当だろうな?」
部屋の隅で刀を研いでいた人影が呟く。
「あらあら、やっと到着ですか?待ちくたびれましたわ」
壁からにゅるり、と青い髪の女が姿を現す
「あれが…もう一つの世界」
窓に映る地球を見て、鎌を持った金髪の女が呟く
「あたいは向こうの技術がどの程度なのか興味があるぞ、なのです!」
三つ編みの小柄な女性が言う
「私も興味があるわねえ、異世界の技術・文明…」
「ちょっと、抜け駆けは無しよ!」
赤毛の女性と紫髪の女性が言い争いを始める。
「ねえソクラテス~、あれがもう一つの世界よ~」
ふわふわした雰囲気の少女が猫に話しかける
「なあ、お主は一度向こうに行ったことがあるのだろう?ちと聞きたいことがあるのだがな…」
「あら、なんのことでしょう?」
青い着物姿の影が、横にいた金髪糸目の女性に話しかける

《まもなくガイアアースに到着します。お忘れ物・置き忘れございませんように…それでは皆様、御武運を…》

船そのものから発せられる声がメロディとともにあたりに響く。
窓に映る地球の影が、一同の目の前でぐんぐんとその大きさを増していた…


ヴィオラが過去に地球侵攻の尖兵として派遣した、ケイオスの下級幹部の集団。
ケイオスの地球振興の橋頭保を築くため幻想町で暗躍し、
先代ヴィリームたちとの闘いで撃退され、現在は幻想町に一般人として潜伏中。
侵攻戦艦ムササシャドーに居住スペースが無かった為、それぞれ独立して暮らしている。
(ケイオスと縁を切って暮らしているという訳ではなく、殆どが普通に暮らして潜伏しているという感じ。
殆どの面々は、ケイオス時代の記憶が無いが、青娥・ルイズなど例外もいる)

ナノケイオスのメンバーは、自らの意思で加入した者もいれば、ヴィオラの命を受けて加入した者、
物心ついた時から加入していた者、ケイオスに洗脳されてしまい加入してしまった者等様々。
その為先代ヴィリームとの闘いの中で内部分裂し、撃退される一因となった。
現在、ケイオスに忠実な者・ケイオスに反逆する者・どちらでもない者の3勢力に分かれている。


侵攻戦艦ムササシャドー
(ムササビ+武蔵(戦艦)+シャドー(影))
侵攻戦艦ハコブネとは別の次元移動式戦艦で、怪獣型奇跡獣士でもある。
同じくミラクルアースと地球を行き交う事が可能。下級幹部『ナノケイオス』の面々を乗せて地球に来た。
ただし大きさが侵攻戦艦ハコブネと比較して小型(それでも普通の船並みの大きさ)


【メンバー】
壁抜仙人ユアント・ニャルー/霍青娥
超学大教授ドレッサ・クロフィー/岡崎夢美
戦車博士ファルアイ・ドクタック/相田里香(里香)
剣将伯爵ソードル・サムライダー/風間明羅(明羅)
旅行神官トライズ・トラボウル/ルイズ・マーガトロイド(ルイズ)
門番戦士シックールド・エリキザード/風見恵理(エリー)
鋼鉄歩兵クインデッド・キャノン/(東方封魔録ステージ3ボス(通称・砲台))
恋愛魔女キャッフィ・オーレッチ/竹本絵恋(エレン)
虚構科学者テンマッド・カイマンス/朝倉理香子
幻影探偵シャロッグ・マードル/左城宮則紗
三星妖精ソレット・セレネルフ/佐藤沙英(シュガーサテラ)
戦闘員ワタソルジャー